最速155キロ!育成ドラ1赤上優人『力を1番発揮できる』リリーフで勝負【若獅子インタビューvol.7】

最速155キロ!育成ドラ1赤上優人『力を1番発揮できる』リリーフで勝負【若獅子インタビューvol.7】

Share

2020年ドラフトで育成1位指名を受け、西武に入団した赤上優人。大学1年生の時に投手に転向し、現在の直球の最速は155キロと力で押すことができる投手である。

今年は開幕を3軍で迎え、1日でも早く二軍に上がることを目標に、自分の武器である直球の球速を上げ、力で抑え込めるような投球を意識して練習に取り組んできた。「瞬発系のトレーニングを積んだことで、最速は153キロから155キロまで上がりましたし、アベレージは大学時代には150キロを超えることはなかったのですが、今はほとんどの試合で超えるようになりました」と手応えを感じている。

ここまで7登板の赤上だが「実戦を重ねていくなかで、ストレートは通用するなと感じていますが、それを生かすための変化球やコントロールについてはまだまだ練習が足りない部分ですね」と課題を挙げる。今、主に投げている変化球はチェンジアップとカーブだが「その2つは球速が遅いので、ストレートの軌道に合わせたフォークやカットボールを投げられるようになりたいです」と今後の展望を明かした。

「自分の持っている力を一番発揮できる」と本人の希望はリリーフ。一方で制球にはまだまだ課題が残るのが現状だ。「点差がない場面での抑えをやりたいと思っていますが、そういう場面で四球を出してしまうと、流れもリズムも悪くなってしまうので、ここぞという時に狙ったところに強い球を投げられるようになりたいです」。厳しい場面こそ自分の力を発揮できるようになれば、自ずと次のステップを踏むことができるだろう。

5月13日には同期入団で育成5位の水上由伸が支配下登録選手となった。「本人から直接聞いて『おめでとう』と言いました。だけどやっぱり負けたくない。もっと頑張らないといけないなと思いました」とここでは厳しい表情ものぞかせた。

大きな刺激があった5月。その中で静かに燃える赤上は、連投やイニング跨ぎなどができる身体の強さ、そして、マウンド上でより己を有利にさせる1球を習得し、1日でも早い支配下登録を目指すべく奮闘する。

育成ドラフト1位ルーキー赤上優人投手(※写真はすべて球団提供)

【赤上優人(あかがみ・ゆうと)投手プロフィール】
1999年2月10日生まれ(22歳)/177㎝・81kg/右投げ右打ち/秋田県出身/仙北市立桧木内中学校~秋田県立角館高校~東北公益文科大学/2020年育成ドラフト1位で西武入団

【過去の若獅子インタビューはこちら】
◆第1回=山村崇嘉選手(4月20日更新)
◆第2回=仲三河優太選手(4月23日更新)
◆第3回=豆田泰志投手(4月26日更新)
◆第4回=大曲錬投手(5月7日更新)
◆第5回=水上由伸投手(5月17日更新)
◆第6回=渡部健人選手(5月24日更新)
Share

この記事の番組情報


文化放送 ライオンズナイター

文化放送 ライオンズナイター

火~金(4月~9月) 17:55〜21:00

その他の主な出演者

2021年も文化放送はライオンズに全力青炎! ラジオの前のあなたに、歓喜の瞬間をお届けします! 【ありがとう番組40周年!】 リスナーの皆さまとライオンズに支…

ページTOPへ