今週の「キニナル」

テーマは・・・

「交通標識」

S0263041 (2).JPG


「夜でもハッキリ見えるのは何でだろう・・・」

「こんな面白い標識があった・・・」

「標識のおかげで目的地まで辿りつけました。」

そんな、「交通標識」に関するメッセージ、

お待ちしています。


メール kininaru@joqr.net

FAX 03-5403-1151



文化放送「キニナル」

今回のテーマは「夏散歩」!

IMG_2104.jpg

皆さんが大好き!?
か、分かりませんが「夏」がやってきました。
皆さん、夏、楽しんでいますか?
また、どんな楽しみ方してらっしゃいますか?
海?
川?
BBQ?
夏は色んな楽しみがあります。
そこで、我々キニナルは、こんな楽しみ方を
してみました。

IMG_2077.jpg
IMG_2046.jpg


そう、夏の海散歩と町散歩です。

まずは、海散歩!
でも海散歩とは何なんだ!?
そうお思いの方も多いでしょう。
海の散歩、つまり船に乗って夏を味わうのです。

IMG_2100.jpg

向かった先は東京は浜松町駅から徒歩でおよそ
5分のところにある、東京湾納涼船!

IMG_2069.jpg

今回は楽しい企画と聞きつけ、西川アナも参戦。

この東京湾納涼船は浜松町をスタートし、
レインボーブリッジやお台場の夜景を楽しみながら、
羽田空港で折り返す、ロマンチックな船の旅です。

船に乗り込むと、もう凄い盛り上がり!
当日はおよそ1400名のお客さん。

IMG_2078.jpg

そしてとりあえず、我々も広報の太田さん内山さんと
カンパイ!

IMG_2075.jpg

最上階のデッキではDJがマイクを握り
盛り上げたりも・・・

IMG_2085.jpg

さすがはプロのカメラマン。
写真を撮ってあげつつもしっかりと
女性と楽しいお話をする眞善。

IMG_2071.jpg

各フロアには、飲み放題のビールや
サワー。

IMG_2114.jpg

そしてチケットで購入できる
食べ物が豊富にそろっています。
西川、ケバブを食らいます。

IMG_2094.jpg
IMG_2089.jpg

さらにハバネロを入れてもらい
食らう眞善。

IMG_2090.jpg

極めつけは何といっても
東京の夜景です。

IMG_2119.jpg
IMG_2121.jpg

西川もその景色には
うっとりです。

IMG_2115.jpg

そして、我々がこうして、何の危険も
感じずに船の上で楽しめているのも
船を安全に操る船長さん、そして
スタッフの皆さんがいてのこと。
船長さんにも特別にお話伺うことができました。
財産である「船」そしてスタッフの命、
何よりお客様の安全を守る責任がある!
と力強いお言葉をいただきつつも、
「でも、そんなことは考えずに
楽しんでいただければ何より」と
優しい表情でお話してくださいました。

IMG_2109.jpg

暑い夏、ちょっとだけ非日常を味わってみたい
という方はぜひ、この東京湾納涼船で
涼しい夏を満喫してみてください。

IMG_2106.jpg
IMG_2105.jpg

そして、次は夏の街散歩。
今回は蔵前駅周辺をお散歩。
その中でも、昔ながらの駄菓子の問屋さんに
お邪魔しました。
その名も芝崎商店。

IMG_2046.jpg

中に入ると、夢のような世界が
広がっていました。

IMG_2044.jpg
IMG_2045.jpg

お菓子・おもちゃ・お菓子
子供たちの楽園です。
しかもどれもこれも安い!

眞善を始め取材陣の男たちは皆、
取材を忘れ夢中で懐かしのモノを
探してしまう始末。
眞善も終始、オモチャで遊んでいました。

IMG_2052.jpg

しかし、年々、駄菓子屋さんは減ってきており、
町の行事や育成会なででしか、あまり売れなくなって
来ているのだとか・・・
そんな駄菓子の世界!
もっと深く広いところまで取材したいものです。

IMG_2055.jpg

今回は番組にプレゼントもいただき、
実際に西川アナにも遊んでもらいました。
駄菓子はなぁ・・・と思ったら、
大好きだそうで、いただいたおもちゃも
気にいり、家に持ち帰っていきました。

IMG_2133.jpg
IMG_2138.jpg

そーしーて、7月17日は眞善の誕生日~!
キニナルチームからは、眞善の大好きな
シャープ・プラズマクラスターのトイレに
設置するタイプをプレゼント!

IMG_2136.jpg

また1つ歳を重ねた眞善を
どうか今後ともよろしくお願いします!


今週の「キニナル」

テーマは・・・

「夏アレコレ」


IMG_2104 (2).jpg


「毎年、夏は決まってアソコに行きます。」

「夏と言ったらアレでしょ。」

「夏の爽やかな思い出・暑苦しい思い出」

そんな、「夏」に関するメッセージ、

お待ちしています。


メール kininaru@joqr.net

FAX 03-5403-1151


文化放送「キニナル」

今回のテーマは「工場見学」!

IMG_1971.jpg

小学時代の社会科見学など、
1度は工場見学という体験をしたことがあるという方
いらっしゃることでしょう。
この番組の原点でもある生産の現場に、
今回、足を運んでみました。

そして、今回、西川アナもスタジオを飛び出して
取材へと同行してくれました。

IMG_2033.jpg

向かった先は栃木県!
そう、眞善が大好きな栃木県は那須塩原市!
どんな工場かと言うと、「紙」を作っている
工場です。
那須製紙株式会社。

IMG_1974.jpg


紙と言っても様々ですよね。
この会社では主に、「襖紙・壁紙」を製造しています。

IMG_2009.jpg

さらに、襖紙に関しては、シェア日本一!
いや、世界一と言っても良いでしょう!
つまりは、皆さんのご自宅にある襖紙は、
この那須製紙で作られたモノの可能性が
限りなく高いのです。
ただ、悔しいのが、紙はまっさらの状態で
出荷しなくてはならないということ。
つまり、那須製紙で作ったという証を
製品に表すことができないのです。

しかし、社長の城田さんを始め、従業員の皆さんは、
誇りを持ってお仕事されています。

IMG_1970.jpg

そんな紙が製造される場所、
工場見学をさせていただきました。
人生初のヘルメットに若干、ぎこちなさも
感じますが、意外に似合ってました。

IMG_1998.jpg

工場内に入ると、見たこともない光景が
一面に広がっていました。

IMG_2012.jpg

何となくは紙の原型は知ってはいたものの、
こんなに大きなタンクに入ると迫力があります。

IMG_2015.jpg

そして、髪は濡れた状態で張り合わせ、
大きなロールで回転させながら乾燥させていたんです。
そして、なにより、規模がデカすぎます。

IMG_2011.jpg

我々が普段使う紙の何百倍も大きいサイズの紙が
工場には広がっていました。

IMG_2003.jpg

小学生の時に工場見学して以来という
西川も終始、驚きと疑問の連発でした。

IMG_2004.jpg

この那須製紙は、ISO14001を取得するほど、
エコにも特化した工場で、この紙もすべて
古紙を再利用しているんです。
そしてまわりは、田んぼ。
ご近所の農家さんにご迷惑はかけられないと、
キレイに浄化して排水しています。

IMG_2006.jpg

人間にも地球にも優しい紙を製造する那須製紙、
恐れ入りました。

IMG_2001.jpg
IMG_1980.jpg

そして、今回の取材は栃木県の那須塩原市。
那須塩原と言えば有名なのが、「温泉」ですよね。

もちろん、宿泊先も那須塩原の温泉宿。
ご存知の方も多いことでしょう。
「大江戸温泉物語 ホテルニュー塩原」に宿泊しました。
リーズナブルな料金では考えられないほどの
お部屋・料理・お風呂にスタッフ一同、大満足でした。

IMG_1958.jpg

他にも、那須塩原には魅力的な温泉がたくさんあります。

IMG_1962.jpg

ぜひ、皆さんも、本物の温泉を味わいに
那須塩原へ遊びに来てください!


今週の「キニナル」

テーマは・・・

「工場見学」

IMG_1971 (2).jpg

「小学生の時に行った工場の思い出」

「工場見学に行ったあの工場、今では社員に!」

「こんな工場行ってみたい」

そんな、「工場見学」に関するメッセージ、

お待ちしています。


メール kininaru@joqr.net

FAX 03-5403-1151



文化放送「キニナル」

今回のテーマは「お茶づけ」!

P1050365.JPG


先週のぬか漬けに引き続き、

今回も、夏にこそ、食べたくなるもの。

皆さん、お茶づけはどんな時に食べたくなりますか。

また、どんな食べ方をしていますか?

「お茶づけ」と言ったらこの場所!

永谷園に足を運びました!

IMG_1880.jpg

今回お話を伺ったのは、

永谷園でも、お茶漬け愛が人一倍ある3名。

大山さん、久我さん、萩尾さん。

そして彼らが働く永谷園本社には

たくさんの商品がずらっと並んでいました。

IMG_1877.jpg

お茶づけが大好きな眞善、

数々の商品の前でテンションアップです。

P1050324.JPG


さっそく我々は、お茶づけのプロ、

永谷園の大山さんに正しいお茶づけの

作り方を教わりました。

まずはびっくり!

なんと、お茶づけの袋の裏面に、

しっかりと正しい作り方が記載されていたんですね。

当然と言えば当然ですが、

意外と見てなかったり・・・

そこにはご飯の量からお湯の量まで

しっかりと書かれています。

①温かいご飯100グラムを用意
②お湯を150ミリリットル用意
③好きな味のお茶づけの袋の上部を持って振る
→この振る作業が意外と大切(笑)

P1050346.JPG

④切り口をあけ、ご飯の真ん中にササッとかける
→ドバっとではなく、ササッと!
⑤お湯をゆっくりと注ぐ

P1050327.JPG

これで完成です。
ご飯をほぐすように召し上がってください。

P1050351.JPG

眞善も取材だけで4杯ほど、いただきました。

P1050339.JPG

そんな永谷園のお茶づけ。

売れ筋ランキングもあるんです。

第5位・・・わさび
第4位・・・たらこ
第3位・・・梅
第2位・・・鮭
第1位・・・海苔

この1位の海苔は不動で、大人から子供まで
発売当時からずっと愛されています。

そして、この定番の「神5」商品の他にも

夏にピッタリの商品も存在します。

その名も「冷やし麦茶づけ」

そう、麦茶で食べる冷たいお茶づけです。

これも大山さんに作っていただきました。

P1050358.JPG

清涼感抜群で味も最高!

夏にこの商品は欠かせません!

お茶づけは欠かせない!といえば

相方の西川アナ、常にお家には

永谷園のお茶づけを常備しているそうです。

今回の取材のお土産を楽しみに待っていました。

IMG_1927.jpg

もちろん、お茶づけ、実食です。

IMG_1934.jpg

そして、この表情!

IMG_1935.jpg

幸せそうですね~

ぜひ、お茶づけを食べて、あなたもこの表情に

なってみてはいかがでしょうか。

IMG_1892.jpg

そして、YOU GOT MEのコーナーでは、

函館から、美味しいモノを持って遊びに来てくれました。

函館タナベ食品の田邉社長です!

おいしい「海鮮しゅうまい」を持って来てくださいました。

これもまた、美味しい!

今回の放送は食べてばかりの贅沢な回になりました。

IMG_1928.jpg


今週の「キニナル」

テーマは・・・

「お茶づけ」だぁ~!


P1050365 (2).JPG

「注ぐのはお茶派?お湯派?」

「我が家のお茶づけは○○だ!」

「こんなモノ入れると美味しいよ!」

そんな、「お茶づけ」に関するメッセージ、

お待ちしています。


メール kininaru@joqr.net

FAX 03-5403-1151


文化放送「キニナル」

今回のテーマは「ぬか漬け」!

IMG_1850 (2).jpg

ジメッとした梅雨、そしてこれから迎える暑い夏!
そんな「夏」にはさっぱりとしたものが食べたい!
さっぱりと言えば、「漬け物」です。
その中でも今回は「ぬか漬け」をクローズアップ!
向かったのは神奈川県川崎市にある漬物メーカー
「株式会社カサイ」。

IMG_1904.jpg

そう、カサイは地元密着の漬け物専門メーカーです。
なぜ、カサイに足を運んだか・・・
実は、眞善、1日1食は漬け物を食べるほど、
無類の漬物好きで、そんな眞善が気になって
仕方なかったメーカーがこのカサイなんです。
そしてキニナルところは他にも・・・

IMG_1901.jpg

カサイの商品にはこの顔写真付きのシールが
貼ってあるんです。

IMG_1902.jpg

このお方は一体誰なのか!?
そんな疑問も抱きつつ取材スタートです。

工場は漬物の良い香りに包まれ、
中には大勢の社員さんが、丁寧に、そして
手作業で作業される姿が!

IMG_1897.jpg

そして、今回のメイン!
ぬか漬けを漬ける大きな樽がドカンと8つ!

IMG_1895.jpg

このぬか漬けが、作業が大変・・・
こまめにかき混ぜて空気に触れさせてあげないと
すぐにへそを曲げてダメになってしまう。
それを防ぐために、毎日毎日、子を育てるように
愛情かけて手入れしていくそうです。

IMG_1853.jpg
IMG_1899.jpg

驚きなのはこのぬか、なんと50年も前から作り出され、
それから継ぎ足し継ぎ足し現在まで至っているということ。
そして当時、そのぬかを作りだした人物こそ、
商品のパッケージに貼られている顔写真の方、
そう、現社長、葛西哲夫さんです。

IMG_1902.jpg

ぬか漬けのレジェンドです。

IMG_1910.jpg

現在は現場の作業は引退されましたが、
息子さん娘さんの作業を日々、優しいまなざしで
見守っています。

そんなプロフェッショナル集団に
家庭でもできるポイントを聞いてきました。
ポイントはシンプル!
①市販の塩
②ぬか
③細かく刻んだ唐辛子
これらを混ぜて、ひたすらかき混ぜるだけ!
でもそれが難しい!
愛情を込めて毎日毎日やらなければなりません。
できれば旅行にも連れていってください(笑)

IMG_1906.jpg

それを実践するべく、西川アナにすぐ伝え、
作ってきてもらいました~

IMG_1914.jpg

まさか、そんな簡単に美味しいモノができるわけ・・・

IMG_1873.jpg

そんな眞善が恐る恐る試食!

IMG_1916.jpg

う、うまい!

IMG_1912.jpg

さすが、西川アナウンサー!

IMG_1913.jpg

と言うより、さすがカサイの教え!
ぜひ、この夏、美味しいぬか漬けを
作ってみてはいかがでしょうか!

IMG_1907.jpg


今週の「キニナル」

テーマは・・・

暑い夏にさっぱりと食べたい、

「漬け物(ぬか漬け)」!

IMG_1851 (2).jpg


「我が家のぬか漬けの定番野菜・・・」

「ぬか漬けの失敗談、成功談・・・」

「こんなモノ、ぬか漬けにしてみました・・・」

そんな、「漬け物(ぬか漬け)」に関するメッセージ、

お待ちしています。


メール kininaru@joqr.net

FAX 03-5403-1151



文化放送「キニナル」

今回のテーマは「銭湯・スーパー銭湯」!

IMG_5737 (2).JPG

じめじめとした梅雨!

皆さんはどんな工夫で乗り越えてますか?

また、どんな過ごし方されてますか?

梅雨が過ぎるのをじっと待って家で

過ごす方、雨で外に遊びに出掛けられない!

と嘆いている方!

「銭湯・スーパー銭湯」に出掛けるというのは

いかがでしょう!

そんなスーパー銭湯が気になった我々キニナル。

向かった先は日本一の店舗数を誇る銭湯、

極楽湯に向かいました!

横浜芹が谷店(設備)007.jpg

極楽湯!

皆さんも1度は足を運んだことは

あるのではないでしょうか。

そして数ある店舗の中から選んだ場所は、

横浜芹が谷店!

ここは、極楽湯の中でも、

一風変わった温泉があるんです!

その名も「黒湯」!

黒湯・・・そう、その名の通り、

お湯が真っ黒なんです!

真っ黒と言っても、灰色がかった黒とかではなく

コーヒーのような真っ黒!

しかも、天然温泉です。

横浜芹が谷店(設備)005.jpg

そんな黒湯を含め、

内湯にはサウナにジェット風呂、

露天には水素風呂から黒湯のツボ風呂、

そして、黒湯の炭酸泉と種類も豊富です。

芹が谷サウナ02.jpg

芹が谷内風呂01.jpg

芹が谷内風呂10.jpg

常連のお客さんにお話伺ったところ、

このお風呂には短くても3時間は入浴する!

とのこと。

中には、翌日の仕事を休みにしてまで、

温泉にどっぷりと浸かり、

疲れを出す方もいらっしゃいました。

もちろん、梅雨時期のじめっとした身体を

さっぱりとさせるためにいらっしゃる方も!

芹が谷風呂洗い場01.jpg

実は、キニナルチーム!

相方の西川を除いてはみんな温泉好きなんです。

取材と言いながらも、図々しく長湯させていただきました。

そして、西川アナはというと・・・

IMG_1848.jpg

どうしても、「銭湯」は苦手なんだそうです。

そこで、今回はそんな西川が銭湯に行ってみたくなる

口説き文句を大募集しました!

「入ると世界観がガラッと変わる」

「銭湯でこそ聞ける会話が楽しめる」

「足を伸ばしてゆったりと浸かれる」

など、皆さん、魅力的な口説き文句を

送ってくださいました。

そんな言葉を受け、西川も、少しは

銭湯に興味を持ったのか、

今度は行ってみようかな・・・

と一言!

銭湯が苦手な方も、大好きな方も、

ぜひ、1度足を運んでみてはいかがでしょうか!

IMG_1849 (2).jpg





日常生活の中で、何となくふと「気になった」コトやモノ、ありませんか?
「あの商品はどうやって作られているのだろう?」「なぜ、あの店はいつも行列ができているのだろう?」「最近よく耳に するあの噂話は本当なのだろうか?」 この番組では、そんなちょっとした興味や好奇心を共有していきます。
それを現象としてただ伝えるのではなく、パーソナリティ・岡田眞善がその現場に赴き、見て、聞いて、感じたものをリス ナーの皆さんにお伝えします。
俳優・プロカメラマンとしても様々な活動をしてきた「エネルギッシュすぎる超庶民派ラジオパーソナリティ」の眞善さ んが日曜夜のゆううつ感を吹き飛ばすワイド番組です。


岡田眞善


西川文野