おかわりくん激推しは“巧みな一発”と剛腕の“パワフル変化球” メットライフ生命賞ノミネート開始

おかわりくん激推しは“巧みな一発”と剛腕の“パワフル変化球” メットライフ生命賞ノミネート開始

Share

今年も『メットライフ生命presentsライオンズ年間ベストプレー賞』の投票受付が始まった。昨年は投打ひっくるめての投票だったが、今年は野手部門と投手部門にセパレート。選手1人の推薦を含む複数の好プレーをファンの投票で決め、見事ベストプレーに輝けばそれぞれメットライフ生命からの賞金25万円を手にできる。

2019、2020年と2年連続で『メットライフ生命presentsライオンズ年間ベストプレー賞』に輝いた中村剛也。同賞をおかわりした“申し子”とも言える背番号60が「このプレーは選ばんと」と言わんばかりに投打1人ずつ、『メットライフ生命3-4月ベストプレー賞』へのノミネートプレーを推薦した。

今回、中村が迷いなき表情で推薦したのが、4月28日の千葉ロッテマリーンズ戦で栗山巧が放った勝ち越しの本塁打。同期として共にライオンズを支える中村も「メットライフ生命月間ベストプレー賞の野手部門は、クリ(栗山選手)でしょう」と既に受賞を確信するような一発だった。2-2の同点で迎えた8回裏、今季は延長戦が無く、引き分けが現実味を帯びてきた中だったが、「あの場面で打ってくれるのは凄い。終盤あの一発で勝負を決めてくれた」と賛辞を惜しまなかった。「まさにメットライフ生命presents月間ベストプレー賞にふさわしい一発だったと思いますよ」と“劇推し”する栗山巧のホームランが堂々の野手部門ノミネートとなった。

一方、投手部門もあの剛速球を彷彿とさせるように一瞬で決まった。
「サードから見ていましたが、変化球もエグいキレをしていました」と横目に驚いたシーンが4月27日のこちらも千葉ロッテマリーンズ戦、8回に登板した平良海馬の投球だ。「頼りになるなぁ、と見ていました」と振り返るその投球は自慢の直球だけではなく、スライダー、チェンジアップもキレッキレ。相手打者を完璧に封じた圧巻投球に「横から見ている直球も凄いですが、変化球も凄い。ここまで素晴らしいピッチングをずっと続けてくれていますし、僕だったら迷いなく平良のこのピッチングをメットライフ生命presents月間ベストプレー賞に選びますね」と“真横”からの投球を推薦した。

今回の全ノミネートプレーは以下のとおり。

【投手部門】
〇髙橋光成=粘りのピッチングでエース対決制し開幕戦勝利投手に!!(3月26日)
〇今井達也=6回1失点7奪三振の好投で今季1勝目!!(4月14日)
〇平良海馬=パワフル変化球で開幕から「12試合連続無失点」を達成!!(4月27日)

【野手部門】
〇源田壮亮=三遊間は抜かせない!!これぞたまらんファインプレー!! (4月13日)
〇栗山巧=ベテランの一打!!今季第1号ソロアーチが決勝打!! (4月28日)
〇若林楽人=若獅子躍動!!難しい打球をスライディングキャッチ!!(4月29日)

◆投票はこちらから◆
投票期間:5月20日(木)~6月2日(水)

※写真はすべて球団提供
Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送 ライオンズナイター

文化放送 ライオンズナイター

火~金(4月~9月) 17:55〜21:00

その他の主な出演者

2021年も文化放送はライオンズに全力青炎! ラジオの前のあなたに、歓喜の瞬間をお届けします! 【ありがとう番組40周年!】 リスナーの皆さまとライオンズに支…

ページTOPへ