創立から151周年。キリスト教主義の女子の超伝統校「女子学院」が創立以来大切にしていること。

創立から151周年。キリスト教主義の女子の超伝統校「女子学院」が創立以来大切にしていること。

Share

【毎週月曜更新】


教育ジャーナリストのおおたとしまさが、
有名中高一貫校の校長先生と本音でトーク。
学校の魅力や最新情報のみならず、校長先生自身が今気になっていること、
これからの子育てや教育、そしてさまざまな社会課題解決へのヒントを、
校長先生との対話から引き出していきます。

8月は、東京都 千代田区にある私立の女子校

【女子学院 中学校・高等学校】の院長、鵜﨑創先生にお話を伺っています。

対談2回目は、女子学院の歴史と教育理念について。
【対談1回目】制服が無い?自由な校風?
中高一貫の超伝統女子校「女子学院」はこんな学校

女子学院といえば、日本にある学校の中でもかなりの歴史を有する超伝統校。
1870年、アメリカからやってきたキリスト教の宣教師が
「A六番女学校」という名前で学校を開設したのが起点。
その後、1890年から現在の「女子学院」という名前に変わり、受け継がれています。

そんな女子学院が最も大切にされているのが、「キリスト教主義である」ということ。
キリスト教の考え方がいかに教育の現場に活きているのか?
女子学院で育った生徒たちがどの様に社会へ飛び立っていくのか?
そんなお話を伺いました。

「校長室訪問」最新回はコチラから聴くことができます!

女子学院 中学校・高等学校 公式HP

Share

関連記事

この記事の番組情報


【中学受験】おおたとしまさの「校長室訪問」

【中学受験】おおたとしまさの「校長室訪問」

【毎週月曜更新】教育ジャーナリストのおおたとしまさが、有名中高一貫校の校長先生と本音でトーク。 学校の魅力や最新情報のみならず、校長先生自身が今気になっている…

ページTOPへ