この本が凄い!高田純次の人生教典!「純次と直樹」7月11日(日)放送後記

この本が凄い!高田純次の人生教典!「純次と直樹」7月11日(日)放送後記

Share

「純次と直樹」(毎週日曜日夕方5時から放送中)の7月11日(日)OA分の放送後記です!

【オープニング】
高田さんが、角川文庫の図書館を散歩した話から

浦沢「あちらの方に漫画家さん多いですからね」
高田「あ、そうなの」
浦沢「あと、練馬から所沢にかけて多いですね」
高田「なんでだろう」
浦沢「練馬と言えば、手塚先生が住われて。手塚先生の周りに人が集まって」
高田「そうなんだ」
浦沢「ちば先生と石ノ森章太郎先生と手塚先生が三角形で住んでいらして」
高田「近くにいると案外良いことあるんじゃない」
浦沢「道具、貸し借りして(笑)」
高田「(笑)」
浦沢「そういえば、昔って隣の家の醤油貸してって言いましたよね」
高田「言いましたね」
浦沢「あれって返したことあるんですかね」
高田「いまないでしょ。でもいいね、そんな時代」
浦沢「縁側とか玄関、開けっ放しですもんね」
高田「もうそんな時代はこないね」

【この〇〇が凄い!】

今回は『この本が凄い!高田純次の人生教典!』をお届けしました。
最近の人生相談コーナーでは、なんでも金で解決する高田さんに初心を思い出してもらとうと、20年近く前に出したご自身の著書をからクイズです!

**************
<第1問>
「宝くじで1億円を当てる方法を教えて下さい」

高田「とりあえず2億分を買え!」
浦沢「惜しい!」

<答え>
そこの宝くじを全部買い占めちゃうのよ。3年間これをやり続ければ、1億円当たる確率はかなり高くなるはず。

当時も、結局、金で解決しようとしていました。

**************
<第2問>
「ダメダメ上司に爆発寸前。あいつを懲らしめる、良いいたずらはありませんか?」

高田「机の中にコンドーム」
浦沢「また惜しい!」

<回答>

朝、上司より早く出社して、机の上にうんこしておくとかね。

**************
<第3問>
「将来、宮崎駿さんのような、人を感動させるアニメを作りたいのですが、今、ネタにつまっています。何か良いアイディアはありませんか?」

高田「ハウルの城とかアナと雪の女王のネタを出した」
浦沢「逆ですね(笑)」

<回答>
とにかく、世界中のあらゆるアニメからどんどんパクることだね。

**************

回答の系統は同じでも、ご自身では進化しているとのこと。
来週の人生相談コーナーでの回答にご期待ください!

今週のツブヤイター
1週間、この言葉を胸に過ごしてほしいという言葉を募集。

RN  漢方十七条
「ターザンの雄叫びがさだまさしさんの『北の国から』でした」

「今週のツブヤイター!」は
願望、妄想、標語にしたい事、美しい景色を読んだ一句、など
思いつくままに、五七五でも何でもOKです!
これまで以上に自由に、なんか面白い事を思いついたら、
どんどん投稿してください!

 

Share

関連記事

この記事の番組情報


純次と直樹

純次と直樹

日 17:00〜17:30

70歳を迎えた適当男・高田純次さんと日本を代表する漫画家・浦沢直樹さんが 異色タッグを組んだラジオ番組をやっちゃいます! 仕事にも趣味にもこだわりを持った「か…

ページTOPへ