【#辻コメ】西武、6点差逆転「勢いがつくどころの話じゃないでしょ!本当にみんな鳥肌もんですよ」

【#辻コメ】西武、6点差逆転「勢いがつくどころの話じゃないでしょ!本当にみんな鳥肌もんですよ」

Share

〇西武7-6オリックス(ベルーナドーム)

【6点差を逆転しての勝利】

目指すところです。今年こうやって戦おうっていう気持ちで選手にはずっと話しながら、本当に選手たちも諦めずに最後まで攻めた結果がね。もちろん打ったバッターもいいですし、ただやっぱりピッチャーだね。2番手からが本当に踏ん張ってくれて6点のまま凌いでくれたっていうことがね、勝利に繋がったと思います。やっぱりこういうしびれるとこでやると選手たち成長するんでね、若い人も出てますし、こういうとこで投手も野手も成長してくれたらいいかなと思います。

【6回は9番・源田選手の四球から4得点】

そうだね、ああいう展開の中で、源田もヒットを1本早く打ちたいという気持ちは大きいと思うんだけど、やっぱりあの四球が大きいんですよね。山崎くんは乱れないし、四球も期待できないところで、ファウルで粘ってね、あの四球が投手にしてみれば、うっと思うわけじゃないですか。ベンチも逆の立場だったら「四球で出しちゃった」っていうことになると、ちょっと落ちてきたのかなとか脳裏に浮かぶような部分もあるからね。だからそういう意味ではあの四球、そして鈴木がどうにか繋いでくれないかなって期待したところで、本当に見事な繋ぎだったですね。オグレディもやっぱチャンスでね、ああいうふうに繋いでくれた、非常にいい仕事してくれてます。

【山川選手が2戦連続のHRで雰囲気を変えた】

もちろん。非常に調子いいですよ。1打席目でちょっと変なバッティングしたからちょっと話をしたんですけどね、なんか思い切りなかったから。綺麗に打とうとしちゃダメなんで、しっかりと振ってけって話をしたんですけど、そういうふうに気持ちが乗ったら、どんどんいくバッターなんで。また明後日からも打ってくれたら嬉しいなと思います。

【勢いのつく勝ち方】

勢いがつくどころの話じゃないしょう!6対0ですよ、(4回まで)ノーヒットに抑えられてた後ですよ。これはね、本当にみんなベンチん中はコーチも含め、鳥肌もんですよ、この勝ちはね。

【2018年、2019年を思い出す】

ねぇ。やっぱりそういう勢いがあったよね、あのチャンステーマが流れてくると逆転するぞという、そういう試合が多くなればいいですけどね。(ベンチの雰囲気も当時と似てる?)さらにまだいいかもしれないね。本当に松井ヘッドはもちろん、平石も来てくれてね、とにかく笑いながらやってますよ。楽しめって。

(らしくないプレーのあった愛斗選手には)もう打席に立ってる愛斗の顔なんか見たらガチガチになってるからね、そういう話をしたんですけどね。笑ってやって、笑って打ってごらんて。だからそういう話をしながら、お前レギュラーなんだからねって話をして。やっぱり彼なりに一生懸命やってるからこれを乗り越えれば、調子は全然悪くないんで、そういう部分では、失敗したら次にっていう気持ちが浸透しつつあるんでね、これを続けていってほしいかなと思います。

【渡邉勇太朗投手は3回KO】

勝って1番ホッとしてるのは勇太朗じゃないの。勇太朗の顔見た?俺もまだよく見れてないけど、すぐ泣くからアイツは。私も経験あるけど、自分が大きな失敗をして負けて自分で責任取るのはいいけど、野球の怖さとかね、チームでやってるなっていうのを感じてやらなきゃいけないし、それだけの責任を持ってこれからも普段から練習もしっかりやる。それで打たれたり打てなかったりミスしたり、それはいいんじゃないかなと僕は思うしね。日頃の立ち振る舞いじゃないけど、その姿勢が大事かなと思うんで。いい球投げたからね、今日ね、勇太朗、いい球投げてたのよ!反省しなきゃいけないのはやっぱり3回の2点ね、あそこを押さえておけばなんてことないってこと、俺があいつに言いたいとこはね。1点取られてもいいからその次の1点、どうにか抑えなさい、必死で投げなさいって。二死一塁、ヒットなら2本続かなきゃ点入らないところでホームランはダメだよね。そういうところをもうちょっとしっかりと頭の中整理して勝負していかないとね。教訓です。

◆辻コメ一覧はこちら◆

Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送 ライオンズナイター

文化放送 ライオンズナイター

火~金(4月~9月) 17:45〜21:00(最大延長21:30)

その他の主な出演者

文化放送ライオンズナイターは1982年の放送開始以来、2022年で41年目のシーズンを迎えます! キャッチフレーズは 「吼えろ!ライオンズ 叫べ!文化放送ライ…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加