西武・ニールと木村が濃厚接触者特定で当面隔離へ…一軍帯同計80名は昨日に続き全員陰性を確認

西武・ニールと木村が濃厚接触者特定で当面隔離へ…一軍帯同計80名は昨日に続き全員陰性を確認

Share

西武は28日、ザック・ニール投手と木村文紀外野手が、所轄の保健所から濃厚接触者と特定されたことを発表した。両選手は前日に新型コロナウイルスに感染した源田壮亮内野手と濃厚接触の可能性があるとして、自主隔離中だった。

ニール、木村ともに無症状で、27日に行ったPCR検査でも陰性判定だったが、濃厚接触者として特定されたことから、今後も当面の間は広島市内の宿舎で隔離となる。

また、同じく濃厚接触の可能性があるとして自主隔離をしていた佐野泰雄投手、柘植世那捕手、金子侑司選手、熊代聖人選手、愛斗選手の5選手とスタッフ1名の計6人は濃厚接触者とは特定されなかったため、本日から順次帰京し、チームに合流予定だ。

西武はこの日、特例2021対象選手として、源田、ニール、佐野、柘植、木村、金子、熊代、愛斗の出場選手登録を抹消。その代替指名選手として齊藤誠人捕手、佐藤龍世内野手、綱島龍生内野手、エルネスト・メヒア内野手、岸潤一郎外野手、川越誠司外野手を一軍登録して、予定通り日本生命セ・パ交流戦の阪神戦を開催した。

試合前には一軍帯同者(所沢残留組含む)計80名を対象にPCR検査を実施したが、前日に引き続き全員の陰性が確認された。

【源田選手の濃厚接触者について】

ザック・ニール投手、木村文紀選手が濃厚接触者に特定
→ 当面の間、広島市内の宿舎で隔離

自主隔離していた5選手(※)とスタッフ1名は濃厚接触者と特定されず
→ 本日より順次帰京し、チームに合流
※佐野泰雄投手、柘植世那捕手、金子侑司選手、熊代聖人選手、愛斗選手

【チームのPCR検査について】

5月27日(木) 試合前に遠征帯同中の計65名がPCR検査 → 全員陰性
5月28日(金) 帰京後、一軍帯同者の計80名を対象にPCR検査 → 全員陰性

【特例2021による一軍選手登録・抹消】

▼抹消 ※特例2021対象選手
〈投手〉 ザック・ニール、佐野泰雄
〈捕手〉 柘植世那
〈外野手〉木村文紀、金子侑司、熊代聖人、愛斗

▲登録 ※代替指名選手
〈捕手〉 齊藤誠人
〈内野手〉佐藤龍世、綱島龍生、エルネスト・メヒア
〈外野手〉岸潤一郎、川越誠司

【関連記事】
西武・源田が新型コロナ感染 遠征帯同の計65名はPCR陰性判定、緊急先発に控え野手2人で交流戦開幕(5月27日)

Share

この記事の番組情報


文化放送 ライオンズナイター

文化放送 ライオンズナイター

火~金(4月~9月) 17:55〜21:00

その他の主な出演者

2021年も文化放送はライオンズに全力青炎! ラジオの前のあなたに、歓喜の瞬間をお届けします! 【ありがとう番組40周年!】 リスナーの皆さまとライオンズに支…

ページTOPへ