堀江由衣、ライブの観客を安心させるための報告とは?~5月6日放送「堀江由衣の天使のたまご」

堀江由衣、ライブの観客を安心させるための報告とは?~5月6日放送「堀江由衣の天使のたまご」

Share

文化放送地上波にて毎週金曜25時から放送中の「堀江由衣の天使のたまご」。

 

5月6日放送回では、今年のゴールデンウィーク中にライブツアーで各所を回っていることを報告した堀江。
「今は色々あって挟間の時間なので特に何も話せないです」とライブツアー中のためのネタばらしを避けた。

だがライブに関係する話として、以前膝が痛いと話したことをふまえ、

「ライブの時に膝痛くなったら嫌だな~と思ってて、ある時テレビをみたら、『膝楽サポートプラス』みたいなやつがあって、膝が楽になるサポーターなんですけど、大体サポーターってしすぎてると、筋力落ちちゃって逆に良くない説みたいなのもあるじゃないですか。だけどそれは正しい筋肉の使い方に導いてくれるサポーターだよみたいなこと言ってて」と膝用のサポーターを購入した堀江。

そのサポーターはリハーサルからつけていたため、本番でもつけようとしたが…

「色が黒とベージュがあったんですよ、両方一個ずつ買ってて。黒は流石に衣装との兼ね合いがあって、ベージュ履いて衣装とかを着てみたんですけど、たまに素肌の部分が見えたときにベージュの色が白寄りだから、ちょっとお人形さんの足みたいな感じで一瞬怖いんですよ。具合悪そうだなみたいな感じだったんでスタイリストさんにお願いして、ちょっと色を染めてもらったんですよ。そしたらサポーターだから、サポーターって実は筋肉をサポートするために色んな編み方をされていて、だから網目のところに上手く色が入らなくて…。進撃の巨人の筋肉の図みたいな(笑)」と、リアルな筋の線が出たことを説明し始める堀江。

「膝がまるってしてて、ふくらはぎにむかって筋肉の線?あの感じの線がブワって浮き上がってて、『え!?これ履いて出たら逆にモリって見えるかも!?』みたいな感じになっちゃって」と膝に過度なボリュームが出ているように見える事を心配した堀江。

様々な工夫を考えたが、照明の関係上元のベージュのまま舞台に立ったらしく…

「あんまり目立たないとは思うんですけど、近目の席でちらっと見える人がいるかもしれないんですよ。スカートと靴の間の肌みたいな部分が。あの…『ほっちゃん、足の色…?』って思われた方がいるかもしれないんですけど(笑)それサポーターなんで、安心してくださいっていうお話でした(笑)」とライブの観客に訴えた。

結果、膝のサポーターに関しては「全然違くて!ほんとに痛くならなくてすごいなって思ってるところです」と無事に解決した事を話し、ライブの裏事情を締めた。

 

「堀江由衣の天使のたまご」第1023回(4月1日放送分)はradikoタイムフリーで放送から一週間視聴可能なほか、YouTube 堀江由衣 Official Channelにてアーカイブ配信中

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


堀江由衣の天使のたまご

堀江由衣の天使のたまご

金 25:00~25:30

大人気、天たま! 各コーナー2週に1回ぐらいのペースでお届け中! 天たまは、リスナーさんからのメッセージがないとあっという間に息絶えます。皆さんからの叱咤激励…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加