岡本玲、二コラでモデルデビューできたのはソロバンのおかげ?

岡本玲、二コラでモデルデビューできたのはソロバンのおかげ?

Share

6月30日の「おとなりさん」(文化放送)のゲストは女優の岡本玲さん。岡本さんは人気雑誌「二コラ」でモデルデビューされたが、そこには、ソロバンが深く関係していたという。一体どういうことなのか?

文化放送・山田弥希寿アナ「ニコラのモデルのオーディションでデビューされましたけど、どういう経緯で受けられることになったのですか?」

岡本玲「私はニコラの読者で、芸能界には興味はなかったんですけど、ニコラに載りたいという動機で読者モデルオーディションを受けてみようと思って受けたのがきっかけです」

山田「オーディションを受けるのは、親御さんは大丈夫だったのですか?」

岡本「ダメでした」

高山「えっ?反対?」

岡本「一次審査が書類で、二次審査が東京の編集部に行くというもので、それが自腹だったんですよ。私は和歌山出身なんですけど、和歌山からの旅費は相当かかる。裕福な家庭じゃないので、母親が“受けたってどうせ受からないでしょ。あきらめなさい”というスタンスでした」

山田「当時、12歳、13歳ですしね」

岡本「で、その時にそろばん教室に通ってて、その全国大会が東京であったんですよ。しかも同じ日に。そろばんの先生に頼んで、夕方の部門はこういう事情で抜けていいですか?って相談したら、行ってこいって言ってくれて。だから、そろばんの全国大会の旅費で私はモデルオーディションを受けました」

高山「え~、すごい」

山田「ミラクルですね」

高山「でも、出たいと思ってそろばんの全国大会出られないですよね」

岡本「そろばん、めっちゃはまってて、めっちゃ通ってたんですよ」

高山「オーディションでそろばんのことは言ったんですか?」

岡本「言いました。だからそろばんの子っていうあだ名で呼ばれてました(笑)」

高山「フラッシュ暗算もできます?」

岡本「フラッシュ暗算の大会も出てました」

高山「最大何桁までできました?」

岡本「当時は最大7桁の暗算をやってました」

高山「すごい! 7桁!? 元々、頭が良いのでしょうね」

「おとなりさん」は平日月曜~金曜の朝8~11時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


おとなりさん

おとなりさん

月~金 8:00~11:00

その他の主な出演者

たくさんの人を身近な“おとなりさん”と感じられるようになることを目指す、ご近所型ラジオ番組。毎日、個性豊かなパーソナリティが、あなたの“おとなりさん”として、…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加