角川文庫・関口靖彦が「2022年本屋大賞」受賞作を予想! 候補3作は『赤と青とエスキース』『六人の嘘つきな大学生』、そして…?

角川文庫・関口靖彦が「2022年本屋大賞」受賞作を予想! 候補3作は『赤と青とエスキース』『六人の嘘つきな大学生』、そして…?

Share

2月17日の「大竹まこと ゴールデンラジオ」(文化放送)には、角川文庫の関口靖彦さんが登場。2022年本屋大賞の受賞作品を予想した。

本屋大賞は、書店員たちが「一番売りたい本」を選ぶもの。2022年も、1月末にノミネート10作品が発表された。
関口さんは「どれもクオリティは高いんですけど、(賞の性質上)既に売れてる本は入って来ないんじゃないか」などの条件を挙げ、候補を3作に絞り込んだ。

1作目は『赤と青とエスキース』(青山美智子/PHP研究所)。
関口「エスキースとは美術用語で”下絵”という意味。下絵をもとに絵が完成していく…というモチーフが、物語全体を包んでいます。(中略)最後に”あれはそういうことだったのか”といろいろピタッとハマってくる。お話としては、愛情の物語として希望を感じさせてくれる、非常に読後感が良い。青山さんは前回の本屋大賞で2位だったので、今度こそというのも込めています」

2作目は『六人の嘘つきな大学生』(浅倉秋成/KADOKAWA)。
関口「ある企業の最終選考で出会った6人のお話。全員採用の可能性もあるディスカッションに臨んでいたんですけど、最後になって”6人の中から、1人の内定者を話し合って決めろ”と言われるんです。かなりスリリングなお話。ディスカッションの間に、それぞれの学生のインタビューが挟まるんですが、それが選考後の未来の話なのも面白いところで、非常に技巧的な小説です」

3作目は『硝子の塔の殺人』(知念実希人/実業之日本社)。
関口「とにかくトリックのパズル性に焦点を凝らした”本格ミステリー”。推理ゲームとしての純度を高めた作品です。過去の名作ミステリーのオマージュが散りばめられていて、ミステリーファンの人は二倍楽しめます」

果たして関口さんの予想は当たるのか? 大賞発表を待て!

「大竹まこと ゴールデンラジオ」は午後1時~3時30分、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


大竹まこと ゴールデンラジオ!

大竹まこと ゴールデンラジオ!

月〜金 13:00~15:30

その他の主な出演者

“面白い”けれど”真剣に”、”くだらない”けれど”正直に”。 …

ページTOPへ
// 2022.04.28追加