鈴木おさむの息子はゲーム業界で将来有望な人材!?

鈴木おさむの息子はゲーム業界で将来有望な人材!?

Share

5月25日の「おとなりさん」(文化放送)「10時のおとなりさん」のゲストに、アミューズメントメディア総合学院ゲームクリエイター学科担任・渡辺洋幸さんが登場! ゲームに夢中な鈴木おさむさんの息子の将来について相談した。

アミューズメントメディア総合学院ゲームクリエイター学科では、どんな授業をやっているのか?

渡辺洋幸「ゲームのアイディアの出し方や、アイディアを形にする設計図やスケジュールなど、ぜんぶの作り方を一貫して教える講義をやっております」

鈴木おさむ「高校を卒業して入る人が多いんですか?」

渡辺「半数くらいですね。クラスが30人くらいなんですけど、半分は高校卒業してすぐの18才で、半分は転職を目指す方で上は36才までいらっしゃいます」

鈴木「元自衛官とか、元板前さんとか色んな人がいるんですね」

渡辺「変わった経歴なんですけど、そこからゲームを作り上げて、大手に入る方もたくさんいらっしゃいます」

鈴木おさむさんは、7才の息子さんがゲーム好きらしく。

鈴木「息子のゲームに対してのストッパーをかけなくて、“好きだからやらせてみよう”と思って。渡辺先生は、子供の頃ゲーム好きでしたか?」

渡辺「もう幼稚園の頃からですかね。『ロックマン2』とか、ファミコンゲームをやってましたね。そこで面白かったゲームの印象がすごく強かったので、“いつか作ってみたい”という気持ちで」

鈴木「ゲームクリエイターで優秀な人って、やっぱり子供の頃からゲーム好きですか?」

渡辺「ゲームの知識が深い方がやっぱり強いので、子供の頃からやっていると特にいいかなと感じていますね。幼稚園からゲームをされていると、ものすごいプレイヤーになる可能性はあるかもしれないですね」

鈴木「キタよ!」

渡辺さんが、いまの仕事でやりがいを感じる瞬間は?

渡辺「やはり教え子たちが、求める会社に入った瞬間だったりとか、アイディアを聞いていて“それ面白いじゃん!”っていう瞬間ですかね」

坂口愛美アナ「ゲームクリエイターってゲーム会社に就職するっていう感じですよね?」

渡辺「そうですね」

鈴木「スマホのソーシャルゲームも含めてとんでもない量だから、作り手は求められているんですよね?」

渡辺「ものすごい求められているんですけど、“ゲームプランナー”っていう職業自体があまり知られていないので、私はその布教活動もしたいと考えていますね」

「おとなりさん」は平日月曜~金曜の朝8~11時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


おとなりさん

おとなりさん

月~金 8:00~11:00

その他の主な出演者

たくさんの人を身近な“おとなりさん”と感じられるようになることを目指す、ご近所型ラジオ番組。毎日、個性豊かなパーソナリティが、あなたの“おとなりさん”として、…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加