野口衣織 地元・茨城愛を語る!「いじられキャラなの、茨城県って(笑)」

野口衣織 地元・茨城愛を語る!「いじられキャラなの、茨城県って(笑)」

Share

 【「推しをあつめて」11月13日OAレポート】

アイドルグループ「=LOVE」のメンバーの中で、アニメ好きの2人

佐々木舞香・野口衣織(#いかりんぐ)が、

大好きなアニメ・アニソンを語り尽くす番組

「=LOVE 佐々木舞香・野口衣織の推しをあつめて」#推しあつ)。

第33回のオープニングドラマには命を狙われている天才画家(野口さん)と警備を担当するボディーガード(佐々木さん)が登場しました。

 

11月13日が「茨城県民の日」であることから、野口さんの出身地・茨城トークを展開。

野口さんは「茨城県といえば、おめでたいことに…都道府県魅力度ランキング最下位でした!なんか戻ってきたって感じがする(笑)47位のほうが愛されてるような気がするのよね、逆に。いじられキャラなの、茨城県って(笑)」とコメント。

佐々木さんは「いいよね、逆に(笑)これで茨城県のことを調べる人もいるだろうし。得してるというか、いい位置にいるなって思う」と話しました。

 

「自分で選んだアニメを見尽くしてしまった」というリスナーから、二人のおすすめ作品を尋ねる質問が。

野口さんは「『盾の勇者の成り上がり』が大好き。この作品を見てから『生徒会役員共』とか『女子高生の無駄遣い』、『干物妹!うまるちゃん』みたいな、ぽわーんとしてちょっと笑える要素があるものを見るといいと思う。おもしろくて笑える作品と、しっかりストーリーがあって感情移入できちゃう作品とを交互に見ると、より一層楽しめるかもね」とアドバイス。

佐々木さんは「日常系が本当に大好きなので『女子高生の無駄遣い』、『日常』、『ばらかもん』かな。『ばらかもん』は、たぶん5回くらい見てる(笑)。何回見てもおもしろいし、かわいい。歌もいいのよね」とコメントしました。

リスナーからの、「マンガ本を読むときには必ずカバーをはずして、本体表紙を確認する」というメールを紹介すると、そこから二人とも『本体表紙をチェックする派』であることが判明。

佐々木さんは「本体表紙の色が薄いイラストがいい。淡い灰色や白、青色でかわいいの。ちなみにマンガの帯は捨てる派でした。あれ破れるんだよね」とコメント。

野口さんは「本体表紙はカバー表紙と違うイラスト、4コママンガがあったりするから絶対見るね。それと本棚を整理しているときに帯が他のマンガに引っ掛かってグシャってなるのが、ほんとにヤダ!好きな作品の帯は取っておきたいんだけど…」と話しました。

 

今回オンエアされたのは、

=LOVEの「青春“サブリミナル”」

アニメ『ギルティクラウン』より、EGOISTの「The Everlasting Guilty Crown」

でした。

Share

関連記事

ページTOPへ
// 2022.04.28追加