アナ歴40年!野村邦丸が様々なエピソードを語る連載企画㊷

アナ歴40年!野村邦丸が様々なエピソードを語る連載企画㊷

Share

【野村邦丸 ワタシの履歴書 ~アナウンサー歴40年記念特別連載企画~】

『第42回 濃霧のヴィクトリア・ピーク、豪雨のオープン・トップ・トラム』

「くにまるジャパン」そして「くにまるジャパン極」
の名物コーナーとなった「くにまるジャパン探訪」。

本当にいろんな所にお邪魔しましたね。
2010年10月8日オンエアの東海道品川宿を皮切りに、
11年に渡って毎週どこかに。

中でも印象深かったのは、やはり海外。

加納有沙さんとお邪魔した香港は、
面白かったですね。

ガイドのアルバートが一押しの海鮮レストラン東寶小館。
茶碗でビールを飲む店。

倉庫の2階を改造した広大なスペースに、
大音量の音楽がかかって(ABBAとか…)。

インタビューするので、ちょっと音量を
絞ってくださいとお願いして、
絞ってもらってもやっぱい大音量。

エビやシャコなど新鮮な海の幸がテーブル
に山ほど並んでいるのに、なぜか鞄から
ピーナツを取り出して食べてるアルバート…。

狂騒のうちに世は更けて、翌日は
「百万ドルの風景」でおなじみのヴィクトリア
・ピークへ。

現地へ向かうバスが動き始めて間もなく、
アルバートが「貴方たちラッキー。
景色が一切見えないヴィクトリア・ピークなんて、
年にそんなにない。何か持ってるね」
って、冗談じゃない!

バスが山頂に着くと、アルバートが言う通り、
辺りは深い霧に包まれて景色は一切見えません。

いったいどうしたモノかと途方に暮れていたら、
アルバートが言いました。

「ミスタ邦丸、アリサさん。景色は、心で見るモノです」

そこで私と加納さんは
「もし晴れていたらこんな景色が見える」という
案内の写真を眺めながら
「あそこに港が見えますね」
「晴れてたらね」
「お! あっちには高層ビルの群れが!」
「晴れてたらね…」と、
しょうもない会話を続けたのですが、
後で録音を聞いたら面白かったなあ。

香港と言えば、もう一つ忘れられないのが、
2階がオープンの路面電車に乗って観光したこと。

ヴィクトリア・ピークは霧でしたが、
こちらは豪雨。あまりにも寒いので、
ダウンジャケットを買い込み、
さらに雨合羽まで貸してもらって、
屋根のない2階に上がりましたが、
あまりの寒さに、すぐ1階に降りてきて。

ガイドは「こんなことめったにありませんね、
貴方たちラッキーです」って。ふざけんな~!

以前もお話した、大林素子さんと
メルボルンから生放送した時は、
カジノに遊びに行きました。

チップがすぐになくなってしまい、
どうしようかと考えていたら、
ツアーでご一緒したリスナーさんが
「もう帰るから、残りのチップ使ってください」
って、まだ結構な枚数があるのを、
置いてってくれました。
太っ腹なご夫婦でしたね。

そこで思い出したのが、かつてボートレース・
グランプリでご一緒した山本譲二先輩。

前の晩に「邦ちゃん、お年玉」と言って
10万円もの軍資金を私に手渡してくれた。

「条件が一つだけある。全部ボートレース
に賭けろ。

普段買わないような舟券を買ったら、
それが来るよ」と言われたんです。

やっぱりギャンブルは金持ちが勝つんだな
という鉄則をその時学びました。

メルボルンのカジノでも、どうせもらった
チップなんだから…と、普段は絶対に
こんなトコに賭けないよな、
というところにバンバン賭けたんです。

一緒に行ったスタッフも
「行きましょう、スッカラカンになるまで」
と、ノリノリなんです…。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
野村邦丸:1957年1月17日生まれ。川崎生まれ、
日大明誠高校・日大法学部新聞学科を経て
1981年茨城放送入社。
フリーを経て1991年文化放送入社。2017年定年退職、
再びフリーとなる。
「くにまるジャパン極」パーソナリティ。
家族・高校野球・シカゴ(ロックバンド)、
そして酒と肴をこよなく愛する。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

文化放送の番組はスマホやPCでも
お聴きいただけます👇

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

ページTOPへ
// 2022.04.28追加