野党共闘、閣外協力のポイントをどう見るか?佐藤優氏が解説~10月22日「くにまるジャパン極」

野党共闘、閣外協力のポイントをどう見るか?佐藤優氏が解説~10月22日「くにまるジャパン極」

Share

10月22日放送の「くにまるジャパン極」(文化放送)で、元外交官で作家の佐藤優​氏は、立憲民主党と共産党の閣外協力をどう見るか?解説した。

野村邦丸アナ「野党の共闘、小選挙区では立憲民主党と共産党の話し合いがうまくいってる。もし立憲民主党を中心とする連立政権ができた場合、共産党を閣内に入れるんですか?という質問に対し、立憲民主党は”それはありません。共産党の意見で聞く耳は持つけど、聞かないことはあるんだ”といったことを言ってます。」

佐藤氏「立憲民主党は論点をずらしていますね。閣外協力のポイントは何だと思います?」

野村アナ「以前、佐藤さんが言っていたのが、内閣ができた時、閣僚には入らないけど、国会にある常任委員会のポストを握るということでした。」

佐藤氏「そういうことなんです。立法行為を通じる形で共産党は実質的な影響力を強めることになると思います。」

そして、佐藤氏は共産党の狙いをこう推測する。

佐藤氏「共産党の小池氏は戦略を持ってるんですよ。政権交代の準備はできている、この言葉は非常に重いです。要するに共産党は来年の参議院選挙で与野党逆転をして、その後で岸田政権を立ち行かないようにして解散総選挙という絵柄を描いている。立憲民主党には、今、貸しを作っている。そうすると共産党の政策を忖度するようになりますから。統一戦線工作が非常にうまいんです。」

そして、共産党と同じく戦略に長けているのが公明党だという。

佐藤氏「公明党と共産党、形は違えど価値観を重視していて、非常に党らしい党ですよね。両方とも戦略的な目がありますから。選挙が終わったあと、与党内の公明党の影響力はますます強くなって、野党においては共産党の影響力が強くなっていきます。公共対決という形にだんだんなっていきますね。」

これを聞いて、野村邦丸アナは「公明党と共産党は、名より実を取っている気がしますね。」と言って話を締めた。

「くにまるジャパン極」は平日朝9~13時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。佐藤優氏は第1・第3・第5金曜日にコメンテーターとして登場(スペシャルウィークの来週22日も登場!)radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


くにまるジャパン 極

くにまるジャパン 極

月〜金 9:00~13:00

その他の主な出演者

人生ひとまわり。 2017年1月に還暦を迎えた野村邦丸が27年間在籍した文化放送を退職し、 フリーアナウンサーの道を歩み始めています。 これに合わせて大幅リニ…

ページTOPへ