「脱100均」も!時代と共に進化する「100円ショップ」

「脱100均」も!時代と共に進化する「100円ショップ」

Share

ノンフィクションライターの石戸諭と、女装パフォーマーのブルボンヌを迎えた5月13日放送「西川あやの おいでよ!クリエイティ部(文化放送)」。本日は「100円ショップ」について取り上げた。

「きょうのクリエイティ部」では、身近に浸透している「100円ショップ」について取り上げた。

最近では機能性やデザイン性を高めた100円より高い価格帯の商品も増えている。
大手4社、「DAISO」、「Seria」、「Can Do」、「Watts」の出店数はコロナ前から800店ほど増え、1人当たりの購買額も月600円と10年で1.6倍に伸びている。
しかし一方で、物価の高騰や、円安の影響を受けた小規模店では、販売価格の100円を維持することが難しく、危機的状況を迎えているという。

そんな難しい状況の中、大創産業が「脱100均」の動きを見せ、
去年3月には高価格帯の「Standard Products(スタンダードプロダクツ)by DAISO」の1号店を渋谷にオープン。その後、新宿、銀座、梅田にも進出した。この「Standard Products by DAISO」は高品質な国産の包丁やタオル、文房具などの日用品を330円から1,100円で販売している。スタジオでは「100円で購入できるありがたさ」を改めて感じながら、金曜クリエイティ部メンバーおすすめの100円グッズを紹介。

西川「メッセージ紹介の所で“最近100円ショップでどういったものを買ってます?”って話になった時に、石戸さんがハトよけの…」

ブルボンヌ「ネコのやつね」

石戸「猫型ハトよけグッズでしょ?いいですよ。」

石戸「ハトがマンションのベランダに我が物顔でやってくるし、フンをしようとするし、(巣作りの)下見にはやって来るし、巣とか作られたら絶対嫌だなと思ってハトを撃退するためにDAISOでネコの大きい置物と、ドバトが嫌がる臭いがするタブレットみたいなやつを180日分買って、定期的にばらまいています。」

西川「ブルボンさんはどういうものを100円ショップで買っていますか?」

ブルボンヌ「今日、Twitterでも写真をあげていただいたんですけど、“レンジで簡単温泉卵”を愛用しております。これが黄色い謎の容器なんですけど、中に卵を割って入れて、ちょっと上に水をかけて。」

ブルボンヌ「こういうのっていつも袋とかで“何W何秒だっけ?”ってなるので“温泉卵でゴーゴー”って覚えました。500W50秒。」

西川「火の加減とかはどうなんですか?」

ブルボンヌ「いい具合!ちょっと旅館に来たぐらいの温泉卵で。」

石戸「旅館の朝食で出てくるやつですね。」

ブルボンヌ「そうそう!仲居さんが見えるようです。」

このコーナーでは、防災に役立つ便利グッズなども取り上げ、100円ショップついて語っています。radikoのタイムフリー機能でぜひお聴きください。

また、現在、番組ツイッターで「西川あやの おいでよ!クリエイティ部」新規フォロワー勧誘キャンペーンを行っております。
番組の公式Twitterアカウントをフォローして、キャンペーンツイートをリツイートするだけで、毎週3名の方にお小遣い3,000円をプレゼントしています。そちらも是非、ご参加ください。

「西川あやの おいでよ!クリエイティ部」は毎週月曜〜金曜の午後3時30分〜5時45分、文化放送(AM1134kHz、FM91.6kHz、radiko)で放送中。また、radikoのタイムフリー機能では1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


西川あやの おいでよ!クリエイティ部

西川あやの おいでよ!クリエイティ部

月~金 15:30~17:45

その他の主な出演者

“ネガティブをポジティブに変える新しい発想やアイデアを探すこと”をテーマに、番組を部活動に例え、パーソナリティ・リスナー全員が“部員” となっ…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加