第98回箱根駅伝 中央大学・阿部陽樹選手インタビュー

第98回箱根駅伝 中央大学・阿部陽樹選手インタビュー

Share

第98回箱根駅伝で5区を走った、中央大学・阿部陽樹選手インタビューです。

Q:初めての箱根振り返って
1年生で初めてだったので、先輩たちが良い位置でもってきてくれたので、思い切って最初から飛ばしていった。後半は登りが辛かった、最終的に目標としていた順位でいけたから良かったと思う。

Q:登りを意識して練習してきたとのことだがどうだった?
登りのタイムトライアルでは、上位の成績だったので、5区どうかと思ったが5区専門になりたいわけではなく、平地での実力をつけたい。秋以降登りの結果だついていたので、いけると思った。

Q:前半は淡々としていたが、後半はどのような思いだったのか
単独走になってから前が見えない時間はつらかったが、前が見えてきたところで自信がでて前にいけた。復路のために、シード圏外との差を広げたいと思った。

Q:全日本12位だったが、箱根までの調整はどうだったか
全日本ではエースたちとの差を感じたので、秋以降箱根に向けて自力をつけていくことができたので、全日本より自信をもってスタートラインに立てた。

Q:記録選手ぞろいだったが、プレッシャーなどはどうだったか
登りの練習はやってなくて、タイムトライアルだけでここまできたので、平地だけなら負けない自信がある。いかに登りをうまく上って下りを耐えるかというところ。ほかの人がどうより自分の走りをした。

Q:登りは得意ではない気持ちもあったと思うが走ってどうだった
登りも前半は快調飛ばせていけたが、後半は失速して下りの切り替えが難しかったので、来年も5区走ることがあれば、下りの切り替えでしっかりラストまで足を動かしていけるような走りをしていきたい。

Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送新春スポーツスペシャル 第 98 回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

文化放送新春スポーツスペシャル 第 98 回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

2022年1月2日(日)・3日(月) 7時30分~14時30分

その他の主な出演者

連覇を狙う駒澤大学、王座奪還を目指す青山学院大学、出雲駅伝を制した東京国際大学、オリンピアン三浦龍司選手を擁する順天堂大学、スピードランナーを揃える早稲田大学…

ページTOPへ