大竹まこと「話がめちゃくちゃになっちゃう」インタビューの極意を聞く〜10月11日「大竹まこと ゴールデンラジオ」

大竹まこと「話がめちゃくちゃになっちゃう」インタビューの極意を聞く〜10月11日「大竹まこと ゴールデンラジオ」

Share

10月11日(月)に放送された「大竹まこと ゴールデンラジオ」(文化放送)にて、タレントの大竹まことが、社会学者の岸政彦から、「インタビュー」「語り」に関してアドバイスを送られた。

1,216ページ、1.5キロという書籍「東京の生活史」を発売された岸氏。全国の書店で売り切れ続出となっているのだが、そのサイズ感に大竹に「売れると思いました?」と聞かれると、「私の本は、そんなにベストセラーにはならないですが、ロングセラーにはなります。売れるかどうかは分かりませんでしたが、面白い本になる自信はあった」と答えた。

今回の書籍は、150人の聞き手が150人の語り部から話を聞く「インタビュー」をまとめた内容だ。社会学者のフィールドワークとしてインタビューする機会は多いそうだが、元々他人に興味があったかと問われると、「10代の頃、雑誌の読者投稿欄を一番読んでいた」とその素質を垣間見せた。

また、今回の書籍は、一般の方が一般の方にインタビューするのだが、果たして深く話を聞き出せるのか?大竹は疑問に思ったようだが、岸氏は「完全な他人と完全な身内の中間で話が咲く」と言う。「知っている人だと話せないですよ」と言われると、大竹も「確かにゴルフ場で2~3回あったおじさんに悩み相談したことがあった」と自身の経験を振り返った。

最後に、ラジオパーソナリティとして、「よくあちこちに話しが飛んでしまう」と反省する大竹に、岸氏は「めちゃくちゃになるのが一番面白い。語りが語りを引き出すんですよ」と、自然と相手の本音を引き出す大竹の進行を称賛していた。

「大竹まこと ゴールデンラジオ」は午後1時~3時30分、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


大竹まこと ゴールデンラジオ!

大竹まこと ゴールデンラジオ!

月〜金 13:00~15:30

その他の主な出演者

“面白い”けれど”真剣に”、”くだらない”けれど”正直に”。 …

ページTOPへ