コロナに負けるな!気合十分のレオがこどもたちに魅せた渾身の『卍ポーズ』【L-FRIENDS】

コロナに負けるな!気合十分のレオがこどもたちに魅せた渾身の『卍ポーズ』【L-FRIENDS】

Share

5月11日、埼玉西武ライオンズの地域コミュニティ活動『L-FRIENDS』の一環で、レオが訪れたのは埼玉県富士見市の保育園『ナーサリースクール☆SUKUSUKU』。同活動の中では既に“お馴染み”となったイベント『レオ・ライナと楽しく遊ぼう!』を実施するため、ブルーレジェンズ、担当スタッフらと共に乗り込んだ。

このイベントは埼玉県内の保育園や幼稚園で通年で実施しているが、園児たちへのファーストインプレッションは若干ライナの方に分がある模様。自慢の“愛嬌”を武器に園児たちのハートを掴むのも早いという。さらに、現在この手のイベントは、コロナ禍での実施で“マスコットならでは”のコミュニケーションともいえるハイタッチやハグができない日々。「どう喜ばせるか?」を試行錯誤しながらの実施で、今日はお兄ちゃんの真価が試される日だった。

使用する道具には全てアルコール消毒をするなど、万全の対策を行ったうえで園に到着した一行。レオも冒頭で行われたダンスタイムで園児たちと打ち解けると、お次は『レオ先生』の指導によるストラックアウトを実施。身振り手振りで教えるレオに頷いた園児たちは、見事に枠の中にボールを命中させていった。見事ストライクが入れば、プロ野球ファンにはお馴染み、敷田審判員の『卍ポーズ』で回答。果たしてレオのポーズの意味が伝わった園児がいたのかどうかは不明だが、こどもたちを楽しませるための気合は充分だった。

すると、イベントの終盤には園児から「また来てね~」の声。これまで目にしたことのある“大きなライオン”は、しっかり子どもたちに『レオ』として刻まれ、少しライオンズが近づいた日になったようだ。ちなみにリクエストがあれば、状況に応じて「バック転も披露する」と意気込むレオ。次にお邪魔するのは、あなたの保育園・幼稚園かもしれない。

園児のストライク投球に卍ポーズで応えるレオ(※写真はすべて球団提供)

◆L-FRIENDSの活動内容はこちら

埼玉西武ライオンズが2018年3月に立ち上げた地域コミュニティ活動『L-FRIENDS』。地域・ファン・選手・スタッフがひとつの仲間としてつながり、未来に夢をつないでいくことを目的に「野球振興」「こども支援」「地域活性」「環境支援」の4つの柱を中心に取り組みを続けている。

Share

この記事の番組情報


文化放送 ライオンズナイター

文化放送 ライオンズナイター

火~金(4月~9月) 17:55〜21:00

その他の主な出演者

2021年も文化放送はライオンズに全力青炎! ラジオの前のあなたに、歓喜の瞬間をお届けします! 【ありがとう番組40周年!】 リスナーの皆さまとライオンズに支…

ページTOPへ