カミナリと邦丸アナ、茨城トーク全開で大いに盛り上がる!

カミナリと邦丸アナ、茨城トーク全開で大いに盛り上がる!

Share

7月7日(木)の「くにまる食堂」(文化放送)に、人気漫才コンビ・カミナリのたくみさんとまなぶさんが登場! 茨城放送でアナウンサーのキャリアをスタートさせた邦丸アナは、茨城出身の2人と相性も抜群。番組冒頭から茨城話に花を咲かせた後は、最初のコーナー「今日のA定食」で、それぞれの生い立ちや学生時代のお話を伺った。

野村邦丸アナ「2人は茨城県鉾田市立旭中学校の同級生?」

たくみ「そうですね! 僕たちが居た頃はまだ合併してなかったんで、旭村っていう村だったんですよ」

邦丸「旭村立か!」

たくみ「そうです。旭村立旭中学校」

邦丸「何年生で出逢ったの?」

たくみ「出会う前から親同士が仲良くて、保育園が一緒で。小学校は別々だったんですよ、学区の違いで。で、中学で再会したという感じですね」

邦丸「その頃部活動は何やってたの?」

まなぶ「僕はサッカー、たくみはバスケ。僕が1年生の時に、3年生が不良しかいなくて、みんな入りたくなくなっちゃって、同じ学年が3人しか入らなくて。たくみのところはバスケめちゃめちゃ強くて、村立なんだけど全国大会まで」

邦丸「えーっ!?」

たくみ「そうなんですよ。中学の時に全国大会、北海道で開催されたんですけどそこまで行って。みんな○○市立とかがある中、唯一村立で。その大会ではベスト16で終わりましたね。予選リーグ突破して、決勝トーナメント初戦で敗退という感じですね」

邦丸「高校なんか声かかったんじゃないの?」

たくみ「それがですね、かかんなくて。僕はスタメンだったんですけど、他のメンバーなんかは推薦かかったんですが、僕全然声かかんなくて。茨城県立鉾田第一高等学校という、鉾田で一番頭いいところにバスケ推薦で行ったんですけど、なんつーんですかね、(強豪校から)推薦来てたけど、近所の学校行った方がカッケーかなっていう雰囲気を出してました」

邦丸「ハハハハハハハ!!」

そんなカミナリのお2人、高校時代はどうお笑いと向き合っていた?

たくみ「高校は別だったんですけど、元々家近いというのもあるし、その時にちょうど携帯電話のテレビ電話が普及し始めた時なので、昼休みは毎回まなぶにテレビ電話かけて、『今日の午前中、こういうやり方で友達笑わせたよ』っていう報告し合ってたっていう」

まなぶ「お笑いのスキルが落ちてないかどうかを確認してました」

邦丸「2人はそもそもがお笑いが好きだったわけでしょ?」

たくみ「お笑い好きっていうより、笑わせるのが好きだったんです。だからお笑い芸人の番組観てるとか詳しいというのはまったく無く、ただ人を笑わせるのが好きっていう。で、そこに何故か変なプライド持ってて、僕はもちろんまなぶより面白いと思ってたし、まなぶも僕より面白いと思ってたんで、テレビ電話して『俺はこういうやり方やったかんな』っていう。で、まなぶが『俺こういうことやったら友達笑ってくれたよ』っていうから、『へえ~、友達それでよく笑ったね!』とかイヤミ言ったり」

邦丸「へえ~っ、対抗心があったわけだな!」

この後も、2人のちょっと風変わりな大学時代のお話も飛び出して、笑いの絶えない「くにまる食堂」が開店した。

「くにまる食堂」は平日朝11~13時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


くにまる食堂

くにまる食堂

月~金 11:00~13:00

番組のコンセプトは、「お昼はやさしくアクティブに」。 多様化する社会において、共通する言語は「食事」。まるで食卓を囲むような優しい時間をリスナーへ展開し…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加