西武がドラ6中山に指名挨拶、打力誇るチームで「早くその一角を担えるように」 (ライオンズナイター)

西武がドラ6中山に指名挨拶、打力誇るチームで「早くその一角を担えるように」 (ライオンズナイター)

Share

西武からドラフト6位指名を受けた白鴎大学の中山誠吾(なかやま・せいご)内野手(22)が15日、栃木県内の同大学で指名挨拶を受けた。

190cm90㎏の中山は、力強いバッティングはもちろん、足の動きや打球の反応、華麗なグラブさばきも魅力の大型遊撃手。担当スカウトの大島裕行編成グループ育成アマチュア担当から「さらに大きく成長して羽ばたけるように頑張っていただけたら。十分やっていけると思うのでレギュラーを目指してやっていってもらいたいなと思います」と期待の言葉をかけられた。

「長打力も含めて勝負強いバッティングが自分の持ち味だと思ってるのでそこをこれからも伸ばしていきたいと思っています。12球団の中でもトップクラスの打力を誇るチームだと思ってるので、早くその一角を担えるというかその一員になれるように頑張りたいです」と意気込みを語った。

※写真は球団提供

Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送 ライオンズナイター

文化放送 ライオンズナイター

火~金(4月~9月) 17:55〜21:00

その他の主な出演者

2021年も文化放送はライオンズに全力青炎! ラジオの前のあなたに、歓喜の瞬間をお届けします! 【ありがとう番組40周年!】 リスナーの皆さまとライオンズに支…

ページTOPへ