メットライフ生命『5月度』月間ベストプレー賞投票開始!平良があの阪神戦から投打のヒーローを推薦

メットライフ生命『5月度』月間ベストプレー賞投票開始!平良があの阪神戦から投打のヒーローを推薦

Share

5月もメットライフドームではファンを沸かせるプレーが飛び出したが、きょう17日から「メットライフ生命5月ベストプレー賞」の投票受付が始まった。昨月はおかわりくんの推薦通り、野手部門が栗山巧、投手部門は平良海馬が見事受賞。それぞれ賞金25万円を手にすることとなったが、今回は誰に栄冠が輝くだろうか?

今回は3-4月の月間ベストプレー賞を受賞した平良が、印象的だったプレーを推薦した。

まずは5月29日、阪神タイガースとの交流戦。前日は悔しい逆転負けを喫して迎えたこの試合は、先発の今井達也が好投。無四球で好調・阪神打線から6つの三振を奪うなど、中盤まで完全にその勢いを封じていた。ところが6回にアクシデントが発生、相手打者の投直を左腕に当てた今井が緊急降板。そこでマウンドに上がったのが宮川哲だった。宮川は一死から打者2人を打ち取ると、続く7回も続投。二死満塁までピンチを広げたが、最後は糸井選手を力のある直球で空振り三振に打ち取った。ブルペンから見守っていた平良も「この宮川さんのシーンはとても印象的です。みんなで繋いで1点を守り切った試合でしたから」と振り返った。

一方、野手部門で押したのも同じく29日の阪神戦。2回、山川穂高が放ったバックスクリーン直撃の特大アーチだ。これには「山川さんのホームランも凄かったです。どこまで飛ぶんだ、と思いました(笑)」と、自身とはまた種類の違った?パワーに驚愕の表情だった。

チームは山川の本塁打で挙げた虎の子の1点を今井、宮川、武隈、十亀と細やかな継投で繋ぎ、9回は平良が0に抑えて、交流戦初勝利。平良はこれが“交流戦初セーブ”だった。

※写真はすべて球団提供

5月の全ノミネートプレーは以下のとおり。

【投手部門】
〇森脇亮介=1アウト満塁のピンチをダブルプレーで凌ぐ!!(5月4日)
〇松本航=7回1失点の好投で今季4勝目!!(5月22日)
〇宮川哲=絶体絶命の大ピンチで空振り三振を奪い、無失点で切り抜ける!!(5月29日)

【野手部門】
〇愛斗=本日3打点目は逆転のタイムリー2ベースヒット!!(5月4日)
〇スパンジェンバーグ=試合をひっくり返す3ランホームラン!! (5月22日)
〇山川穂高=バックスクリーンへの先制のソロホームランを放つ!! (5月29日)

◆投票はこちらから◆
投票期間:6月17日(木)~7月6日(火)

Share

この記事の番組情報


文化放送 ライオンズナイター

文化放送 ライオンズナイター

火~金(4月~9月) 17:55〜21:00

その他の主な出演者

2021年も文化放送はライオンズに全力青炎! ラジオの前のあなたに、歓喜の瞬間をお届けします! 【ありがとう番組40周年!】 リスナーの皆さまとライオンズに支…

ページTOPへ