漢字を書く機会が減っても……サラッと書けると格好いい?

漢字を書く機会が減っても……サラッと書けると格好いい?

Share

6月9日「西川あやの おいでよ!クリエイティ部」(文化放送)で「漢字検定」を特集した。木曜の出演者の中で、西川あやの、中田花奈は漢字検定準2級も取得し、「また受けたい」という気持ちもあるようだが、入山章栄は苦手意識があるようで……。

入山章栄「僕は本を出していて、先日、交流会みたいなものがあったんですね。名前入りでサインを書くようにしているんですけど、そこで『サイトウ』さんという方が来て。『サイ』がメチャメチャ難しいやつで。いちばん簡単な『斉藤』で許してもらいました(笑)」

中田花奈「乃木坂46に3人『サイトウ』さんいた(いる)んですけど、全員違う漢字でした(笑)」

漢字検定のサイトでは、漢検のオススメの3つの理由が紹介されている。要約すると「理由1:就活のあらゆるシーンで活躍」「理由2:新卒採用に活用する企業が増加中」「理由3:漢検は社会人の証」。3人の感想は。

入山「これもう僕、当てはまらないですね。49歳で就活は必要ないので……」

西川あやの「中田さんも就活するわけではない……」

中田「することあるかもしれませんよ。chun.(麻雀カフェ)やりつつ社会経験を積みたい願望はあるので。どこかの企業に就活するかもしれない(笑)」

入山「いま、会社の経営者がこぞって立ち上がりましたよ(笑)」

西川「中田さんは準2級を持っています。役立ったな、ということは?」

中田「正直あまり感じていないといえばいないんですけど(笑)」

入山「アイドルとして必要ないし、経営者としてもデジタルでやってしまうもんね。西川さんはアナウンサーとなれば……」

西川「漢字の読み間違いなんて許されないですから。ただ準2級を取ったのが中学生のときなので……。『球界』を『まかい』と読んだことがあります。疲れていて」

入山「それは漢検側の問題じゃない(笑)」

漢字を書けることのメリットとして、このようなエピソードも紹介した。

西川「伝説の女優・夏目雅子さんが伊集院静さんと婚約を決めた理由。伊集院さんが『薔薇』という漢字をサラッと書けたからだそうで」

中田「かっこいい……!」

入山「薔薇みたいなオシャレな字だからじゃないの?」

中田「サラッと書けたらいいですよ」

入山「急にやる気が出てきました」

このほか、漢字検定1級の難易度の高さにも言及。放送前に3人で挑んだ漢字小テストの結果も発表された。

「西川あやの おいでよ!クリエイティ部」は毎週月曜~金曜の午後3時30分~5時45分、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


西川あやの おいでよ!クリエイティ部

西川あやの おいでよ!クリエイティ部

月~金 15:30~17:45

その他の主な出演者

“ネガティブをポジティブに変える新しい発想やアイデアを探すこと”をテーマに、番組を部活動に例え、パーソナリティ・リスナー全員が“部員” となっ…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加