熊谷和海 自作の音源を用意し「カービィ★マーチ」を徹底解説

熊谷和海 自作の音源を用意し「カービィ★マーチ」を徹底解説

Share

BURNOUT SYNDROMESのギター&ボーカル

熊谷和海が「妄想」を炸裂させる新番組

「BURNOUT SYNDROMES 熊谷和海

  俺の妄想を越えてゆけ!」

 

第10回が12月11日 土曜日の夜8時15分から「A&Gリクエストアワー 阿澄佳奈のキミまち!」の中で配信された。

オープニングでは、小学生時代の思い出を語った熊谷。「冬になると思い出すアニソンがある…」と語りだした。

「小学5年生の時、中学受験のために塾に入った」

「過去問の小説の中で、とあるアニメソングの歌詞が引用されていた」

「塾の先生から『この歌を知っている人がいたら、手あげてみい!』」と言われ、入塾初日の熊谷は挙手。

「立って歌え!」と言われ、その「ザ・昭和のアニメソング」を歌ったという。

休み時間になり、そのアニメにちなんだニックネームがつけられた熊谷の「人生初ライブ(?!)」。

いったいどんなアニソンを歌ったのか・・・それはタイムフリーでおたしかめを。

今回はアニソン解説のコーナー「ここからは俺の妄想です」を開催。

テレビアニメ「星のカービィ」のオープニングテーマ「カービィ★マーチ」を取り上げた。

なんと、この曲の解説のために再び「ビートを打ち込んできた」と張り切る熊谷。

「マーチとはどういうものか」を聞かせた上で、「カービィ★マーチ」のすごさをわかりやすく解説した。

音楽理論に明るくない人も、熊谷が用意したビートの「聴き比べ」をするだけで音楽・アニソンの面白さを体感できる。リアルタイムで聴いた人ももう一度タイムフリーで聴き、音楽好きやアニソン好きな人にシェア!ビートをバックに熊谷自ら歌うシーンもあり、実にぜいたくな音楽時間だった。

熊谷による「海色」の「ビートと歌詞」の解説でリスナーの度肝を抜いた、超!A&G+で11月20日配信の「キミまちスピンオフスペシャル 珍獣大戦争」が、A&GのYouTubeチャンネルにアップされた

曲を抜いたものがアップされたが、熊谷が用意したビートはバッチリ堪能できる。

リアルタイムで見ることができなかった人はもちろん、リアルタイムで見ていた人も要チェック!結末を知っていても面白さは完全保障。「面白い!」と思ったらSNSでの拡散希望だ。

草野華余子嘘とカメレオン・渡辺壮亮との死闘は、今年のラジオ史に残る名作だと断言する!

「BURNOUT SYNDROMES 熊谷和海 俺の妄想を越えてゆけ!」は、12月18日(土)まで、radikoのタイムフリーで聴くことができる。

残すところあと2回。

毎回、放送内容にちなんだ得意のイラストを描き、さらには音源を作成したうえでアニソンを解説するミュージシャンは他にいるだろうか?

ラジオマンとしてもあっぱれな「BURNOUT SYNDROMES・熊谷和海」を、最後まで楽しんでもらいたい。

(番組構成作家・大村綾人)

 

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


A&Gリクエストアワー 阿澄佳奈のキミまち!

A&Gリクエストアワー 阿澄佳奈のキミまち!

土 19:00~21:00

その他の主な出演者

「アニラジ界」を牽引する文化放送がお送りする、アニソン・ゲームソング・声優アーティストの楽曲をテーマにした、2時間リクエスト生ワイド番組です。

ページTOPへ
// 2022.04.28追加