明日は我が身? イギリスでコロナ再拡大4万人超 マスク義務&行動制限なくしたのに… ~10月22日「おはよう寺ちゃん」

明日は我が身? イギリスでコロナ再拡大4万人超 マスク義務&行動制限なくしたのに… ~10月22日「おはよう寺ちゃん」

Share

新型コロナウイルスのワクチン接種で先行し、行動規制をほぼ撤廃したイギリスで感染が再拡大している。10月22日の「おはよう寺ちゃん」(文化放送)では、寺島尚正アナウンサーと、金曜コメンテーターの元海上自衛隊海将・伊藤俊幸氏が、その原因について意見を交わした。

伊藤俊幸氏「ワクチンは1年に1回打つもの」

イギリスでは現在、1日あたりの新規感染者数4万人台と高い水準で、ヨーロッパの中でも急増ぶりが目立っている。

12~15才の若年層でワクチン接種が完了しているのが0.4%以下と進んでいないこと、ワクチンの効果が時間の経過とともに低下していること、が原因と見られている。

イギリスは去年の12月にワクチンの接種が始まり、すでに16才以上の8割が2回の接種を終えている。

そのため、政府は7月19日にワクチンが普及したとして、人口の大半を占めるイングランドで店舗内のマスクの着用義務や、ソーシャルディスタンスの規制を撤廃。その後、一時的に新規感染者数は減ったが、9月から徐々に増加、10月中旬以降には4万人を超える日が続いている。

「(イギリスはワクチン接種が)去年の12月から始まっているので、早いんですよね。ワクチンは1年に1回打つものですから、ブースター接種というより、今年の分を打ちましょうか、というイメージですよね」(伊藤氏)

「データでは6か月くらい効果があるけれども、と言われてますね」(寺島アナ)

「お医者様が言うには基本的に(ワクチンは)2回打てばよくて、それで一定のもの(耐性)はできるから、ブースターというよりも、それを毎年繰り返していく、というのが普通のようですよね」(伊藤氏)

イギリス政府は現状では動くことなく、様子見の姿勢。もっとも、ブースター接種と若年層へのワクチンの普及を引き続き促していくという。

「おはよう寺ちゃん」は平日朝5~9時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


おはよう寺ちゃん

おはよう寺ちゃん

月~金 5:00~9:00

その他の主な出演者

ページTOPへ