ワグネルの反乱終結は“仁義なき戦い”に例えると分かりやすい?「ルカシェンコが出てきたら仕方ないなと(笑)」

ワグネルの反乱終結は“仁義なき戦い”に例えると分かりやすい?「ルカシェンコが出てきたら仕方ないなと(笑)」

Share

6月26日の「おはよう寺ちゃん」(文化放送)では、月曜コメンテーターで経済評論家の上念司さんと番組パーソナリティーの寺島尚正アナウンサーが、ワグネルの反乱終結について意見を交わした。

「兄弟頼むぞ」「分かりやした!」みたいな感じです(笑)

ロシア国内で反乱を起こした民間軍事会社「ワグネル」創設者のプリゴジン氏は24日夜、ワグネルの部隊を撤収させると表明した。ロシア大統領府はプリゴジン氏が隣国のベラルーシに出国し、ワグネルへの捜査を中止すると発表した。ロシアのウクライナ侵略が続く中で発生した反乱は、終結する見通しとなった。プリゴジン氏は、モスクワまで約200キロ・メートルに迫っていたワグネルの部隊について、「引き返すよう指示した」とSNSで説明した。「流血の事態を回避するため」とした。ロシア大統領報道官は、ロシアのウクライナ侵略に協力している隣国ベラルーシのルカシェンコ大統領がプーチン露大統領との仲介役となり、24日にプリゴジン氏と電話で協議したと明らかにした。その結果、ロシア政府とワグネルは、プリゴジン氏がベラルーシに出国する一方で、ロシア情報機関「連邦保安局」が23日夜に着手した「武装反乱を扇動した容疑」での捜査を中止することで合意した。反乱に参加したワグネル戦闘員の罪は問われないことになった。プリゴジン氏の安全な出国は、プーチン氏によって個人的に保証されているという。

「上念さんはどうご覧になっていますか。」(寺島アナ)

「♪デンデンデンデン、デンデーンデーンデーンってやつですよ。」(上念氏)

「なんですかそれ?」(寺島アナ)

「仁義なき戦い。これで理解すると分かりやすいんです。要はプリゴジンがプーチン親分に、「自分は色々頑張ってやってんのに、親父はいつもゲラシモフの兄貴とかショイグの兄貴ばっかり贔屓にしてやってられん。親父、俺のこと分かってください!」って言って、手勢を連れて組事務所にカチコミしようとしたわけです。それでてんやわになって「本当に来るんか?プリゴジン」と思ったら、ルカシェンコのオジキが出てきて「ここはワシの顔を立てて丸く収めてつかあさい」みたいな。オジキが出てきたんだったら仕方ねえなと。プリゴジンはオジキが預かることになって「兄弟頼むぞ」「分かりやした!」みたいな感じなんですよ。(笑)」(上念氏)


「おはよう寺ちゃん」は平日朝5~8時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

で開く

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


おはよう寺ちゃん

おはよう寺ちゃん

月~金 5:00~8:00

その他の主な出演者

NOW ON AIR
ページTOPへ