「これが腰砕けになったらまた支持率落ちますよ!」みんなが言い続けた“トリガー条項凍結解”ついに「検討」へ

「これが腰砕けになったらまた支持率落ちますよ!」みんなが言い続けた“トリガー条項凍結解”ついに「検討」へ

Share

11月24日の「おはよう寺ちゃん」(文化放送)は、金曜コメンテーターで郵便学者の内藤陽介さんと番組パーソナリティーの寺島尚正アナウンサーが、トリガー条項について意見を交わした。

恐らく相当抵抗があると思います

燃料価格の高騰対策としてガソリン税を一時的に下げる「トリガー条項」をめぐり、自民党の萩生田政調会長は国民民主党の大塚政調会長ときょう協議して、岸田総理が検討を支持した凍結解除について話し合う方向で調整に入った。トリガー条項とは、ガソリン価格高騰の時にガソリン税の暫定上乗せ分、約25円を減税する仕組み。

「予算委員会で国民民主党の玉木代表が、かなりしつこくと言いますか、岸田総理にやりましょうと言ってたんですが、この辺り内藤さんはどうお感じですか?」(寺島アナ)

「ネット上では延々とありとあらゆる人が言い続け、特に寺ちゃんに出てるような人はみんな言い続けてきたことが、ようやっと検討になりました。頑なにノーと言ってたのが一応検討まで来たわけですから、これはもうぜひやってほしいですね。恐らく相当抵抗があると思いますが、はっきり言って税調会長を名乗っている宮沢某とか、財務大臣を名乗っている鈴木某とか、ああいう連中が邪魔をしたらクビにしなきゃだめです。」(内藤氏)

「岸田さんが総理としてね。」(寺島アナ)

「かつてマッカーサーがアメリカ大統領のトルーマンの意思に反していろいろやった時、トルーマンはマッカーサーをクビにしたわけです。マッカーサーはかなりとんでもない事やっていて、トルーマンが会談する時になかなか飛行機を降りずに待たせたりしたんです。その時、トルーマンがマッカーサーに対してなんて言ったかというと、君の軍歴は素晴らしいと。君が個人としてハリー・トルーマンという男をどんなに馬鹿にしても構わないけれども、私は最高指揮官なんだと。同じことを宮沢鈴木に言わなきゃダメです岸田さん。私が最高責任者で減税をすると、トリガー条項の解除を検討しろと言ったんだ。お前らが横から余計なことするなと、ちゃんと言わなきゃダメです、これでまた腰砕けになったら、ますます支持率落ちますから、破れかぶれになってもやらなきゃダメです。」(内藤氏)

「おはよう寺ちゃん」は平日朝5~8時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

で開く

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


おはよう寺ちゃん

おはよう寺ちゃん

月~金 5:00~8:00

その他の主な出演者

NOW ON AIR
ページTOPへ