新横綱・照ノ富士の怒涛の4年間とは『川口技研presents~久保純子 My Sweet Home』

新横綱・照ノ富士の怒涛の4年間とは『川口技研presents~久保純子 My Sweet Home』

Share

文化放送で毎週日曜あさ9時から放送中の『川口技研presents~久保純子 My Sweet Home』。日曜日の朝、それぞれの家庭・家族の優しさを実感できるような温もりある番組です。毎週ゲストの方にお越しいただいて様々なお話を伺うとともに、聴いていて爽やかな気分になれる音楽をお届けする30分です。パーソナリティはフリーアナウンサーの久保純子さんです。

第324回 9/12の放送を終えて

今日から大相撲秋場所が始まります!ということで!「久保純子とキンボシ西田のマイスイート大相撲」!
相撲界では、入門したての新弟子から協会の理事長までこの顔と名前を知らない人はモグリだと言われる程の有名人…百戦錬磨の相撲オタクの間でも、どうでもいい大相撲知識の持ち主として一目置かれている存在!お笑いコンビ「キンボシ」の西田淳裕さんにお越しいただきました!

本日のテーマはこちら!
<新横綱・照ノ富士の物語>
(照ノ富士春雄:モンゴル国ウランバートル市出身、伊勢ヶ濱部屋)

照ノ富士関の【夏】…2011年に初土俵。それから6年ほどずっと夏状態。圧倒的な強さで、歴代3位のスピードで優勝している。横綱になるのは確定だと言われるほど強かった。

照ノ富士関の【秋】…2017年秋場所で左膝半月板損傷のため途中休場し、そこから不運なことに怪我と病気が重なる。右膝も怪我をし、両膝を手術することになった。腎臓の病気も見付かり、番付を大きく落とす。最終的には糖尿病になってしまい、結果、一年間ずっと休場するという状態になってしまった。

照ノ富士関の【冬】…大関からなんと、序二段まで番付を落としてしまう。2019年春場所で序二段から復帰したが、周りからは、元大関のプライドとして辞めるべき、みっともないと言われていた。花道を歩いてきた照ノ富士は激痩せしていた。照ノ富士は必ず、土俵に一例した後、少し上を見る。目線の先には自身が過去に優勝した時の額がある。優勝額は5年間貼られることになっており、照ノ富士は「これがもうちょっとで無くなるのか、この優勝額が無くなる前に関取に復帰を」と毎回優勝額と目を合わせていたという。実は照ノ富士は、親方に5回も引退を申し出ていた。親方が「来場所が終わってから考えよう」と引き延ばしていた。

照ノ富士関の【春】…糖尿病の治療もうまくいき、徐々に体も戻ってきていた。もともと強かった照ノ富士関は、幕下でも全勝優勝をする。完全体として戻ってきた照ノ富士関は、ついに大関を寄り切りで破り、優勝を飾る。優勝の表彰式で、5回の引退申し出を断った伊勢ヶ濱親方から優勝旗を渡された照ノ富士関。土俵から降り、上を見上げると、あの優勝額が。自分の優勝額と目が合った照ノ富士関は頷き、「間に合ったぞ」と。そこから優勝を3回続け、今回73代横綱が誕生した。

ちなみに照ノ富士関は、人生でたった4回しか日焼け止めを塗ったことがないそうです。

今週はスペシャルウィーク!ということで、10名の方に番組特製トートバッグをプレゼントします!
キーワードは「日焼け止め4回」です。メールは home@joqr.net まで!

次回も素敵なゲストをお招きします。
お楽しみに! See you!

【本日の1曲目】 栄光の架橋 / ゆず 
(文/スタッフC)

川口技研のHPはこちらから https://www.kawaguchigiken.co.jp/

Share

関連記事

この記事の番組情報


久保純子 My Sweet Home

久保純子 My Sweet Home

日 9:00〜9:30

日曜日の朝、それぞれの家庭・家族の優しさを実感できるような温もりある番組です。 毎週ゲストの方にお越しいただいて、子育ての喜び、苦労話、思わず笑ってしまったこ…

ページTOPへ