箱根駅伝 第71回大会ハイライト実況

箱根駅伝 第71回大会ハイライト実況

Share

連覇を狙う山梨学院は、1区の中村祐二が区間賞を獲得して、トップでタスキリレー。
追う早稲田は、2区渡辺康幸、3区小林正幹、4区小林雅幸が3連続区間賞をマークして山梨学院を逆転。
往路新記録となる5時間29分26秒で11度目の往路優勝を果たしました。
復路では、トップ早稲田と1分47秒差でスタートした山梨学院が、6区11キロ過ぎで藤脇友介が早稲田をとらえ逆転。
8区で再び早稲田が山梨学院を逆転しましたが、9区で山梨学院が再逆転。
最後は10区の瀬戸優之が逃げ切り、2年連続3度目の総合優勝を果たしました。
また復路優勝は中央で、往路、復路で優勝がなく、総合優勝したのは、箱根史上6度目の快挙でした。
一方、順天堂が10区で途中棄権し、32大会続いたシード権を失った大会でもありました。

Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送新春スポーツスペシャル 第 98 回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

文化放送新春スポーツスペシャル 第 98 回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

2022年1月2日(日)・3日(月) 7時30分~14時30分

その他の主な出演者

連覇を狙う駒澤大学、王座奪還を目指す青山学院大学、出雲駅伝を制した東京国際大学、オリンピアン三浦龍司選手を擁する順天堂大学、スピードランナーを揃える早稲田大学…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加