迎賓館で犬くんくん ~ 5月24日ニュースパレード山本香記者取材後記

迎賓館で犬くんくん ~ 5月24日ニュースパレード山本香記者取材後記

Share

文化放送をキーステーションに全国33局で放送中「ニュースパレード」(毎週月曜日~金曜日午後5時00分~5時15分)

その日に起こった最新の話題を中心に、幅広い分野にわたってニュースを紹介しています。昭和34年の放送開始以来、全国のラジオ局の強力なバックアップで、特派記者のレポート、取材現場からの中継など、今日最も重要なニュースを的確に把握し最新情報を伝え続けています。

文化放送報道記者として国会、官邸を担当し、日夜取材活動で活躍する山本香記者が放送でお伝え出来なかった話題を取材後記としてお届けします。

 

「迎賓館で犬くんくん」

5月23日、赤坂迎賓館で日米首脳会談が行われた。アメリカの大統領が来日する際は、いつも超厳戒態勢が敷かれ、取材する記者へのチェックも当然、厳しくなる。迎賓館に入る際は、集合場所の門の前でまず、記者登録の確認後、中に入る。そして入り口付近で持ち込む荷物や記者の体も金属探知機でチェックされることになる。それで終りではない。爆発物、危険物を持っていないか確認するため、警視庁所属の警察犬による荷物検査も行われる。爆発物を持っていないか、警察犬が荷物を一つ一つ、くんくんして回ることから一部の記者の間でこの検査を「犬くんくん」と呼んでいる。

今回は、午前中に日米首脳会談、午後に日米共同記者会見と続くため、その間、表に出られないとお昼ご飯を食べられない可能性もあり、おにぎりをかばんに忍ばせていたため「犬くんくん」で、警察犬が反応したらどうしようと、冷や冷やしていた。が、今回、記者の荷物に対する「犬くんくん」はなかった。その理由は今回、迎賓館入り口付近に、空港にあるようなX線の手荷物検査の装置が持ち込まれたためだ。
かつて、迎賓館ではない別の施設で国防長官が訪日した際に、アメリカから爆発物探知犬を連れてきたことがある。警察犬ももアメリカの探知犬も、記者の荷物をくんくんするのだが、警視庁の警察犬が鼻で荷物をつつく程度なのに対し、アメリカの探知犬は、荷物がひっくり返るほど激しくつつきまわしていた。
犬種は、警察犬と同じシェパードだったが、アメリカの犬の方が少し大きく、顔つきも怖いように感じたのはそんな経緯があったからかもしれない。

最も警備が厳しくなる日米首脳の取材では、「犬くんくん」はなかったが、クアッド首脳会合で訪日したインドとオーストラリアの首相と岸田総理との会談では、入り口にX線の手荷物検査の装置が撤去され、代わりに警察犬が待ち構えていた。我々の荷物をくんくんした警察犬はオスの「アイバン」くん、8歳。まもなく引退することが決まっているそうだ。とてもやさしい表情で愛嬌を振りまいていたアイバン。日米首脳会談、クアッド首脳会談と2日間、気の抜けない取材で忙殺され、疲れた記者の心を癒す存在だった。

 

 

「ニュースパレード」は「西川あやの おいでよ!クリエイティ部」内、平日午後5時~5時15分、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


ニュースパレード

ニュースパレード

月〜金 17:00〜17:15

その日に起こった最新の話題を中心に、幅広い分野にわたってニュースを紹介します。昭和34年の放送開始以来、全国のラジオ局の強力なバックアップで、特派記者のレポー…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加