声優・茅野愛衣がゲストに登場。茅野が「イシグロ監督が聞いたら泣いちゃうと思う」と語る佐久間大介が感動したあのアニメのシーンとは…?

声優・茅野愛衣がゲストに登場。茅野が「イシグロ監督が聞いたら泣いちゃうと思う」と語る佐久間大介が感動したあのアニメのシーンとは…?

Share

6月4日放送の『Snow Man佐久間大介の待って、無理、しんどい、、』(文化放送)にて、ゲストに声優の茅野愛衣を迎え、茅野が共演している宮田についてや、佐久間が好きな茅野出演のアニメ、茅野が感じる役を演じることの難しさについて語ってくれた。

茅野「宮田さんに僕の弟子なんですよ!よろしく伝えておいてくださいみたいなことを言われた」-

茅野は、今回のゲスト出演に驚いたと語る。

「突然のことでびっくりしちゃって、今ちょうど『デリシャスパーティ♡プリキュア』の作品でキスマイの宮田さんとご一緒するタイミングがあって、なんかどうも宮田一派の…宮田一派だけど2人しかいないみたいな?なんで一派なんですか?みたいな話をしていて。僕の弟子なんですよ!よろしく伝えておいてくださいみたいなことを言われたんですけど、いや絶対やり取りしてるでしょうにという。仲良しなんですね」

「多い時は週5でご飯行ってた。なんか本当にずーっと一緒にいて、宮田君が僕のことを、お前は本当に弟のようにかわいいって言ってくれてて(笑)」

茅野は、宮田と佐久間に少し似ているところがあるかもしれないと語る。二人から柔らかさが似ていると感じたようだ。これに佐久間は、

「よく言われる。なんか喋り方とかも僕多分宮田君に影響を受けてる。はい、多分。(なんで弟子なの?と茅野にたずねられ)ジャニーズの先輩と後輩で、同じアニメを好きっていうとこから意気投合して、僕を紹介してくれる時にいつも弟子と言ってくれる。宮田君も本当声優として出演してるってなって嬉しい」

宮田に関して、茅野はこう語る。

「この前一緒にやったんですよ。宮田さんが私のお兄ちゃん役で、双子なので2役演じ分けてるんです。(菓彩ゆあん・みつき役)。ワイルド系お兄ちゃんと柔らかい系の甘い感じのお兄ちゃんを2人演じ分けていて。だからもうなんか私たちも声優の仕事なんかこうやってアイドルの方も上手に皆さんアフレコされてるので、いやー困ったもんだね…みたいな本当にみんなでもすごいねって」

佐久間自身も、7月クールの『カードファイト!! ヴァンガード will+Dress』という作品に声優としてレギュラーで出演している。茅野から、声優としての仕事に対して、感想を求められると、佐久間は…

「まずはめちゃめちゃ難しいなと思う。僕たちもドラマやったりとか、映画やったりってなるといろいろな役作りがあるけど、アニメのキャラクターってこういうキャラクターですっていう概要だけで説明終わってるので、そこから作り込むというか自分で考えてやったりするのが難しい」

これに、茅野も理解を示した。

「たしかに、台本の先を見せてもらえないから、バックボーンがわからないまま結構やらないといけないっていうのは難しい。限られた情報だけで演じなきゃいけないから、ちょっと実写のお仕事とはまた違うかもしれないですね」

「キャラクターの構成がまず難しいなぁと思っていっぱい考えさせてもらって、ちょっと自分に寄せるべきなのか…いやでもキャラクターを尊重してそっちに寄せるべきか…とか」

「そこから俺は凪ちゃんだと思うようになった」-

つい、茅野の説明を忘れていたという佐久間が、あらためて茅野について簡単に説明してくれた。

茅野愛衣は『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』の本間芽衣子役をはじめ、『四月は君の嘘』の相座凪役、『ソードアート・オンライン アリシゼーション』のアリス・シンセシス・サーティ役、『戦姫絶唱シンフォギア』の暁切歌役、『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』の冬海愛衣役『ノーゲーム・ノーライフ』の白役など人気キャラクターの声を数多く担当し、少女役から母親役。そして、凛々しいキャラからコミカルなキャラまで多彩なキャラクターを演じている声優だ。

佐久間は茅野の出演作について、好きな作品が何作品もあるという。

「ノゲノラ(『ノーゲーム・ノーライフ』の略称)めっちゃ好きで、めちゃめちゃかっこいいいって思えたり、そうなんだとかいろんな知識も増えたりするし、基本は、クール始まったやつ全部見て…あ、オラシオン(『ノーゲーム・ノーライフ』のEDテーマ)」

と、スタッフが流した曲にいち早く反応した佐久間に茅野も驚きの声を上げ、

「曲名にすぐ反応する!私より多分詳しい」と絶賛。

また、佐久間は『四月は君の嘘』で感動したシーンについても触れた。

「以前にこのラジオで『四月は君の嘘』についてめちゃめちゃ語らせてもらったりもした。凪ちゃんの葛藤がすごく好きで、あそこで本当に諦めて挫折しそうになってしまいそうな時に、先生に私たちはステージに取り憑かれた人たちなんだけど、やっぱりどんなにすごいいろんな大変なことがあっても、その全てが報われる瞬間がある(『四月は君の嘘』第17話トワイライトより)っていうふうに言われたのを見て、そこから俺は凪ちゃんだと思うようになった。その言葉がすごい刺さって、その思いでステージに立つようになったというか」

これに茅野は、

「イシグロ監督とか聞いたら泣いちゃうと思う」と語った。

茅野「本当に難しいけど、楽しみでもある。それを考えるのが楽しいお仕事」-

一問一答のコーナーで、茅野は演じているキャラクターで自分本人に近い役と真逆の役どっちの方がやりやすいですか?という質問に近い方と答えた。これについて、佐久間は茅野に話を聞きたかったという。

「近いほうがやっぱり、声を多少なりとも役に合わせて使い分けなきゃいけないお仕事なので長時間の収録が、たとえばゲームになってくるとずっと低い声で喋り続けるのが楽かって言われるとお芝居の幅も狭まっちゃいますし、喉も結局普段出さないような声帯をどう扱っているかわからないんですけど、それによっては、長時間持たない。声がかすれてきちゃったり、ちょっと鼻にかかった声になっちゃうっていうこともある」

これを聞いた佐久間は、

「キャラソンとかも結局その声で歌わなきゃいけないってなると、無理して出してやってる声で歌うってなると大変」と、キャラソンについても言及した。

茅野は、キャラの声で歌うのは本当にいまだに課題だという。

「やっぱりセリフじゃないので、音を外すと歌にならないけど、このキャラクター歌うかな?みたいなキャラクターもいる。それこそノーゲーム・ノーライフの白は…歌います?こんな歌い上げます?みたいな。本当にそれはすごく難しくて。でも極力、白がちょっとこう成長したような雰囲気で歌おうとか、モノローグ、心の声として歌おうとか、何か自分の中でこうしたらこのキャラでも歌えるんじゃないかっていう理由付けだったり、一応そのキャラソンの中にもお芝居とか情景を自分たちで決めてやっている。人によってなので、私はそういうふうにやる方がキャラソンは歌いやすい。ここは誰と一緒にいるかとか、誰に向かって歌ってるかとかが大事です。そこを一緒に考えてくれるスタッフさんだとありがたい。本当に難しいけど、楽しみでもある。それを考えるのが楽しいお仕事ですね」

「Snow Manのファンの皆、スマン。やっぱアニメが一番なんだ俺」-

番組後半、リスナーからの質問に答えた。これなしでは生きていけないノー○○・ノーライフというものありますか?という質問に佐久間は、

「僕は、やっぱノーアニメ。やっぱアニメ作品大好きなんで。それないとやっぱり僕こんだけ人生なんか楽しく生きていけないんだろうなと」

この回答に茅野から、ツッコミが入る。

「私はもうてっきりノーSnow Man・ノーライフなんじゃ…と思って、ちょっとファンの人の気持ちになって、きっとそういうふうに言うんだろうなって」

この茅野の言葉に佐久間は、

「僕アイドルである前に一オタクなんで、オタク歴の方が長くて。このラジオを聞いてるSnow Manのファンの皆、スマン。やっぱアニメが一番なんだ俺」と語った。

ノーアニメなのはプライベートの佐久間さんでお仕事になったら違いますよね?と茅野からフォローが入ると、

「やっぱりお仕事ではSnow Manのためにいろんな仕事したいなって思いますし、なんかやっぱり僕たちの場合はSnow Manっていう帰れる箱があるので、個人の仕事をしてもSnow Manのためになるかもなーって思うことに挑戦したいとかいろいろある。みんなそれぞれその思いがあるんで、帰ってきた時とか、個人でやってるものをメンバーそれぞれが見て感想を言ったりする。お互い頑張ってるから、俺も頑張るねみたいな感じ。ヤベ、アイドルの面出しちゃった」と佐久間が真面目に語ってくれた。

毎週土曜日20時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


Snow Man 佐久間大介の待って、無理、しんどい、、

Snow Man 佐久間大介の待って、無理、しんどい、、

土 20:00~21:00

ジャニーズ屈指のアニメ・声優オタクの『佐久間大介』が文化放送A&Gに進出。自分の好きな『アニメ』『ゲーム』の話題はもちろん、あらゆるオタクな一面をあ…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加