【西武】與座×古賀バッテリーで完封!「少しでも名前を憶えてもらえるように一生懸命投げました」

【西武】與座×古賀バッテリーで完封!「少しでも名前を憶えてもらえるように一生懸命投げました」

Share

◆西武7-0ロッテ(ベルーナドーム)

西武の與座海人投手(26)が新人・古賀悠斗捕手(22)とのバッテリーで今季先発初勝利を挙げた。

與座は「1人1人、1球1球気持ちを込めて投げました」と力のある真っ直ぐとスライダー、シンカーを武器にロッテ打線を翻弄。6回の一死2・3塁のピンチでは中村奨吾を空振り三振、4番の佐藤都志也を投ゴロに抑え込んだ。

「なんとかリードした状態で頼れる中継ぎ陣に託すことだけをイメージしていました。いっぱいいっぱいでしたが、まずは一安心です」1点のリードを気迫で守って、6回を4安打無四球無失点で投げ切った。

その與座をリードしたのは2日前に初昇格したばかりの古賀だった。プロ初出場とは思えぬ堂々としたリードに、與座も「イニング間も毎回コミュニケーションを取りながら、次どういくかを決めて入っていけたのは良かったです。うまくバッテリーで打ち取れたと思います」と振り返った。

前夜にスタメンを告げられ「ドッキドキして寝た気がしなかったです。ちゃんと寝れたかどうか分からずボーッとしています」という古賀だが、4投手をリードして完封勝利を演出。「自分の技術というより投手陣の頑張りが自分を導いてくださったかなと凄く思うので、ナイスキャッチャーと言われるのですが、皆に感謝したいです」と謙虚に、そして嬉しそうに振り返った。

「子どもの頃からアンダースローに憧れる子はいないとおもうので」と笑いながら、お立ち台で「少しでも名前を憶えてもらえるように一生懸命投げました」と話した與座。この日球場に集まった子どもたちの記憶には、主砲のド派手なホームランと共に、與座と古賀の活躍も鮮明に残ったに違いない。

Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送 ライオンズナイター

文化放送 ライオンズナイター

火~金(4月~9月) 17:45〜21:00(最大延長21:30)

その他の主な出演者

文化放送ライオンズナイターは1982年の放送開始以来、2022年で41年目のシーズンを迎えます! キャッチフレーズは 「吼えろ!ライオンズ 叫べ!文化放送ライ…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加