2017/12/26

銀行、平日休業が可能に 金融庁検討、来年規制緩和へ

 金融庁が、銀行店舗の平日休業を可能にする規制緩和を検討していることが25日分かった。地方銀行では過疎地を中心に店舗網の維持が難しくなっている。現在は法規制で平日の店舗休業は原則として許されていないが、柔軟な店舗運営が認められれば、隔日営業などによって少人数でも金融サービスを地域に提供できるようになり、コストも削減できる。来年の関連法令改正を目指す。
 銀行店舗の休業日は、個人や企業の経済活動に影響を与えないように原則として土曜や日曜、祝日、年末・年始に限定すると銀行法施行令などの法令で定められている。

内容を読む

関連ニュース 

タイムテーブル