村上信五くんと経済クン「ワークマンはなぜコロナ禍でも売り上げを伸ばしているのか」

村上信五くんと経済クン「ワークマンはなぜコロナ禍でも売り上げを伸ばしているのか」

Share

毎週土曜朝9時~放送している「村上信五くんと経済クン」。
5月21日(土)の講義は、村上さんが北京オリンピックでお世話になったワークマン!
なぜワークマンはコロナ禍にもかかわらず売上高を伸ばしているのか?
代表取締役社長・小濱英之さんにお話を伺いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【今、ワークマンの勢いがすごい!】
コロナ禍にも関わらず、売上高は年々上昇。女性向けの“ワークマン女子”や、作業服にアウトドアとスポーツをプラスした新業態“ワークマンプラス”などの新店舗が続々オープンし、その店舗総数はユニクロを超え、950店舗以上となっている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【なぜコロナ禍でも売上高が伸びているのか?】
ワークマンのお客様は電気・ガス・水道といったライフラインに関わる仕事の方が多く、コロナ禍においても休むことなく仕事の道具が必要となるため、ワークマンもお店を閉めるということがなかったから。また路面店が多いので、車で行って密になることもなかったということで、通常営業ができた。また、キャンプブーム到来で、作業服を作っていたノウハウを生かした機能性が良く低価格なキャンプグッズが人気となった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【様々な業態を展開】
⓵ワークマンプラス(2018年)
→作業服にアウトドアとスポーツをプラス

⓶ワークマン女子(2020年)
→女性向け。女性のお客様が増えてきたことに加え、今までの職人のお客様がお店に入りづらくなったとの声を受け、すみわけをするために“ワークマン女子”を立ち上げた。ハッシュタグでよく付けられていた「ワークマン女子」をそのまま店名にした。

⓷ワークマンプロ(2021年)
→従来の職人さんを対象

⓸ワークマンシューズ(2022年)
→靴専門店。今年4月に大阪なんばに出店。また、6月16日に池袋サンシャインシティにも出店予定。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【代表取締役社長・小濱英之さん】
1990年、株式会社ワークマンに入社。「人と接する仕事がしたい」と小売業を志した。また、お父様が職人だったため、作業服を身近に感じていた。2019年に49歳の若さで社長に就任。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【株式会社ワークマンの歴史】
1982年創業。2009年、リーマンショックの影響でお客さんが減ってきたため、他社との差別化を図ろうとした。ただ、職人さんが減っている現状を目の当たりにし、職人さん以外のお客さんも引き付けようと考えた。「職人さんが釣りに行くときにワークマンの作業用ベストを着ている」という話を聞き、職人さんが休みの日にも使えるような、趣味にも着られるような商品を作ろうということになった。その後、新業態「ワークマンプラス」の責任者に抜擢された小濱さん。商品の見せ方をオシャレに変えたり、マネキンにワークマンの商品でトータルコーディネートをしたりしたことで、店に行列ができるほどの人気となった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ワークマンのここがすごい!雑学】
⓵メーカーを信じ、納品されたものは全て買い取っている
→日本初の「善意型サプライチェーンマネジメント」という物流網システムを採用している。商品をどれだけ納品するかという判断をメーカーに全面的に任せ、倉庫に届いた時点で全量分の代金を支払って買い取っている。メーカーと共に成長してきた企業なので、付き合いも長く、信用しているため。

⓶店舗の9割がフランチャイズ。店長のおよそ4分の1が女性。
→基本的には夫婦で参加してもらっている。旦那さんにも奥様にもお客様がついて、地域密着型の雰囲気の良いお店になるため。

⓷熱いファンを身内化して商品開発
→ネットの書き込みを参考にするだけでなく、インフルエンサーを「製品開発アンバサダー」に任命し、熱いファンを身内化して開発に入ってもらい、「自分の商品」として発信してもらう。良いことばかり言ってくれる人ではなく、厳しい意見も言ってくれる人にお願いしている。この制度から、ブロガー・サリーさんの意見を取り入れて作った「コットンキャンパー」などの人気商品が誕生している。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【今後の目標は?】
日常生活に根付く商品を生み出し続ける、多くの人に愛される会社になっていきたい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今年2月、北京オリンピックから帰ってこられた村上さんのこの番組での第一声が「ワークマンはすごいぞ!」でした。そのすごさを小濱社長のお話からもたっぷりと実感しました…!商品の機能性や安さはもちろんのこと、様々な意見を聞いて取り入れる柔軟さ、メーカーやフランチャイズの各店舗の店長など“人”を大切にする姿勢が、画期的な商品を生み出すことにつながっているのだなと感じました。個人的に、新業態の「ワークマンシューズ」が気になります!
坂口愛美

Share

関連記事

この記事の番組情報


村上信五くんと経済クン

村上信五くんと経済クン

土 9:00~10:00

「経済初心者」の村上信五が、ゲストの方に教えを請いながら 「お金」に強くなってゆく番組です。 「お金持ち」しか持っていない情報を イチ早く皆さんに提供できるよ…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加