BIGBOSSのツッコミ役?! 夕刊フジ・山戸英州記者に聞く 番記者の苦労

BIGBOSSのツッコミ役?! 夕刊フジ・山戸英州記者に聞く 番記者の苦労

Share

5月9日の『岩本勉のまいどスポーツ』
夕刊フジ山戸英州記者が登場。
プロ野球の取材での苦労や裏話、
東京2020オリンピックで手にした
独占ネタなどについて伺いました。
「GO!エルフェン 翔んでなでしこ」では
ちふれASエルフェン埼玉の新戦力
唐橋万結選手にインタビュー。
また誕生日を2日後に控えた
ガンちゃんが51歳の野望を語りました。

目次

  1. 番記者の苦労
  2. 東京2020オリンピック ソフトボール金メダル秘話
  3. 佐々木朗希、白井審判員と再び・・・?!
  4. BIGBOSSへのツッコミ担当
  5. GO!エルフェン 翔んでなでしこ
  6. 今週のBIGBOSS 新庄報!
  7. ガンちゃん もうすぐ51歳!
  8. 次回 5月16日(月)の放送予定

番記者の苦労

ゲストの夕刊フジ山戸英州記者は
「1月1日から12月31日まで
 担当球団のあらゆることを追いかけまくる」
という
“番記者”として7年間、阪神タイガースを担当。
(現在は担当を決めずに全チームを見る“遊軍”)

プロ野球の取材現場について、
とりわけ敗戦後は足早に引き上げる選手が多く、
またチーム関係者からも
“取材してほしくない空気”が漂うため
話を聞くチャンスが少ないという
現場の苦労を紹介していただきました。

さらに、試合に敗れた直後のある現役監督
話を聞いた際、感情的になった指揮官から
怒鳴りつけられ、その場でフリーズした
というエピソードも披露。

名前は言えないという山戸記者に
ガンちゃんが“鎌をかけて”
聞き出そうとする場面も。

東京2020オリンピック ソフトボール金メダル秘話

山戸記者は昨年の「東京2020オリンピック」
野球やソフトボールなどの取材を担当。

この大舞台で山戸記者は
大会取材陣の中でただ一人、
金メダルを獲得したソフトボール日本代表の
宇津木麗華ヘッドコーチから
競技期間中の苦悩についてのコメントを取ることができました。

山戸「『一週間寝れなかった』
   『怖かった』
――と。
   五輪はよっぽどすごい場所なんだなと」


岩本「そこにおって
   生の声聞いたら涙出るかも。
   そのプレッシャー、わかる!」


山戸「うちしか載せられなかったですね、
   その話は」


 山戸英州記者の署名記事
 13年越し連覇、ソフト日本が「金」
 苦楽を共にした大エース・上野と“心中采配”
 宇津木HCが貫いた信念
  こちら からお読みいただけます。

佐々木朗希、白井審判員と再び・・・?!

岩本「もっと言いたいことあるでしょ?」

あの手この手を使ってとっておきの話を
引き出さんとするガンちゃんに対して
山戸記者は今球界で話題の
佐々木朗希投手と白井一行審判員との
“再戦”の可能性に言及。

山戸「きょうの記事で書いております」

ロッテ・佐々木朗希、
13日に因縁の白井審判と“再戦”か
「騒動が再燃しかねない」パ球団関係者は危惧
記事は こちら

BIGBOSSへのツッコミ担当

コロナ禍で監督や選手に
話を直接聞く取材が困難な中、
日本ハム新庄剛志 BIGBOSS
1者一名限定で対面取材を認め
以前の“囲み取材”に近い形で
話が聞けるそうです。

BIGBOSSは取材中でも“ボケる”ため
関西(神戸)出身の山戸記者は
“ノリツッコミ”をする役割があるとのこと。

山戸記者はBIGBOSSがいつか
赤いネクタイに気づいてくれる日を
待ちわびています。

「夕刊フジ」公式サイト zakzak こちら

山戸英州記者の赤いネクタイは 新庄剛志 BIGBOSSを取材する時の定番アイテム

ガンちゃんが担当する
夕刊フジのコラム
「岩本勉 どの口が言うとんねん」
毎月第2水曜日に掲載されます。

次回の掲載は
ガンちゃんの51歳の誕生日 5月11日です。

(追記)
「楽しむ」は「ミスOK」ではない…
新庄ビッグボスの指導で選手たちの顔つきに変化
日本ハムは戦う集団になりつつあるか
5月11日のコラムは こちら

山戸記者からの誕生日プレゼントは「DONOKUCHI」の文字入り

GO!エルフェン 翔んでなでしこ

『ちふれグループpresents GO!エルフェン 翔んでなでしこ』では
埼玉県西部地区を拠点に活動する女子サッカークラブ
「ちふれASエルフェン埼玉」に所属する選手たちが、
サッカーを通じて飛躍していく姿を応援していきます。

きのう8日(日)は
WEリーグ第20節が各地で行われ、
エルフェンはアウェイで「サンフレッチェ広島レジーナ」と対戦しました。

結果は4対0で敗戦…。

フォワード祐村ひかる選手の
惜しいシュートもありましたが、
好調サンフレッチェの勢いを止めることは
できませんでした。

そして同じく8日(日)に行われた
INAC神戸とノジマステラ相模原の一戦は、
INAC神戸が3対0で快勝し
今シーズンの優勝を決めました。
INAC神戸は今月4日の初黒星まで
開幕から16戦無敗と首位を独走し、
ここまで15勝2分け1敗で
WEリーグの初代女王に輝きました。

そして今日は、今年の冬のオフに獲得した新戦力、
唐橋万結選手のインタビューをお届けしました。

唐橋選手は去年の大学在学中に
WEリーグの特別指定選手として
エルフェンでの活動が始まり、
今年から正式にチームに加入した
期待のパサーです。

背番号27番・唐橋万結選手に、ぜひ注目してください!

唐橋万結選手(右)


ちふれASエルフェン埼玉 オフィシャルサイト
ちふれASエルフェン埼玉 公式Twitter @elfen_official
唐橋万結選手 Twitter @KARAPACHI20

今週のBIGBOSS 新庄報!

北海道日本ハムファイターズ監督
新庄剛志 BIGBOSSの一週間の情報を
ガンちゃんがお伝えする
「今週のBIGBOSS 新庄報!」の記事は こちら

 この日の放送はラジコ(radiko.jp)の
 タイムフリー聴取機能
 オンエアから1週間お聴きいただけます。


  ♪ 聴く ♪

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

ガンちゃん もうすぐ51歳!

2日後の5月11日
ガンちゃん51歳の誕生日

51歳で成し遂げたいことは・・・
「ゴルフで70台を叩き出す」

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

次回 5月16日(月)の放送予定

ゲスト:スポーツニッポン 柳内遼平(やなぎうち・りょうへい)記者

元NPB審判員で、
現在はスポニチのアマチュア野球担当記者
柳内遼平さんをお招きして野球の「審判員」や
「判定」にまつわる話を伺います。

佐々木朗希投手と白井一行球審との騒動についても
元NPB審判員としての見解をお聞きします。

どうぞお楽しみに!

元NPB審判員/スポーツニッポン・柳内遼平記者
Share

関連記事

この記事の番組情報


岩本勉のまいどスポーツ

岩本勉のまいどスポーツ

月 17:45〜18:30

球界が生んだ屈指のエンターティナー、「ガンちゃん」こと岩本勉(元北海道日本ハムファイターズ投手)が独自の視点でスポーツ界を切りまくる! スポーツに興味が無くて…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加