4月2日の「キニナル」。
テーマは、「1年の振り返り」です。


眞善と西川アナがコンビを組んで1年が
経ちました~。
そこで、この1年を振り返ります!


うつる19.jpg


メッセージテーマは、
「キニナルのキニナルこと」です。


・眞善さんと西川さんのお互いの第1印象って
 どうだったんだろう~。


・キニナルのテーマって誰が、どうやって
 決めているのだろう?


・西川さんの美しさの秘密がキニナル(笑)


などなど、キニナルの気になること、
何でもオッケーです!ジャンジャン送ってください~

―――――――――――――――――――――


メール kininaru@joqr.net


FAX  03-5403-1151


―――――――――――――――――――――


3月26日のキニナル。
テーマは、「レンズ付きフィルム」です!


うつる0.jpg


ブログ更新遅くなり申し訳ありません。
現像にちょっと時間がかかってしまいました(汗)


さぁさぁ、「春」ですよ。
春と言えば卒業式に入学式とイベント事が多い時期。
となると活躍するのが「カメラ」ですよね~。


そこで、あえてキニナルでは「レンズ付きフィルム」
をクローズアップ。
皆さん、最近使ってますか~?


うつる17.jpg


何とも言えない色合いが特徴的ですよね~。
「写ルンです」と言えば馴染み深い方もいるかも!


そうです。写ルンですの生みの親、
富士フイルム株式会社に足を運びました。


うつる14.jpg


六本木のお洒落~な場所にドカンとビルが
建っていいます。
お話伺ったのは富士フイルムイメージングプロテック
代表取締役社長、岩田さんと、
富士フイルムイメージングシステムズの築地さん。


「写ルンです」を愛してやまない2人です。


うつる15.jpg


↑この写真を見ていただくと目線が・・・あれ?
という感じ!これはフイルムあるあるです。
デジカメと違って撮った写真をその場で確認できない!


そんな写ルンですは、今年で31年目!
デジカメの普及により一時期は頭を抱える時期も
あったそうですが、なんと今、中高生を中心に
再びブームが到来!


その理由はもちろん、味わいある写りです!
携帯アプリの加工とはまた違った味わいです!


うつる16.jpg


お2人曰く、フイルムには、1枚を撮るためにかける
想いがデジタルとは違う!本気になって撮れると
おっしゃっていました。
何百枚、何千枚も撮れないからこそですね!


ということで、眞善、西川には、1週間の日常と
題し、カメラを渡し、撮ってきてもらいました。
少しご紹介!


うつる23.JPG


↑眩しそうな顔だが眩しい笑顔がキュートな
眞善の娘さん~。


うつる22.JPG


↑お酒大好き!こちらも素敵な笑顔な西川アナ!


うつる20.JPG


↑そして、これは文化放送の番組前に撮った写真かな?
いかにもフイルムカメラ!というような写りですね。

うつる24.JPG


↑こちらは眞善撮影!
大好きなハーレーと娘さんをパシャリ!


携帯やデジカメと違い、「はい撮るよ~」の一言で
皆が全神経を注ぐ。それも魅力的ですね。


さて、今年度も来週で最後です。
1年間番組をつくってきたスタッフたちを
フイルム写真でご紹介します~!


メインパーソナリティ―岡田眞善!
↓↓↓


うつる6.jpg


アシスタントの美・西川文野アナ!
↓↓↓


うつる2.jpg


そして2人~!
↓↓↓


うつる1.jpg


2人の声を支えるミキサーのさとしんさん~!
↓↓↓


うつる8.jpg


AD北林さん~と作家の金巻さん~!
↓↓↓


うつる4.jpg


打ち合わせ~
↓↓↓

うつる10.jpg


おにぎりを食べる西川~
↓↓↓


うつる9.jpg


また来週~!
↓↓↓


うつる19.jpg


17.3.26 ON AIR MUSIC
M1 桜 super love/Sunny Day Service
M2 フィルム/星野源 
M3 青いシネマ/日食なつこ
M4 Photograph/Nickelback 


〇番組オリジナルステッカー〇
番組のオリジナルステッカーができました。
色は【赤・黒・紺】全部で3色。
【赤・黒】は、メッセージをくださった方の中から、
毎週1名様に!
【紺】は、番組Twitterにメッセージをくれた方の中から、
1名様にプレゼントします!


●公式Twitter●
検索「文化放送 キニナル」
検索「@1134kininaru」
メッセージは「#1134kininaru」を付けて
お送りください!


26日の「キニナル」。
テーマは、「レンズ付きフィルム」


うつる.jpg

メッセージテーマは、
「Your favorite Picture!」


あなたのお気に入りの写真、
自慢の写真を、解説と共に送ってください!


当日は眞善&西川撮影のPictureも
ご紹介しますよ~!

―――――――――――――――――――――


メール kininaru@joqr.net


FAX  03-5403-1151


―――――――――――――――――――――


3月19日のキニナル。
テーマは、「宮城県石巻の復興」です!


2011年3月11日。
東日本は、甚大なる被害を受けました。


東日本大震災!
宮城、岩手、福島を始め、大勢の方が、
被災し、多くの方の命を失いました。


決して忘れてはならない出来事。
そして、少しでも早く復興したい希望。


いしの16.jpg


先日の11日で、震災から丸6年が経ちました。
依然として避難生活を余儀なくされている方も
いらっしゃる今、
現地はどんな様子なのか、今回、
キニナルではフォーカスを当ててみました。


向かった先は宮城県、石巻市。
こちらもまた、地震・津波によって
大きな被害を受けた場所の1つ。


その中でも、「木の屋石巻水産」という
会社に密着させていただくことに。


いしの18.jpg


木の屋石巻水産は、三陸の海の幸を
缶詰などに加工している会社。


いしの11.JPG


笑顔が素敵な副社長の木村さんに
ご案内していただきながら現場を
見させていただくことに!

いしの12.JPG


特に印象的だった場所は、
石巻の山奥にある1つの小屋。
決して大きい小屋ではないが、
中に入ると、年代物のバイクたちが
ズラーっと並んでいる。


いしの19.jpg

しかし、どれもこれも、
砂や泥にまみれた後があり、
金属部分はさび付いている。
そう、あの日、津波によって流され、
もう二度と走ることができなくなった
バイクたちだ・・・。


いしの21.jpg


この中には当然、木村さんの愛車も
何台か含まれている。
大切にしていた愛車たちが津波によって
乗ることができなくなった。
しかし、捨てるのではなく、
あえて、この小屋に置いておくことで、
当時の状況を忘れないようにしたい。
また、当時を知らない人にも伝えたい。
そういう思いが、木村さん、そして、
バイク仲間にはあった。


そして、木の屋石巻水産は、木村副社長を始め、
みんな笑顔でした。
「もう笑うしかないんだよね。」
その言葉が印象的だった。


いしの10.JPG


工場長の平塚さん曰く、
「6年前はここまで復活できるとは思わなかった。
でも、社員みんなが力を合わせて前を向いた。
そのおかげで、ここまで来た。」と!


木の屋石巻水産は、
まだまだ進化する!
石巻市の先頭に立って!


いしの17.jpg


そして副社長木村さんは、
スタジオにも遊びに来てくださいました。
持って来てくださったのは、
自慢の缶詰商品!
実際に西川アナに食べてもらうことに!

いしの5.jpg


ぜひ、木の屋石巻水産の缶詰め、
食べてみてください。
缶詰めとは思えない味です!


いしの1.jpg


17.3.19 ON AIR MUSIC
M1 Try Everything/Shakira 
M2 上を向いて歩こう/Ben E King 
M3 See you again feat.Charlie Puth/Wiz Khalifa 


〇番組オリジナルステッカー〇
番組のオリジナルステッカーができました。
色は【赤・黒・紺】全部で3色。
【赤・黒】は、メッセージをくださった方の中から、
毎週1名様に!
【紺】は、番組Twitterにメッセージをくれた方の中から、
1名様にプレゼントします!


●公式Twitter●
検索「文化放送 キニナル」
検索「@1134kininaru」
メッセージは「#1134kininaru」を付けて
お送りください!



19日の「キニナル」。
テーマは、「宮城県石巻の復興」です。


いしのまき.jpg

メッセージテーマは、
「あの日から心がけていること・変化したこと」


甚大なる被害をもたらした東日本大震災。
当時の経験を踏まえて、あなたは、
どんなことを心がけていますか?
また、あれからどんな変化がありましたか?


「家族の携帯番号を覚えるようにしている」


「家には必ず非常用セットを準備している」


「震災以降、ここで大震災が起きたら・・・。
 どこへ行っても考えるようになった。」


などなど、東日本大震災についての
メッセージ、お待ちしています。

―――――――――――――――――――――


メール kininaru@joqr.net

FAX  03-5403-1151


―――――――――――――――――――――


3月12日のキニナル。
テーマは、先週に引き続き、
「みなかみ町の魅力」です!


先週はみなかみ町の自慢、
スキーを特集しました。


しかし、みなかみはスキーだけではありません。
その他、トレッキングにキャンプ、
バンジージャンプといったアウトドアはもちろん、
温泉にグルメ、フルーツ狩りも楽しめます。
春夏秋冬、四季それぞれに違った味わいが
楽しめるのです。


そこで、今回はそんな様々な魅力を
ギュギュっとまるごと
楽しんでみました。
今回も西川アナも参戦です!


まずは、みなかみの魅力【宿・温泉編】
我々取材班が今回宿泊した宿は、
明治元年創業の老舗旅館の、
「湯宿 金田屋」
なんと、今年で149年目。


みな16.jpg


歴史ある旅館ですが、
とても清潔感があります。
古いものをキレイに維持している!
そう言った感じの宿!


全部で9部屋あり、それぞれが
決して大きくはないものの、居心地抜群!


みな18.jpg


というのも、金田屋は「1人旅」を推奨する宿!
「旅の基本はやっぱり1人でしょ!」と
自信満々にお話してくださったのは、
金田屋の主、岡田さん。


みな14.jpg


ダブル岡田の2ショット。
笑顔が素敵です。
この岡田さん自身、1人旅が大好きで、
世界一周をした経験もあるとか・・・。


そんな岡田さんに案内され
夕食の時間。


みな10.jpg


出てきた料理の数々を見て、唖然!
とにかく色鮮やか!


みな22.jpg


ここで出される素材1つ1つが、
地産地消で、こだわり抜いた食材しか
使っていないんだそうです。


みな15.jpg


その味は、言うまでもありません!
眞善曰く、ここ数年でナンバーワンのおいしさ!
と豪語していました。


そして温泉は、もちろん源泉かけ流し。
24時間入りたい放題です。
さらに、この金田屋の裏手には、
4つの共同湯があり、宿泊客は
そちらのお湯も楽しめる。


みな11.jpg


観光協会の木村さんとセクシーショット!笑
この表情の理由は、源泉が62度のため、
熱がっている様子です・・・。


残念ながら西川アナのセクシーショットは、
撮影に失敗いたしました。申し訳ありません。


時間に追われながら忙しい日々を送っている方、
ぜひ、みなかみの宿でゆったり過ごしてみませんか?
そんな時は、ぜひ金田屋へ!


みな8.jpg


続いてみなかみ町の魅力【グルメ編】
今回、1泊2日という短い時間、
とにかく、色々な場所へ行きました。


1つ目は「ドールランドみなかみ」
ドール?
そう、あのドールです!


みな2.jpg


ドールが提案する体験型食育施設で、
季節ごとに、様々なフルーツ狩りが
楽しめます。
今回は「いちご」。
群馬県のいちご「やよい姫」他、
多品種のイチゴが食べ放題!


みな1.jpg


甘酸っぱくて、嫌な甘みが口に残らず、
後味爽やかなイチゴです。


館長の木内さん、ご馳走様でした。


みな12.jpg


続いて向かったのは、みなかみ町の
新スイーツ店の「ジャックザタルトファンタジー」
元ダンサーの永山さんこだわりのチーズタルトが
リーズナブルに、そしてオシャレに食べられます。
なんてったって、お店がオシャレですから!


みな6.jpg


自慢のチーズタルトは、3つの食べ方が楽しめます。
1.常温で楽しむ。
2.凍らせてアイス感覚で楽しむ。
3.焼きたてのトロッとした食感を楽しむ!
そのどれもが絶品!


店長の永山さん、ご馳走様でした。


みな5.jpg


そして最後は、お酒のお供に!
「育風堂精肉店」です!
入ってビックリ。ショーケースの上に、
肉の塊がぶら下がっているではありませんか!


みな4.jpg


なんとこれも商品!
熟成中ということです。
その肉をスライスしてできるのが、生ハム!
これは、間違いなくワイン・ビールにマッチします。


店長の須田さん、ご馳走様でした!


みな3.jpg


体験施設から美味しいグルメ、
そしてゆったり過ごせる癒しの宿!
そんな魅力がたっぷり詰まったみなかみ町。
ぜひ、遊びに行ってみてください!


みなかみ町観光協会

17.3.12 ON AIR MUSIC
M1 Basket kase/GreenDay 
M2 センチメンタルホームタウン/スキマスイッチ 
M3 おとなの掟/Doughnuts Hole 
M4 Lucky/Jason Mraz & Colbie Caillet

〇番組オリジナルステッカー〇
番組のオリジナルステッカーができました。
色は【赤・黒・紺】全部で3色。
【赤・黒】は、メッセージをくださった方の中から、
毎週1名様に!
【紺】は、番組Twitterにメッセージをくれた方の中から、
1名様にプレゼントします!


●公式Twitter●
検索「文化放送 キニナル」
検索「@1134kininaru」
メッセージは「#1134kininaru」を付けて
お送りください!


12日の「キニナル」。
テーマは、「みなかみ町の魅力」


IMG_44733.jpg

メッセージテーマは、
「1人○○」です。


「年に1回は、必ず1人旅に出かけ、
 ゆっくり、自分の人生を見つめ直します。」


「どうしても周りの目を気にして、
 1人焼肉ができません。」


「ストレスが溜まった時は、
 1人カラオケで思い切り歌います!」


などなど、あなたの「1人○○」を教えてください。

―――――――――――――――――――――


メール kininaru@joqr.net


FAX  03-5403-1151


―――――――――――――――――――――


3月5日のキニナル。
テーマは、まだまだ楽しめる
「スキー」です!


すきー11.jpg


もうすぐ春!
しかし、積雪が多い地方では
春スキーが楽しめる場所が存在します。

例えば「群馬県みなかみ町」にある、
谷川岳天神平スキー場!
社長の池田さんに案内していただきました。


すきー10.jpg


ここの魅力は何と言っても、
雪質です!
さらさらの雪で、息を吹きかけると
雪が舞い散るほど。
その雪質を目当てに海外から
楽しみに来るお客さんが多いのだとか!


そして、もう1つの魅力は景色!
ロープウェーから、そして、
美味しい料理が売りのレストラン
「ビューテラスてんじん」から見える
景色は絶景そのもの。
山々に積もった雪の風景は感動的。


すきー13.jpg


なんと、ゴールデンウィーク頃まで
春スキーが楽しめるということで、
今年行けなかった!と肩を落としている
あなた!ぜひ、天神平へ!

そしてそして、今回向かったスキー場は
もう1つ!
「ノルン水上スキー場」です。
ノルンは眞善が大好きなスキー場!
なぜ、好きかというと・・・。
若い女性が多いから!
下心満載でゲレンデin!


そしてノルンには西川アナも参戦!
スキーはなんと小学4年以来!
2人揃ってスキーに挑戦です!


すきー1.jpg
すきー2.jpg


リフトで400メートルほど上がって
初心者コースを滑りました。


すきー4.jpg


若干逃げ腰の西川アナに比べて
眞善は若い女性を探してスムーズに
降下していきました!


すきー5.jpg


ゲレンデを見渡すと、
楽しそうに教え合うカップル。
キャーキャーはしゃぐ団体。
スキーを満喫する家族で溢れていました。


そんなこともひっくるめて、
「ゲレンデマジック」なんだな!
と、感じながら帰路につきました。


すきー7.jpg


そしてスタジオには、
スキーと言えばこれでしょ!
スキー板に塗るワックスでお馴染み、
ホルメンコール中村さん
お越しいただきました。


すきー17.JPG


そのワックスの力を実演していただきました。
スキー板を用意して、何もしていない面、
ワックスを塗った面にそれぞれ、
同じ水をかけてみる!
するとどうでしょう!


すきー18.JPG


写真の左側の面は、水が浮いていて
コロコロ転がっています。
そう、そこに水が存在できないのです。
これを、雪の上で!
と想像しただけでワクワクします!


そんな中村さんも、スキーの
インストラクターのライセンスを持っていて、
スキーは大好き!


ただ、一時期に比べたら
スキー人工は減ってきている。
中村さん曰く、
「やっぱスキーは下心をもって行かなきゃ!」
とのこと。


先生!お言葉ありがとうございます。
下心をもってこれからも楽しみたいと思います!


すきー15.jpg


みなかみ町観光協会


17.3.5 ON AIR MUSIC

M1 Snow sound/Alexandros 
M2 サーフ天国、スキー天国/松任谷由実 
M3 Winter Again/GLRY 
M4 24 K magic/Bruno Mars
M5 ジュビリー/くるり
M6 悲しみは雪のように/浜田省吾
M7 大人の言うことをきけ/Nakamura Emi


〇番組オリジナルステッカー〇

番組のオリジナルステッカーができました。
色は【赤・黒・紺】全部で3色。
【赤・黒】は、メッセージをくださった方の中から、
毎週1名様に!
【紺】は、番組Twitterにメッセージをくれた方の中から、
1名様にプレゼントします!

●公式Twitter●

検索「文化放送 キニナル」
検索「@1134kininaru」

メッセージは「#1134kininaru」を付けて
お送りください!


3月5日の「キニナル」。
テーマは、「スキー」


すきー.jpg

メッセージテーマは、
「スキーあれこれ」です。


「僕にとってはスキー場が夢の国。
 だって女の子がみんな可愛いんだもの。」


「北海道出身の俺が唯一スターになれる瞬間。
 それは、スキー!」


「スキーの魅力は何と言っても
 普段では味わえない爽快感。
 そして、幻想的な景色!」


などなど、スキーに関するあなたの思い出、
事件など、お待ちしていま~す!

―――――――――――――――――――――


メール kininaru@joqr.net


FAX  03-5403-1151


―――――――――――――――――――――


26日のキニナル。
クローズアップしたのは、
歩いていても、車に乗っていても、
それこそ、電車に乗っていても、
安全に命を守ってくれる
「踏切」です。

ふみ5.JPG


あまりに身近なモノすぎて、
そのありがたみ、忘れてしまうんですよね~。
そんな「踏切」も、
踏切や周辺機器を専門に開発から製造を
手掛ける会社があるんです!


ということで、我々取材班!
神奈川県は座間市にある、
「東邦電機工業株式会社」へ足を運びました。


ふみ10.JPG


まず、到着してビックリ!
なんと会社の敷地内には
線路が無いのに、踏切が建っているんです!

ふみ11.JPG


それも夜になると点灯するのです。
これも、ただ点灯しているのではなく、
試験的な意味合いがあるそうです。


そしてこれまたびっくり!
会社の屋上には見たこともないような踏切や
信号がズラーっと並んでいました。


ふみ14.JPG


この中には世に出ることが無かった信号も
あって、貴重なものを見させていただきました。


そしていよいよ本題!
会議室に通されると、
営業本部長の村田さんを始め、
技術本部長の塩沢郎さん、設計部課長の佐藤さん
他、たくさんの方々が迎えてくださいました。


ふみ4.JPG


踏切と言えども、改めて近くで見てみると、
細かい部分まで、精密につくられ、
考えられているものです。


例えば「赤いライト」が特徴的な警報灯。
イメージとしては「赤く光って目立つ!」
それぐらいの意識で見ていることでしょう。


しかし、その警報灯も進化しているんです。
「全方向踏切警報灯」。
読んで字のごとく、全方向、360度どこから見ても、
しっかりと赤くて丸いライトを確認することができます。


ふみ6.JPG


この警報灯を生み出したのが、
この東邦電機工業だったのです。


当たり前のように存在する「踏切」。
しかし、これがもし、当たり前のように
動かなかったら、大問題に発展します。
そんな「命」を守るものだからこそ、
東邦電機工業の社員は、細心の注意を払って
お仕事されています。


ふみ9.JPG


そんな裏側の努力と想いを
感じながら踏切を渡ってみてください!


そして、踏切で何か異常を感じたら、
迷わず「非常ボタン」を押してください!


ふみ20.JPG


そして、YOU GOT ME! では、
踏切取材の後に向かった
しゃぶしゃぶ屋さん「水車園」を
クローズアップ!


中に入るとこれまたびっくり!
しゃぶしゃぶ屋さんとは思えないモノが
並んでいました。


ふみ21.jpg


先代のオーナーが歴史的なものが大好きで
集めていたそうで、今もそれはきれいに
展示されています。


さらにこの水車園。
「しゃぶしゃぶ」の元祖とも言われております。


口の中で溶ける!とはこのことか!
と言うほどのお肉の柔らかさ。
贅沢なひと時でした。


ぜひ、足を運んでみてください!

ふみ22.jpg


17.2.26 ON AIR MUSIC


M1 Lips are movin/Meghan Trainor 
M2 brunch/TRIPLANE 
M3 train/さかいゆう 
M4 ノクチルカの夜/majiko


〇番組オリジナルステッカー〇

番組のオリジナルステッカーができました。
色は【赤・黒・紺】全部で3色。
【赤・黒】は、メッセージをくださった方の中から、
毎週1名様に!
【紺】は、番組Twitterにメッセージをくれた方の中から、
1名様にプレゼントします!

●公式Twitter●

検索「文化放送 キニナル」
検索「@1134kininaru」

メッセージは「#1134kininaru」を付けて
お送りください!





日常生活の中で、何となくふと「気になった」コトやモノ、ありませんか?
「あの商品はどうやって作られているのだろう?」「なぜ、あの店はいつも行列ができているのだろう?」「最近よく耳に するあの噂話は本当なのだろうか?」 この番組では、そんなちょっとした興味や好奇心を共有していきます。
それを現象としてただ伝えるのではなく、パーソナリティ・岡田眞善がその現場に赴き、見て、聞いて、感じたものをリス ナーの皆さんにお伝えします。
俳優・プロカメラマンとしても様々な活動をしてきた「エネルギッシュすぎる超庶民派ラジオパーソナリティ」の眞善さ んが日曜夜のゆううつ感を吹き飛ばすワイド番組です。


岡田眞善


西川文野