所得「再分配」で生活変わるか? 岸田首相「新しい資本主義」掲げる ~10月6日「おはよう寺ちゃん」

所得「再分配」で生活変わるか? 岸田首相「新しい資本主義」掲げる ~10月6日「おはよう寺ちゃん」

Share

岸田文雄首相が掲げる「新しい資本主義」への道筋は? 10月6日放送の「おはよう寺ちゃん」(文化放送)では、番組パーソナリティーの寺島尚正アナウンサーと、水曜コメンテーターの政治学者、施光恒(せ・てるひさ)氏が、これについて語り合う場面があった。

施氏「あんまり引っ越さなくてもいい社会」の実現にも期待

岸田首相が経済と社会保障政策をめぐって、新たな会議の創設や、行政機関の見直しを目指している。

注目は、岸田首相が記者会見で表明した「新しい資本主義実現会議」。早期に設置したい意向だ。この会議では、新型コロナウイルス後の経済社会の在り方を念頭に、成長戦略と分配戦略を、車の両輪と位置づけ、具体策を検討するという。

岸田首相の掲げる「新しい資本主義」のビジョン、政策について施氏は「大いに期待はしています」として、次のように分析する。

「岸田さんが新自由主義政策を転換して、新しい資本主義を実現するのだ、という話を以前からしていました。成長戦略と分配戦略を両輪と位置づけることは――もう少し必要なところもあると思うにせよ、(所得の再分配による)分配戦略のほうにも関心を持つというのは、大いに結構だと思っています。ただ、これ(新しい資本主義実現会議)は新組織というよりは、新しい審議会というようなもので、大きな組織変革ということではないと思います」(施氏)

また、成長戦略として、岸田首相は「デジタル田園都市国家構想」を掲げる。地方でのデジタルインフラを整備して、地方と都市の格差を埋めて、地方創生につなげるねらいがあるという。

「これも、けっこう期待しています。デジタルを使うことによって、あんまり引っ越さなくてもいい社会をつくってほしいですね。これは私も以前から、言ってきたことでもありますけれど。デジタルによって、地方に住んでいても、稼ぎのよい仕事や人生の機会をたくさん得られるような社会をつくっていってほしいなと思います」(施氏)

「おはよう寺ちゃん」は平日朝5~9時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


おはよう寺ちゃん

おはよう寺ちゃん

月~金 5:00~9:00

その他の主な出演者

ページTOPへ