【西武】山本由伸のノーヒットノーランに辻監督「1敗になるだけ、5敗するわけじゃない」

【西武】山本由伸のノーヒットノーランに辻監督「1敗になるだけ、5敗するわけじゃない」

Share

6月21日放送のライオンズナイターでは、試合前に西武の辻監督のインタビューをもとに、解説の山崎裕之氏と実況の山田弥希寿アナでトークした。

文化放送・山田弥希寿アナ「オリックスとの3連戦を振り返って、辻監督は“優勝を狙うためには負け越さないようにと常に思っている。そういう意味では2つ取れたの大きかった”とおっしゃっています」

山崎裕之氏「ライオンズの状態もだいぶ良くなってきましたよね。先発陣が6回までもてば、その後、7,8,9回はしっかり抑えがいますからね」

山田「7回水上、8回平、9回増田、安定してますよね。そして、2戦目では山本由伸投手にノーヒットノーランをやられてしまったわけですが、辻監督は“やられても1敗だから。3敗や5敗にならない。1敗なので後にひきずることはない”とおしゃってましたが…」

山崎「山本がこれまでやってなかったのが不思議なくらいですよ。ただ今シーズン、東浜巨投手にもやられてますよね。シーズン前半で2回やられてるのはいただけない。仮にやられても、揺さぶりをかけるとか、相手ピッチャーのリズムを崩すとか、考えていかなきゃいけない」

山田「バッティングの方では、3戦目に森選手が逆転タイムリーヒットを打ちました。辻監督は、“なかなか自分のバッティングが出来ずに悩んでいたんじゃないかと思う。練習では感じが良くなってきていたので、これからやってくれるんじゃないかと思う”ということでした」

山崎「森選手は本来、ああいうバッティングができるんですよね。追い込まれてからもね」

山田「そして、日曜日、1軍に上がってきたジャンセンと西川が即スタメンで、今は熾烈なレギュラー争いがありますね」

山崎「外野は熾烈ですね。ジャンセンはね、僕はそんなにクセがないし、割と自然体だから慣れてきたらある程度打つんじゃないかと見てます」

山田「辻監督は、“試合に出られるかわからない。普段の練習からそういった選手は変わってくるんだ。結果を出さないといけない、試合に出られないという危機感もあるしね。それがゆくゆくチームの力になっていく。これから若い選手はもっともっとアピールしてもらいたいよ”という話がありました」

 

 

Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送 ライオンズナイター

文化放送 ライオンズナイター

火~金(4月~9月) 17:45〜21:00(最大延長21:30)

その他の主な出演者

文化放送ライオンズナイターは1982年の放送開始以来、2022年で41年目のシーズンを迎えます! キャッチフレーズは 「吼えろ!ライオンズ 叫べ!文化放送ライ…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加