あなたも「blue legends」としてフィールドへ! 西武公式チア、2022メンバー募集(ライオンズナイター)

あなたも「blue legends」としてフィールドへ! 西武公式チア、2022メンバー募集(ライオンズナイター)

Share

西武は1日、球団公式パフォーマー「bluelegends」の2022シーズンメンバーを本日より募集開始すると発表した。

本拠地での試合開催日にフィールドでのダンスパフォーマンスやステージショーなど、球場を盛りあげるためには必要不可欠な存在として活躍している『bluelegends』。JazzやHip Hopを中心としたさまざまなジャンルのダンスと、フラッグを使ったパフォーマンスが特徴で、最近ではライブ配信機能なども利用してその活躍の幅を広げている。そんなメンバーは毎年、一からオーディションを実施するなどシビアな世界なだけに、そのレベルは年々高くなっており、フィールドで魅せるパフォーマンスを目当てに球場に来るファンも少なくない。

2021シーズン、リーダーとしてチームを引っ張ってきたFuu(フウ)は、合格からデビューまでの道のりを「思っていた以上に覚えることがたくさんあって、やり切れるのか不安だった」と振り返る。それでもメンバー同士で切磋琢磨しながら高め合い「デビューを迎えたときは緊張よりも、これからここでパフォーマンスをしていくんだ!というワクワクの方が大きかった」と当時を懐かしんだ。

ここ2シーズンは新型コロナウイルス感染拡大の影響で「ファンサービス」にも制限がかかり、もどかしさや悔しさがある中、インスタグラムでのライブ配信を試みるなど〝新たな形″でファンとの接点を大事に活動してきた。「直接コミュニケーションがとれなくても、観客席から手を振ってくれたり、大きな拍手やインスタライブでコメントを送ってくれるなど、ライオンズファンの温かさを改めて肌で感じました」と口にする。

Fuuはbluelegendsに入って学んだことのひとつとして「継続することの大切さ」を挙げている。どんなに難しいダンスも練習を続ければ出来るようになるし、練習を積み重ねればどんどん上手くなる。終わってみれば今シーズンだけでも23にも及ぶダンスナンバーを踊り切った。「個性あふれるメンバーが集まっていて、それぞれ長所も短所も違うけれど、お互い高め合いながら練習出来たし、先輩・後輩関係なく意見を言い合ったり指摘し合える良い関係を作れた」と誇らしい表情を見せた。

振り付けなどを担当しているディレクターのYuki(ユキ)は、ダンスやアクロバットのほか「個性的な特技がある方も大歓迎です!大観衆の前で踊りたい、プロ野球やライオンズが好き!など、少しでも興味を持ったらチャレンジしてもらいたい」とオーディションへの挑戦を呼びかけた。

◆応募はライオンズオフィシャルサイトから(※11月30日締切)

Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送 ライオンズナイター

文化放送 ライオンズナイター

火~金(4月~9月) 17:55〜21:00

その他の主な出演者

2021年も文化放送はライオンズに全力青炎! ラジオの前のあなたに、歓喜の瞬間をお届けします! 【ありがとう番組40周年!】 リスナーの皆さまとライオンズに支…

ページTOPへ