女優・葵わかなが語る、映画『陽だまりの彼女』の驚きのリハーサル

女優・葵わかなが語る、映画『陽だまりの彼女』の驚きのリハーサル

Share

6月29日の「おとなりさん」(文化放送)「10時のおとなりさん」のゲストに、女優・葵わかなさんが登場! 女優として転機となった映画、『陽だまりの彼女』の変わったリハーサル方法とは?

葵わかなさんは、昨日まで舞台『パンドラの鐘』の東京公演を終えたばかり。稽古期間を含めると、1か月半ほど舞台に向き合ってきた。

鈴木おさむ「このあと大阪公演ありますけど、東京公演終わって結構終わって解放されます?」

葵わかな「解放とまではいかないですけど、一個、肩の荷がおりた感じはありましたね」

鈴木「どう考えても、今日はオフだよね」

坂口愛美アナ「めちゃくちゃ寝たい日ですよね」

「いえ、ありがとうございます(笑)」

葵わかなさんといえば、2017年の朝ドラ「わろてんか」でヒロインを演じた。

鈴木「僕、女優さんのマネージャーさんから話を聞くんですよ、“オーディションでラスト3人に残ったんですよ!”とかって。ラスト3人までは、かなりの戦いですよね?」

「かなりの戦いですね(笑) でも、朝ドラはヒロインオーディションで、別の役に決めていただけるシステムなので、“何かいい役で出られたらな”という気持ちでした。本当にヒロインに選んでいただけると思ってなかったです」

そんな葵わかなさんが、仕事をするうえで影響を受けた作品が……

「『陽だまりの彼女』という映画で、上野樹里さんの中学生時代を演じさせていただいて。主演の松本潤さんと上野樹里さん、中学時代を演じる北村匠海くんと4人で、本当に長い間リハーサルを一緒にさせていただきました。中学生時代を松本さんと上野さんに演じていただいて、それを観たりとか」

鈴木「えー!そんなことするんですか? だって本編で4人は絡まないのに、松本潤さんも上野樹里さんもスケジュールを合わせて、本当にチームワークを作っていくって、素晴らしいね」

「その経験が自分にとってはすごく大きくて、作品を作るってことだったり、役を作っていくってことだったり、お芝居していくことが本当に魅力的に思った映画だったので大きいです」

そんな葵わかなさんが出演する舞台『パンドラの鐘』の大阪公演が、2022年7月2日(土)~7月5日(火)に上演される。

鈴木「今週の土曜日? ごめんね本当に!今日やっぱり絶対オフじゃん!」

「おとなりさん」は平日月曜~金曜の朝8~11時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


おとなりさん

おとなりさん

月~金 8:00~11:00

その他の主な出演者

たくさんの人を身近な“おとなりさん”と感じられるようになることを目指す、ご近所型ラジオ番組。毎日、個性豊かなパーソナリティが、あなたの“おとなりさん”として、…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加