日本の高齢就労率が高過ぎる!? 大竹まこと「死ぬまで働くんだみたいな話」

日本の高齢就労率が高過ぎる!? 大竹まこと「死ぬまで働くんだみたいな話」

Share

6月30日の「大竹まこと ゴールデンラジオ」(文化放送)では、日本の高齢者就業率について取り上げた。

2020年の調査によると、日本の高齢者の就業割合は過去最高の25.1%。フランスは3.3%だった。
日本の高齢者は、4人に1人が働いていることになる。
日本もフランスも、平均寿命に大差はない。どちらも長寿国なのに、どうしてこんなに差が出てしまうのだろうか?

砂山アナ「フランスの高齢者の生活を支えているのは、主に老齢年金。平均支給額は19万2千円です。日本の国民年金は平均5.6万円で、厚生年金をもらっている方の平均が14.5万円くらいです。更にフランスは、格差を縮小する施策も充実しています」

このニュースを聞いて、大竹まことは驚愕。

大竹「国民年金だって、25年間ずっと払ってきての話だよね。家賃払ってあとちょっと払ったら、まあ生活は厳しい。ちょっと正直に言うと、俺たちの若い時代は『なんとかなるだろう』『年金なんてさ〜』とか言って、結構払わないでいた人もいるわけだよ。それが年寄りになったりしてると」

年金支給額の低さが、生活の困窮に繋がり、結果として高齢就労者を増やすことになっている。

大竹「死ぬまで働くんだみたいな話になってるけど。もうちょっと優雅な生活は出来ないもんかなあと思うけど、出生率も下がってきて……難しいね」

スタジオでは、日本のその他の課題についても言及した。

大竹「悪いところはあるかもしれないけど、フランスは食料自給率も100%を超えてたね。日本はこれから自給率もどんどん下がっていくと。政治はこの辺りの問題も、先を見ながらやってもらわないといけない。人によっては『消費税を下げたら年金3割カット』なんて、乱暴なこと言う人もいたからね」

「大竹まこと ゴールデンラジオ」は午後1時~3時30分、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


大竹まこと ゴールデンラジオ!

大竹まこと ゴールデンラジオ!

月〜金 13:00~15:30

その他の主な出演者

“面白い”けれど”真剣に”、”くだらない”けれど”正直に”。 …

ページTOPへ
// 2022.04.28追加