悲願の日本一へ!埼玉西武ライオンズジュニア始動「失敗を恐れず」【L-FRIENDS】(ライオンズナイター)

悲願の日本一へ!埼玉西武ライオンズジュニア始動「失敗を恐れず」【L-FRIENDS】(ライオンズナイター)

Share

埼玉西武ライオンズが2018年に立ち上げた地域コミュニティ活動『L-FRIENDS』。地域、ファン、選手、スタッフがひとつの仲間としてつながり、未来に夢をつないでいくということを目的に「野球振興」「こども支援」「地域活性」「環境支援」の4つの柱を中心に取り組みを続けている。今回紹介するのは今冬開催予定のNPB12球団ジュニアトーナメント2021に出場する「埼玉西武ライオンズジュニア2021」の結団式と初練習についてだ。「NPB12球団ジュニアトーナメント」はNPBとプロ野球12球団が連携し、「こどもたちが“プロ野球への夢”という目標をより身近に持てるように」という考えのもとに企画された小学生の軟式野球大会。各球団小学5,6年生で編成されたチームで臨み、日本一を目指す。

【関連】獅子の明日を担え!埼玉西武ライオンズジュニア今季メンバー決定

まだ残暑が厳しい8月29日の午前中、西武ライオンズの事務所には16人の野球少年たちの姿があった。所属チームはみんなバラバラ、もちろん着用しているユニフォームもバラバラだ。彼らは7月から8月にかけて実施されたセレクションを経て、385人の中から選ばれたメンバーで、これから約4か月間、「埼玉西武ライオンズジュニア」チームとして練習や練習試合に臨み、そして12月には「NPB12球団ジュニアトーナメント2021」でまだ獲ったことがない悲願の〝日本一″を目指す。

この日はその活動の初日。午前中には結団式が行われた。受付で「L」マークの入ったキャップと「Lions」のロゴが入ったウェアが配られると、照れ臭そうに着替えを済ませ、一人ひとり自己紹介と意気込みを発表。16人は晴れて〝チーム″となった。このチームで指揮を執る星野智樹監督(現・ライオンズアカデミーコーチ)は、「色んなことにチャレンジをすること。エラーをしても、打たれても良いです。とにかく失敗を恐れずに思い切ってプレーしてください」と話し、全力プレーに徹することを子どもたちと約束した。

午後には肘肩検診や本大会で着用するユニフォームの採寸などを済ませ、早速ライオンズトレーニングセンター(室内練習場)でキャッチボールや投内連携、シートノックなど約2時間たっぷりの汗を流した。

捕手の町田涼真(マチダ リョウマ)くんは、野球を本格的に始める前から自分でキャッチャー防具を付けては遊びまわっていたという。このチームでは、憧れの森友哉と同じ「10」を背負うことに喜びを隠せなかったそうだ。この日の練習では、自身も捕手として活躍した吉見太一(現・ライオンズアカデミーコーチ)マネージャーから直接指導を受け、「緊張したし、練習もきつかったけどすごく楽しかった」と充実した表情を見せた。「次の活動までに教えてもらったことを中心に練習してどんどん上手くなりたい」と大粒の汗をぬぐいながら練習場を後にした。

キャプテンもエースもレギュラーもまだ決まっていない。子どもたちはきっと、厳しいレギュラー争いを勝ち抜くために必死に練習を積み重ね、切磋琢磨してどんどん成長していく姿を見せてくれると期待している。

◆L-FRIENDSの関連記事はこちら
◆L-FRIENDSの活動内容はこちら

Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送 ライオンズナイター

文化放送 ライオンズナイター

火~金(4月~9月) 17:45〜21:00(最大延長21:30)

その他の主な出演者

文化放送ライオンズナイターは1982年の放送開始以来、2022年で41年目のシーズンを迎えます! キャッチフレーズは 「吼えろ!ライオンズ 叫べ!文化放送ライ…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加