木村多江、安藤玉恵、阿佐ヶ谷姉妹役の役作りエピソードを披露〜12月13日「大竹まこと ゴールデンラジオ」

木村多江、安藤玉恵、阿佐ヶ谷姉妹役の役作りエピソードを披露〜12月13日「大竹まこと ゴールデンラジオ」

Share

俳優の木村多江、安藤玉恵が12月13日に放送された「大竹まこと ゴールデンラジオ」(文化放送)に出演し、番組パーソナリィのタレント・大竹まこと、曜日パートナーのお笑い芸人・阿佐ヶ谷姉妹ともに、現在放送中のドラマ「阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし」に関して、出演の感想や反響を語った。

今回の2人の出演は、番組パートナーの阿佐ヶ谷姉妹のエッセイが原作のドラマ「阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし」をきっかけに実現した。番組冒頭から、木村と安藤が「ワインレッドの心」のアカペラを披露するなど、ノリ良くスタートした。

やはり話題は、木村と安藤の阿佐ヶ谷姉妹を演じてみての感想に。阿佐ヶ谷姉妹自身は、「こんなに憑依してくださって」(姉・江里子)、「(微妙な)間も演じてくれている」(妹・美穂)と絶賛しているが、安藤は「美穂さんは気になる(存在)。変化球が多い。その『気になる』感じをどう表現するかをずっと考えている」、木村は「(普段話すペースが遅いので)早口の練習と、(江里子が)声が低くていらっしゃるから、(同じように発生して)夜には声が枯れている。テンポと声の高さが大変でした」と各々の役作りエピソードや苦労を披露した。

また、安藤の元には「新しい生き方の本だよね。だから元気をもらう」というドラマの感想が多いという。改めて、大竹は「いまの時代に合っている」と評した。「結婚して、子供を産んでという、ひと昔前のモデルが通用しない時代。ドラマは起きないけど、こういう日々の過ごし方があっても良いんじゃないかって(思わせる)。歯磨きを布団に寝ながら15分するのも、風呂に2時間入って過ごすのもそれぞれのスタイル」(大竹)と語った。

「大竹まこと ゴールデンラジオ」は午後1時~3時30分、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


大竹まこと ゴールデンラジオ!

大竹まこと ゴールデンラジオ!

月〜金 13:00~15:30

その他の主な出演者

“面白い”けれど”真剣に”、”くだらない”けれど”正直に”。 …

ページTOPへ
// 2022.04.28追加