村上信五くんと経済クン「寝坊と経済」

村上信五くんと経済クン「寝坊と経済」

Share

毎週土曜日朝9時~放送している「村上信五くんと経済クン」。
6月26日の講義は、寝坊と経済。
講師は、寝坊すると課金されるwebアプリ「メザミー」を開発したメザミー株式会社のCEO・岡崎雄一郎さんです。
話題のwebアプリ「メザミー」とはどういったものなのか?
なぜ思いついたのか?
あわせて、岡崎さんのユニークなご経歴についても伺いました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【岡崎雄一郎さんの経歴】
平成元年京都生まれ。私立開成高校在学中に“タトゥー”と“気合い”を入れ、卒業後にアメリカの州立大学に留学、中退。帰国後、解体工、型枠大工、歌舞伎町での黒服勤務を経て、日本初の退職代行サービス「EXIT」を創業。その後、全世界のねぼすけ達を救うために「メザミー」を立ち上げる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【メザミーとはどういうwebアプリ?】
寝坊すると課金される、というシンプルなもの。クレジットカードを登録し、課金額も100円以上であれば自分で選べる。設定した時間までに、100メートル以上離れて位置情報を送信しないと設定した金額が課金されるという仕組み。岡崎さんは2000円設定で使っている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【思いついたきっかけは?】
岡崎さん自身、朝が苦手だったので、最初は自分のために作った。二度寝を防ぐには家の外に出るしかないと考えた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【現在の利用者は?】
20代~40代の方が多い。若干男性のほうが多い。中には10万円課金した人も。しかし、課金されたお金は開発費に回していて、まだ自分自身の給料を出せていないほど儲かっていない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【今後の展望は?】
世界中の寝坊で悩んでいる人たちをメザミーで救いたい。その後、また新たな事業に挑戦していきたい。毎朝5時に起きるだけで「すごい。こいつ何かやる」という目で周りから見られる。周りからの評価で悩んでいる人は、まず5時に起きるところから始めてみては。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2度寝は、全世界に共通の悩みですよね。その悩みを解決してくれるwebアプリ。課金制度というのは、ありそうでなかったなと感じました。そして、「毎朝5時に起きていると周りの見る目が変わってくる」というお話もなるほどなと思いました。目覚まし時計を3個使いながらも、毎朝起きるのに時間がかかる私には耳が痛いお話でした…。ちなみに、村上さんが課金するとすれば3500円とのこと。ちなみにちなみに、私は150円です…。
坂口愛美

Share

関連記事

この記事の番組情報


村上信五くんと経済クン

村上信五くんと経済クン

土 9:00~10:00

「経済初心者」の村上信五が、ゲストの方に教えを請いながら 「お金」に強くなってゆく番組です。 「お金持ち」しか持っていない情報を イチ早く皆さんに提供できるよ…

ページTOPへ