箱根駅伝 第79回大会ハイライト実況

箱根駅伝 第79回大会ハイライト実況

Share

この大会から出場枠が5校増え、シード9校と予選会を勝ち上がった10校、さらに関東学連選抜の20チームでの開催となり、
今回から各校に1台の運営管理車が付き、監督・コーチが同乗して、助言を与えることができるようになりました。
1区は1位から最下位までおよそ1分差でタスキを繋ぐと、1区18位と出遅れた順天堂は2区の中川拓郎が15人のごぼう抜きを見せました。
往路を制したのは4区でカリウキの区間賞の走りでトップに立った山梨学院。2位には1分39秒差で駒澤が入りました。
復路に入ると7区までに山梨学院と1分53秒差をつけられた駒澤が、8区の太田貴之が58秒差まで詰め寄ると、9区島村清孝が逆転。
さらに10区北村政史が区間新記録の走りで逃げ切り、駒澤が2連覇を達成しました。

Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送新春スポーツスペシャル 第 98 回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

文化放送新春スポーツスペシャル 第 98 回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

2022年1月2日(日)・3日(月) 7時30分~14時30分

その他の主な出演者

連覇を狙う駒澤大学、王座奪還を目指す青山学院大学、出雲駅伝を制した東京国際大学、オリンピアン三浦龍司選手を擁する順天堂大学、スピードランナーを揃える早稲田大学…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加