人気バレエダンサー・柄本弾にバレエ知識ゼロの高橋優が迫る!

人気バレエダンサー・柄本弾にバレエ知識ゼロの高橋優が迫る!

Share

7月5日の「おとなりさん」(文化放送)にバレエダンサーで東京バレエ団プリンシパルの柄本弾(つかもとだん)さんが登場!バレエ知識がゼロに近いという高橋優さんが、柄本さんにバレエに関する初歩的な質問を次々とぶつけて、イチからバレエを吸収するという形となった。

高橋優「バレエダンサーの方とお話をさせていただく機会というのが僕の人生で無かったんですよ。なので本当に初歩的なところから聞いていきたいんですけど、東京バレエ団のプリンシパルというのは、そもそも何なんでしょうか?

柄本弾「一応東京バレエ団の中での最高位というポジションに値しまして、作品をやる時は主役級をやったりというようなダンサーが、今東京バレエ団には3人いまして、僕以外にも秋元康臣君と宮川新大君という、年代的にはちょうど同い年ぐらいの、みんなで良きライバルとして切磋琢磨しながらやってる感じですね」

高橋「バレエの世界に入った一番最初のきっかけって何だったんですか?」

柄本「兄と姉がいまして、先に2人ともバレエをやっていたんですけど、その送り迎えを母と一緒に行っていまして、それで自分でバレエをやりたいっていったみたいなんですけど、多分バレエをやりたいっていうよりかは、お兄ちゃんお姉ちゃんと同じことしたいっていうのが強かったと思うんですよね」

高橋「想像するにバレエってすごく大変なんじゃないのかなと思ったりするんですけど」

柄本「そうですね。やっぱりバレエ一筋でやってくるプロのダンサーってすごく多いんです。早い子だと3歳から始めて、海外のバレエ学校に留学して、それこそ中学校や高校からも海外でバレエを専門的に勉強してプロのダンサーになるって場合が多いんですけど、僕自身は公立高校に卒業まで通った後に東京バレエ団に入団したんで、正直バレエ一筋になるのはあんまり早くなかったんですよ。他のスポーツとかも色々習わせて貰って、中学校の時は部活動もやってたので」

高橋「何をやられていたんですか?」

柄本「僕バスケ部でした」

高橋「へえ~っ!バスケをやって、『やっぱ俺はバスケの方かな~』って風にはならなかったんですか?」

柄本「ならなかったですね。一時レッスンがあんまり好きじゃなかったので、レッスン行きたくないって時はあったんですが、でもやっぱり本番の楽しさであったりとか、お客様に拍手を貰えるっていう感覚が、僕自身すごく好きだったので、バレエに戻ってきました」

高橋「坂口アナもバレエをやられてたという……」

坂口愛美アナ「一応習ってたんですけど、私はすごく体が硬かったんですよ。柄本さんは小っちゃいときから柔らかかったんですか?」

柄本「いや、僕も今そんなに柔らかくないんで。やっぱり成長期の時に一気に硬くなってしまって、なかなかストレッチが追い付かなくなっちゃいましたけど」

高橋「基本、毎日これだけはやるみたいなトレーニングはあるんですか?」

柄本「毎日レッスンはあります。東京バレエ団でも平日はバーを使ったレッスンから、フロアの大きいジャンプまでっていうのが大体1時間15分から1時間半ぐらい。その後次の作品のリハーサルに入って行く感じです」

高橋「なるほど!いつもこれぐらいの時間帯はレッスンされてるんですか?」

柄本「そうですね!普段だとレッスンの時間ですね。今も、東京バレエ団はみんなレッスンしています」

高橋「ああ、そんな時間の中でこっちに来てくださったんですね?」

坂口「すみません、ありがとうございます!」

この後も、柄本さんから貴重なお話を伺い、高橋さんはバレエの世界の入り口に立った模様。最後には柄本さんから大好きだという、高橋さんのヒット曲「明日はきっといい日になる」のリクエストをいただき、感激するなど充実したゲストコーナーとなった。

「おとなりさん」は平日月曜~金曜の朝8~11時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


おとなりさん

おとなりさん

月~金 8:00~11:00

その他の主な出演者

たくさんの人を身近な“おとなりさん”と感じられるようになることを目指す、ご近所型ラジオ番組。毎日、個性豊かなパーソナリティが、あなたの“おとなりさん”として、…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加