「ネットフリックスのマクドナルド化」 会費値上げに見る「賃金事情の変化」~6月22日「おはよう寺ちゃん」

「ネットフリックスのマクドナルド化」 会費値上げに見る「賃金事情の変化」~6月22日「おはよう寺ちゃん」

Share

6月22日放送の「おはよう寺ちゃん」(文化放送)では、番組パーソナリティーの寺島尚正アナウンサーと、火曜コメンテーターの田中秀臣氏(経済学者・上武大学教授)が、アメリカの動画配信サイト「ネットフリックス(Netflix)」の月会費値上げに言及する場面があった。

田中秀臣氏「賃金あがらぬ日本では「負担は大きくなる」

「世界的なインフレ懸念が浮上する中、日本は消費者物価がほとんど上がっていません。物もサービスも賃金も安くなった日本は物価上昇の波に向き合えるのか」と寺島アナは切り出し、ネットフリックスの月会費の値上げ率は日本の主力プランでは13%(=170円)アップの1490円、アメリカでは月1ドル(およそ8%)の値上げ率となり、世界各国でほぼ横並びになった、と解説した。

 

また、今回の値上げには各国の経済事情が考慮されていないとも寺島アナは分析。それについて意見を問われた田中氏は「ネットフリックスのマクドナルド化」と表現した。「マクドナルドは世界各国で同じ品質のものを提供するので、それを基準にして各国の労働市場のあり方や生活水準の在り方をはかるのはよくやりますね」(田中氏)

 

寺島「ネットフリックスの場合には世界中で大体同じ値段にしちゃおうということですよね」という寺島アナの意見に頷きながら、田中氏は「日本みたいに賃金が上がらない国の負担は大きくなる」と付け加えた。この流れで国内の賃金事情にも触れ、日本国内でパートやアルバイトといった、所得水準の低い非正規労働者がここ10年で激増し、それにより実質賃金が低くなった、と述べている。

 

「今から20~30年前に比べれば、高い数値にあることは間違いないですよね。比較する中身が違うんです。働いている人たちの中身が違うんですよね。高所得層は定年後に再雇用されると賃金は(定年前よりも)低くなります。実質賃金というのは平均賃金ですからね。雇用される人数が多いと、自然と賃金水準は下がっちゃうんです」と田中氏。「実質賃金はインフレ気味になると下がる」と一言付け加え、この話題を締めくくった。

 

「おはよう寺ちゃん」は平日朝5~9時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。 またYouTube公式チャンネルではLIVE配信と、放送後にアーカイブでお楽しみいただけます。

【公式】文化放送 おはよう寺ちゃん – YouTube

2021/06/22/火 05:00-06:00 | おはよう寺ちゃん 5時~6時 | 文化放送 | radiko

2021/06/22/火 06:00-07:00 | おはよう寺ちゃん 6時~7時 | 文化放送 | radiko

2021/06/22/火 07:00-08:00 | おはよう寺ちゃん 7時~8時 | 文化放送 | radiko

2021/06/22/火 08:00-09:00 | おはよう寺ちゃん 8時~9時 | 文化放送 | radiko

Share

関連記事

この記事の番組情報


おはよう寺ちゃん

おはよう寺ちゃん

月~金 5:00~9:00

その他の主な出演者

ページTOPへ