【西武】金子侑司選手インタビュー…好調キープも「最後まで続けられないと」

【西武】金子侑司選手インタビュー…好調キープも「最後まで続けられないと」

Share

4月28日放送のライオンズナイターは試合前に金子侑司選手のインタビューをお届けした。今シーズンはスタメン出場7試合すべてで出塁、高打率も記録している。それでも本人としてはまだまだ満足していない様子だ。

――きのうも2安打、調子上がっていると見ていますが?

金子「(自分では)手ごたえ、調子が上がっているとかはなく。とにかく応援してくださっている方のために頑張ろうという気持ちでやっています」

――打撃に関して、こうなると調子上がってきたな、というものは?

金子「スタメンで出始めて1週間ぐらいですし、なんとか食らいつくというつもりで打席に立っています。打席もまだ少ないので……言えることは特にないかな(笑)、というのが正直なところです」

――開幕直後はなかなか打席に立てず。あの時期はつらかったですか?

金子「まあ、それは(笑)。野球選手なので試合に出られないと複雑な気持ちもありました」

――いまはスタメンで試合に。そうなると結果を出すというのはさすがです。

金子「最後まで続けられないとダメなので、いまだけで終わらないよう頑張りたいと思います」

――スタメンで出られている現状、ご自身ではどう捉えていますか?

金子「シーズンの最初からは出られていないですし、首脳陣にも自分がやれるというのを見せていかねばと」

――ご本人としてはまだまだ?

金子「全然だと思います。最後終わってみて『よかった』と言えるようでないと」

――金子選手といえばやはり足の速さというものがあります。足にスランプはないと聞きますが。

金子「全然あります(笑)。盗塁もまだどうこういえる段階ではないかなと」

――ご結婚されて生活スタイルは変わった?

金子「いや、特に(笑)。結婚生活は楽しくしています、それぐらいですね。(相手に)イヤな思いはさせないように」

――改めてライオンズファンにメッセージを。

金子「いつも応援ありがとうございます。これからも1試合ずつ懸命にやっていきたいので応援よろしくお願いいたします」

※インタビュアー:文化放送・長谷川太アナ

Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送 ライオンズナイター

文化放送 ライオンズナイター

火~金(4月~9月) 17:45〜21:00(最大延長21:30)

その他の主な出演者

文化放送ライオンズナイターは1982年の放送開始以来、2022年で41年目のシーズンを迎えます! キャッチフレーズは 「吼えろ!ライオンズ 叫べ!文化放送ライ…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加