未完成だからこそ…?推しが尊い!!

未完成だからこそ…?推しが尊い!!

Share

ノンフィクションライターの石戸諭と、女装パフォーマーのブルボンヌを迎えた5月27日放送「西川あやの おいでよ!クリエイティ部(文化放送)」。本日は「推しが尊い」について取り上げた。

「きょうのクリエイティ部」では、「推しが尊い」について取り上げた。

「推し」というのはアイドルや漫画、アニメキャラクターの中で、自分の一番のお気に入りの存在を指す言葉のこと。

Z世代の96.3%に「推し」がいるという統計結果もあるほど、「推し」という言葉は身近なものになっているという。

石戸「社会学者の周東美材さんという方が新潮社から『未熟さの系譜』という本を出版して。」

石戸「宝塚とか、ジャニーズとか含めて、日本のアイドル文化に繋がるところでもあるんですけど、テレビ文化とかメディア文化とかって近代以降全部、“未熟さが好き”というところにあって。そこから考えると“推し”も未熟さが好きで、自分が育てていくという感覚になるんじゃないですかね。」

西川「“売れる前に自分が見つけたい!”といった感覚も入っている気がしますよね。」

ブルボンヌ「私は、女性アイドルを育てる気持ちもあって応援してるんだけど、最近の“推し”って単語は貢ぎ込むからこそ言える気がするから、ずっと女性アイドルのファンだし、見守っているけど、“私なんかが使っていい言葉なのかな”って思っちゃう。」

番組ではZ世代に「推し」を応援する「推し活」のメリットや「推し」についてインタビューを行った。

石戸「とにかく(“推し活”が)楽しそうで、熱くなれるということは伝わったし、みんながポジティブに“楽しいものを楽しい”と言っているのならそれが一番だと思いました。」

石戸「推しが生きる糧になるならいいじゃんそれで。」

ブルボンヌ「(インタビューで)“大体のことは(BTSの曲を聴いて)大丈夫になれる”って言ってたよ。すごい効果があるわけよ。」

石戸「“推し”が徐々にステップアップしていくのがいいんでしょうね。K-POPと日本のアイドルの推し方ってなんか違うんですかね?」

ブルボンヌ「“未完成なものを愛する”というのが日本古来の愛し方っていうと、日本のアイドルはそれを今も実現しているんだけど、」

ブルボンヌ「K-POPアイドルは練習期間が長いから、世に出る頃にはスキル的には高まっている子が多いんだけど、その代わり、ほとんどサバイバル番組やオーディション番組を通していて、“こんなに凄いのに落とされちゃうの?”みたいなところも見せることで、“私がお金を落とさなきゃこの子達デビューできない!”って気持ちにしていくんだと思う。」

石戸「だからベースで言えば“K-POPのオーディションシステムはすごい”ってなってるけど、真理としては“自分が応援しなきゃ”というフックを作るところで、日本の“未完成なものを愛する”と近いんですね。」

このコーナーでは、「推し」という存在をそれぞれの視点で切り取りながら語っています。そちらも併せて、radikoのタイムフリー機能でぜひお聴きください。

「西川あやの おいでよ!クリエイティ部」は毎週月曜〜金曜の午後3時30分〜5時45分、文化放送(AM1134kHz、FM91.6kHz、radiko)で放送中。また、radikoのタイムフリー機能では1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


西川あやの おいでよ!クリエイティ部

西川あやの おいでよ!クリエイティ部

月~金 15:30~17:45

その他の主な出演者

“ネガティブをポジティブに変える新しい発想やアイデアを探すこと”をテーマに、番組を部活動に例え、パーソナリティ・リスナー全員が“部員” となっ…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加