1月22日の「キニナル」。

テーマは、この時期にありがたい、
「カイロ」です。


IMGP0084a.jpg


メッセージテーマは、


「あたたか~い話」です。


身体は「カイロ」で、あたたか~く。
心はメッセージであたたか~くしてください。

あたたかければ何でもオッケー!
今回は、超豪華な「あたたかい」プレゼントも!


たくさんのメール、お待ちしています。


―――――――――――――――――――――


メール kininaru@joqr.net


FAX 03-5403-1151



15日のキニナルは、
庶民の味方、「もやし」にフォーカス!


もやし9.JPG


年々、野菜の価格が高騰している中、
唯一ずっと変わらぬ味、そして価格で、
存在し続けてくれています。


なんと1袋40円のもやしなんかは、
高級品と呼べるほど。


そんなありがたい「もやし」を求め、
我々が向かった場所は、
栃木県日光市!


栃木県はもやしの生産量が日本一なんです。
この番組ではやたらと栃木に足を運びますが、
それだけ、栃木はキニナル的要素が詰まった
エリアということですね。


訪れたのは、
富士食品工業株式会社。
アメリカにももやし工場を構えるほど
大きな規模の会社です。


もやし1.jpg


お話伺ったのは、工場長の高山さん、
総務部の山城さん。
どちらもハンサムなスポーツマンです。

もやし7.jpg


まず、そもそも「もやし」は、
植物の名前ではないとご存知ですか?


動詞「萌える」の名詞形だったんです。
主に穀類や豆類の種子を水に浸し、発芽、成長させたもの。


そして、豆も「緑豆もやし」と「黒豆もやし」の
2種類を作っているのです。


もやし3.jpg


驚きなのが、こんなに安いもやしにも
栄養がたくさんあるということ。
大豆もやしの場合、種子の状態では
ほとんど含まれていないビタミンCが、
発芽後にはなんと5倍になるんです。
また、肥満や動脈硬化の予防に効果のある
ビタミンB2も3倍に増加する。
さらに、低カロリーなのでダイエット食品として
注目をあびているのです。


作り方もビックリ!
平面上に豆が並べられ、規則的に育つのかと思いきや、
暗室で膝下ぐらいの高さに無造作に敷き詰められて
栽培するんだそうです。


もやし6.jpg


それなら僕でも!
ということで、豆をいただいて、
眞善も自宅でもやし作りに挑戦!
高山さんの話だと、1週間から10日ほどで
もやしができるとのこと。
その通りに1週間育ててみた結果!


もやし11.JPG


全然ダメでした~。
一応、発芽はしてるけど・・・


ということで、スタジオでは、
スーパーで購入したもやしを使用し、
2人に簡単料理を作ってもらいました。


まずは西川アナ!
西川さんはもやしとしめじのナムルです!


もやし13.JPG


眞善も「美味しい」と一言!
居酒屋のお通しとかで出てきそうな感じです。


続いて眞善は・・・
レンジで出来るシャキシャキもやしです。
さらにもやしを入れてラップはせず、
1分間チンするだけ!
シャッキシャキのもやしが完成!
後は、お好きなタレと合わせて食べるだけ!


もやし14.JPG


あまりの美味しさに西川アナ、
豆をばらまく始末・・・

もやし12.JPG


簡単で、安くて、美味しい「もやし」。
ぜひ、皆さんも試してみてください!


もやし4.jpg


そして、YOU GOT ME では、
眞善の大好きなカメラについて!
眞善が生まれた年のフィルムカメラを
熱く語っていました!


もやし16.JPG


カメラも技術が進み、簡単に何枚でも撮れる時代ですが、
フィルムカメラで撮影しようとすると、
自然とみんなが集まる!
そして1枚を大切に撮ろうとする。
これこそ、本来のカメラの在り方ですね!


寒い日が続きます!
お身体には気を付けてお過ごしください!
来週は、「あたたかい」ものを特集します。


もやし15.JPG


●公式Twitter●

文化放送 キニナルの公式ツイッターが
新たに立ち上がりました!

次週の予告や、番組の模様など、
随時アップしていきますので
チェックしてみてください。


検索「文化放送 キニナル
検索「@1134kininaru


#1134kininaruで、つぶやいてま~す!


1月15日の「キニナル」。


テーマは、庶民の味方「もやし」です。

FullSizeRender1.jpg


そして、メッセージテーマは、
「庶民の味方と言えば?」です。


「豆腐と納豆!お金の無い学生時代に
 お世話になりました!」


「やっぱり牛丼!安くてうまくてボリューミー」


たくさんのメール、お待ちしています。


―――――――――――――――――――――


メール kininaru@joqr.net


FAX 03-5403-1151


2017年も1週間が過ぎました。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
まだ、お正月ボケが治らないなんて方、
いらっしゃるのではないでしょうか!


そこで、気を引き締めるためにも、
今回は「ファスナー」をフォーカス!


YKK'.jpg


そして、ファスナーと言えば、ここでしょ!
向かった先は「YKK株式会社」。
そして、お話伺った場所は、本社のすぐ近くにある
ファスナーの聖地「ものづくり館」。


YKK6.jpg


ここでは、ファスナーの歴史が学べたり、
家族でファスナーを使ったワークショップで、
楽しめるスペースになっています。

YKK1.jpg


お話伺ったのは、
YKK歴34年の大ベテランであり、チャックの達人の
加藤久典さん。

YKK9.jpg


笑顔が素敵で、チャック愛に溢れた達人です。
そして、この「チャック」。
実は通じるのは日本だけだということを
ご存知でしたか?

YKK8.jpg


チャック→日本
ジッパー→アメリカ
ファスナー→英語(正式名称)


なんと、YKKの社員さんは統一して
皆、ファスナーと呼んでいます。
広報の谷口さんに関しては、
お子さんがうるさい時、「お口にチャック」
ではなく、「お口にファスナー」だそうです。

YKK17.jpg


とても美人な広報さんでした。


そして、何気なく使っているファスナーですが、
1個1個、パーツにも名前がありました。


YKK15.jpg


まず、細かい粒々が連続していますね。この粒を
「務歯(ムシ)」と呼びます。
そして、「テープ」という布部分。
さらに、取手が付いた移動させる部分を
「スライダー」と呼びます。


100年以上の歴史を持つ、このファスナーも
まだまだ進化し続けます。
水や空気を通さないモノ、
消防服に使われる燃えないモノ、
デザイン性に優れた可愛らしいモノが社員の方々の
日々のアイデアによって生まれます。


YKK10.jpg


そんなファスナー愛に溢れるYKK社員にもなると、
ファスナーを見ただけで、その服やバッグの
値段までも分かってしまうそうです。
つまりは、商品の価値に比例して
ファスナーの品質も変動するということです。

YKK13.jpg


最後に、ファスナーの達人「加藤」さんに、
ファスナーが動かなくなってしまった時の
対処法を聞いてみました。
まずは、応急処置として「油をさす」。
そして、1番大切なことは、
イライラせず、ゆっくり動かすこと。


何事も、イライラしながら焦って行動しては
上手くいかないものです。


そしてこのものづくり館、お勧めです。
ご家族、友人とふらっと立ち寄ってみてください。
帰るころにはスッカリファスナーオタクになっています。


YKK11.jpg


来週もお楽しみに!


YKK18.jpg


1月8日の「キニナル」。

テーマは、「ファスナー」です。

IMG_3898a.jpg

そして、メッセージテーマは、
「2017年、締まっていこぉ~!」です。

「2017年は気持ちを引き締めていきます!」


「お財布のチャックはしっかり閉めて過ごします。」


「口は禍の元、お口チャックで仲良く過ごしたい!」


などなど、
2017年、あなたの「しめていきたい」ことを
教えてください!


―――――――――――――――――――――


メール kininaru@joqr.net


FAX 03-5403-1151


新年、明けましておめでとうございます。
昨年同様、今年も元気に楽しく、
お届けしていきます。


そして、その新年最初の放送は、
なんと、元日の放送でした。


皆さん、お正月はどのように
過ごされていますか?


そうそう、お正月と言えば、
初詣に行ってお賽銭して、おみくじを引く。
これが鉄板ですよね。

ですが、そのお賽銭の意味、本当のところ、
ご存知ですか?


意外と知らなかったりするんです。
ということで、元日早々、お忙しい中
お正月のプロフェッショナルをお招きしました。


栃木県芳賀郡茂木町にある慈眼寺
住職の高岡さんです。


IMG_396411.jpg


穏やかだけど冗談も好きな
優しい住職さんです。


単刀直入に聞いてみました。
お賽銭ってどんな意味があるのか!


そもそもこの儀式の名前ですが、
お賽銭と呼ぶのは神社であり、
お寺では「浄財」と呼ぶそうです。

IMG_396311.jpg


また、それぞれに意味も違いがあるんです。


神社でのお賽銭の意味は、前年の幸福を神様に
ご報告し、感謝を込めてお金を投じる。


お寺の浄財は、修行の一環であり、
この1年、自分の欲(お金)を捨てます!
という意味を込めてお金を投じるのです。


きっとお願い事なんかを念じている方
多いのではないでしょうか。


その他、お正月・お賽銭に関わる
お話をたくさんしていただきました。


その言葉1つ1つに重みがあり、
説得力があり、思わず西川もメモメモ!

IMG_396511.jpg


そして話題はお正月の過ごし方に。
やはり、「お酒」ですよね~


眞善には最近お気に入りのお酒があるそうで、
その名も「八重寿」。
行きつけのラーメン屋さんで出会った日本酒です。
価格もリーズナブルで、どちらかと言えば、
庶民的なお酒。

IMG_397111.jpg


元日ということでみんなで乾杯しました。
西川アナは我慢できず、ラッパ飲み!

IMG_396811.jpg

まぁ、お正月ということで大目に見ましょう!


2017年もチーム「キニナル」。
深く、そして広く追求していきます。
岡田眞善、西川文野をどうかよろしくお願いします。



文化放送「キニナル」


今回はクリスマスである25日の放送でした。


そんなクリスマスのテーマは、
前回に引き続き、「抗菌」です。


そして、今回はスペシャルゲストが
スタジオに遊びに来てくださいました。
「株式会社抗菌研究所」大兵取締役の
丸尾茂明さんです。


IMG_8561.JPG


アメリカと日本のハーフということで、
ハリウッド俳優のようなハンサムな方。
サンタの格好とか、絶対似合います!


そんな丸尾さんをお招きして、
今回は、色々な実験をしてみました。


まずは、ホタテの貝殻からできた抗菌剤、
スカローを使用して西川アナのパンプスの
臭いを取ってみます!


まずは、脱ぎたての靴をクンクン・・・
「うん、くさいくさい!」と眞善。

IMG_4024実験.jpg


そんな臭い靴にスカローウォッシャーを
3回ほど霧吹き!


IMG_4031実験.jpg


すると・・・

IMG_4032実験.jpg


合皮の匂いしかしないではありませんか!
これには、西川もビックリ!


この液体は抗菌剤ですから、
菌を死滅させたのではなく、
菌が住めなくなったため、いなくなった!
こういう原理です!


いまではこの抗菌剤は色々なところに使われ、
着々と全国、いや、世界に広まりつつあるのです。


そして次の実験は、この抗菌剤が、
もともと練りこまれた靴です!
丸尾さん曰く、この革靴は、3年ぐらい
臭いが付かない靴だそうです。
そう、3年も経てば靴の方が先に
ダメになってしまいますよね。


この靴を特殊な顕微鏡で見てみると、
白い粒粒が確認できました。


IMG_4020実験.jpg


これこそが、ホタテの貝殻からできた
抗菌剤の粉末です。


これらの商品は、
抗菌研究所のHPからでもオンラインで
購入できますので、ぜひ、チェックしてみてください。


さぁ、皆さん。
お正月まであとわずかです。
元気に楽しく過ごすためにも、手洗いうがい、
除菌・抗菌をしっかりして備えましょう!


そして、元日の夜にまた、ラジオでお会いしましょう!


それでは、良いお年を!


IMG_4016集合.jpg


12月25日の「キニナル」。


テーマは、前回に引き続き「抗菌」です!


なんと今回は抗菌のプロが遊びに来てくれます。


IMG_3988西川臭い.jpg
IMG_3989眞臭い.jpg

そして、25日はクリスマス!


ですが・・・


同時に、キニナル、2016年最後の放送です!
ということで今回のメッセージテーマは、


「2016年、最も気になっちゃったニュース」!


「やはり今年はオリンピック!
 特に男子400mリレーのメダルは感動的!」


「大流行したポケモンGo!
 何であんなに人気なのか、キニナル~!」


「『PPAPのピコ太郎、誰なのかキニナル~!」


などなど、
あなたが2016年、最も気になったニュースを
教えてください!


―――――――――――――――――――――


メール kininaru@joqr.net


FAX 03-5403-1151


文化放送「キニナル」


気がつけば、12月も後半です。
来週の日曜はもうクリスマス。
再来週はお正月!


そんな楽しみがたくさんある一方、
ノロウイルスが各地で猛威を振るっていますね~。
眞善もつい最近まで、体調を崩していました。


さらに、病原性大腸菌O157が原因の集団食中毒も
発生しています。
この原因はただ1つ!細菌が原因です。


そこで今週は、「抗菌」がテーマです。
そもそも「抗菌」とはどういう効果なのか。
気になって足を運んだのは栃木県、那須塩原市の
抗菌研究所!


そう、抗菌においてのプロフェッショナルです。


FullSizeRender(1)(2)(3)(4).jpg

抗菌剤などを作っている会社で、こちらの代表取締役、
丸尾茂明さんがまた、ハンサム!
常にアイデアを考えては実験!まさに発明家というような方。

IMG_8561.JPG


まず、キニナルのが「抗菌」ってなに?
簡単に教えてくださいました。

「抗菌」・・・「菌の繁殖を防止する」という意味。
「殺菌」・・・「菌を殺す」つまり死滅させるという意味。
「滅菌」・・・まさに「全滅」無菌状態にすること。
「除菌」・・・菌の数を減らし清浄度を高めること
「減菌」・・・菌の量を減少させる、という意味


効果の高い順にいうと、
「滅菌」「殺菌」「除菌」「抗菌」「減菌」
ということになります。


その中でも「抗菌」を専門的に研究するのが「抗菌研究所」。


社内を見学させてもらうとまさに想像していた
空間が広がっていました。
白衣を着て顕微鏡を覗いている社員がいたり、


FullSizeRender(1).jpg

試作中の商品を片手に歩いている役員の方がいたり。
精密機械があったり、
まさに研究所といった感じ。

FullSizeRender.jpg


そして、ここの看板商品である、抗菌剤はなんと、
ホタテの貝殻で作られているというから驚きです。


ホタテの貝殻を独自の技術で焼いて加水処理をして
粉にしているのです。


その抗菌剤の名は「スカロー」
強アルカリ性の力で、細菌を分解し、
抗菌・消臭・酸化防止という効果が高く期待できる。


IMG_8543.JPG


このスカローが凄い!
眞善が毎日履いている革靴。
スカローを2プッシュしただけで、
一切臭いが消え去ったのです。
つまり、臭いも一種の菌によるものということです。


この結果を受け、僕らは思いついたのです。
「そうだ!西川さんの靴でやってみよう」


ということで、スタジオでは
西川さんのブーツの臭いをチェック!
眞善も、ADも「・・・。」


IMG_3988.jpg


IMG_3989.jpg


ということで、次回!
クリスマスはサンタさんではなく、
丸尾さんがスカローを持って遊びに来てくれます。


そして西川さんの臭いを消し去ってくれます。


お楽しみに!


IMG_3975.jpg

【キニナル的 車のススメ】


今回、キニナル取材班が長距離取材のお供に選んだのは、
マツダアクセラハイブリッド。


IMG_3981.jpg


そりゃーもちろん、長距離走るなら、
少しでも、燃料代やすくあげたいではないですか。


前週までに、なぜか番組全員で石川県まで
飛行機で取材行っちゃいましたから、
そりゃ、制作費ひっ迫してるってもんです。(笑)


で、ならば、燃料代、かるーく済むほうがいいなと。
それでいながら、取材チーム男3人衆が
安心して移動できる車。


しかも、楽しみながら、安全に。


じゃあ、プリウス??
いやいや、あまりに王道過ぎるでしょ。


あまりに主流に乗ってしまうということを
好きではないこの番組は、
うん、リスナーの皆様だってそうでしょ。
ということで、プリウスじゃないハイブリッド。
しかも良きライバルでもある、
アクセラセダン、ハイブリッド~!


FullSizeRender(1)(2)(3)(4)v.jpg


早速マツダに連絡してアクセラのチョイスを伝えると、
マツダコダワリのマシーングレーという
ボディカラーの一台を用意してくれました。


なんでもこのマシーングレープレミアムメタリック、
今年の夏過ぎに発売した新色でありながらも、
アクセラの21パーセントの受注比率。
それだけ、クルマを美しく見せるカラーというのが
存在している証拠でしょう。


マツダ曰く
『このカラーは機械の持つ精緻な美の追求をテーマに、
強い陰影のコントラストと緻密さを高次元で両立することで、
あたかも鉄の塊から削り出したかのような
リアルな金属質感を実現。
匠塗りのさらなる進化が生んだ、
まさに熟練した職人の手塗りにも迫る金属の質感。
高精度で規則的に並んだ輝度アルミフレークが、
滑らかかつシャープにハイライト分を輝かせる。』
とのこと。

FullSizeRenderp.jpg

横浜のマツダの研究所でコイツとであったときには、
『ほほー、こだわりのグレーなのね!』な印象でしたが、
だんだんと、色に対する愛着が、
ほんの数日の付き合いでも変わってきたくらい。


それはさておき、
お借りしたアクセラハイブリッド、
運転席に体を滑り込ませると、
気持ちいいくらいにフィットして落ち着く。


おおお、いいじゃん。


でも、発進のさせ方がわからない。
そう、普通のアクセラとはシフトレバーが違うのです。
そこは丁寧にアクセラハイブリッドの開発主査である
柏木さんに丁寧に教えて頂きました。

一通りのレクチャーが終わると、一人だけの空間になり静寂が。
そこでメーターパネルに目をやると、
残走行距離822キロの表示。


え、コイツは一回の満タンで800キロ以上走れるのかと、
うらやましくもなり・・・


いざ、走らせてみると、走った距離分、
そこからマイナスされないではないか!
そう、僕はハイブリッド経験がそんなに多くないので、
ハイブリッドに乗ると、すかさずハイブリッドの領域を多用して、
その新鮮味を堪能してしまうことから、かなーりエコな運転で、
『エンジン始動させずに走行ゲーム』を始めてしまっていた。


すると、横浜市内なら、速度50キロ近くまでは、
電池とモーターだけで不自由なく走ってくれる。
で、またそれが快感でもあり、そんな走りばっかしてるから、
ガソリンは使わない。
ゆえに残走行距離がほとんど減らない事態に。(笑)


じゃあ、それでもバッテリーは使ってんだから、
そっちがなくなるだろ!ってなツッコミ、大歓迎です。
コヤツには回生ブレーキなるものがついておりまして、
物体が動いているエネルギーを充電に使うカシコイ奴なのです。


つまりは、ブレーキかけると、発電される。
それを効率よく使ってると、これまた新たにエネルギーを貯めて使うので、
総消費は少ないわけです。
またまた、僕の中では『ブレーキで発電ゲーム』
まで始まっちゃっていたのでありました。


その日は距離にして20キロほど走りましたが、
メーター表示で減ったのは5キロほど。
まあ、とにかく恐れ入りました。


でも、取材行程では、
そんなにハイブリッドばかり楽しんでいられないから、
普通に意識せず走ります。
しかも、ハイブリッドカーが、
その恩恵をあまり享受させてくれないという
高速道路が主戦場。


でも、走りそのものについて、普通に走ってみて
「いい車だな」と感じる。
なんだか根拠のない安心感。


つまりは、しっかりしているんだろうね。ボディが。
それが根拠になる。


IMG_3982.jpg


この後日、まだ新しい状態とも言える
ラクティスに乗ったのだけど、同じ『固めのサス』でも、
まったく違うなと。
安心感が、まったく違うのですよ。


アクセラと比較しちゃうと、気持ち悪い安心感のない硬さがある。
アクセラの硬さを知らなきゃ良かっただけなんです。
それなら幸せ。


おっと、ラクティスの話ではなく、
アクセラです。ハイブリッドです。


高速メインでの燃費は22キロチョイ。
優秀じゃありませんか。
2リッターのエンジンでですよ。
ハイブリッドが機能することなく、気持ちよく走ってくれます。


IMG_3985.jpg


今回、一般道もそれなりに走ってみて、
細かい段差も心地よくいなしてくれて、
すごく良く調教された馬に乗っているような感覚。
まさにロードスターでマツダが追い求めている感覚が、
このクルマにも生きづいているんだなと感じられたわけです。


那須から帰り道の東北道、時間はもう暗くなっている頃でしたが、
サービスエリアで遠くからこのクルマを見た時、
自分が乗ってきたクルマだということを忘れて、
『綺麗な塊』という目線で、
このアクセラハイブリッドを見つけてしまいました。
マシーングレープレミアムメタリックの魔力です。


FullSizeRender(1)a.jpg


さてさて、ここまで、書いてきて、なんですが・・・


欲しいかといわれると、僕はそうではない。
お値段が240万円くらいから280万円。
今の僕には、生活スタイルと照らし合わせて、高価なのです。


280万円出せば、アテンザのガソリンだって
チョイスできちゃって、思いっきり見栄張れます。
400万円のアテンザと、同じアテンザではあるのですから。


一方、デミオならば、選択肢に杯って、
半額くらいで小粋に乗り回すのも、それまたお洒落。
※あくまで、僕の場合ね。

僕のAZワゴンはロードバイク乗せられて、寝られるのに、
アクセラハイブリッドは、それが出来ない・・・。
つまりは、今の僕の生活スタイルには似合わないので
そこが高価...ということ。


じゃあ、どんな人がアクセラハイブリッドだと、カッコイイか。
まず、20代女性、お父さんお母さんに買ってもらってください。
彼氏が出来たとしても、喧嘩にならずに、
素敵な女の子でいられます。そして知的です。
お母さんと一緒に使ってください。
街中メインで使っていれば、
あなたがガソリン代を払うことはまずないでしょう。
その分のお金を自分に使えます。お洒落してください。
まさに、これからの自分を輝かせてくれるクルマ
と言う事が出来るでしょう。


それから、子供たちが巣立って、もう大きい車じゃなくてもいい。
夫婦二人のための時間をこの車で!
夫婦二人でドライブ旅行いっぱいしたい!!
と考えている夫婦、素敵じゃないですか。
いざとなれば、友達も快適に乗せられます。
夫婦二人で、初めて訪れる場所、いっぱい見つけてください。


それでいて、移動中の運転も快適に楽しめて、
ランニングコストも抜群ですから、
あの運転席・助手席の空間ならば、楽しい時間が生まれそうです。


IMG_3984.jpg

そして、クルマとしての造形、塊感、デザイン、
そこかしこに、平面ではない、コダワリと上質さを味わえる。
そりゃ、ドイツやイタリアあたりのクルマの雰囲気と勝負出来るはず。
つまりは、カッコいいわけです。


中尾彬さんなんかが乗ってたら、超オシャレ。
ベンツなどに乗ってる中尾さんより、大人な中尾さんに見える。
そう言う印象。


ちなみにキニナル20代男性ディレクターなんかは、
あまりの格好良さに、SAでの休憩中に
何度もキーの開閉ボタンを押しては「俺の車だ」アピールを
する始末。
これも、結局は魅了された結果。


移動手段・・・の箱!
・・・でなく、
アクセラは、『運転するクルマ』なんです。


そして、僕にはまだ早いけど、本質をわかっている方々には、
似合うクルマなのでしょう。



「キニナル」では、


お正月を迎えるにあたり、


お賽銭に関する疑問や、お坊さんに対する


質問、相談を募集しています。


メッセージテーマは、


「お正月の気になること」です。


お待ちしています!


―――――――――――――――――――――


メール kininaru@joqr.net


FAX 03-5403-1151


―――――――――――――――――――――





日常生活の中で、何となくふと「気になった」コトやモノ、ありませんか?
「あの商品はどうやって作られているのだろう?」「なぜ、あの店はいつも行列ができているのだろう?」「最近よく耳に するあの噂話は本当なのだろうか?」 この番組では、そんなちょっとした興味や好奇心を共有していきます。
それを現象としてただ伝えるのではなく、パーソナリティ・岡田眞善がその現場に赴き、見て、聞いて、感じたものをリス ナーの皆さんにお伝えします。
俳優・プロカメラマンとしても様々な活動をしてきた「エネルギッシュすぎる超庶民派ラジオパーソナリティ」の眞善さ んが日曜夜のゆううつ感を吹き飛ばすワイド番組です。


岡田眞善


西川文野