「子どもは見抜くから真っ向勝負!」濱田めぐみ、ミュージカル オリバーを語る

「子どもは見抜くから真っ向勝負!」濱田めぐみ、ミュージカル オリバーを語る

Share

毎週火曜、夜9時から放送している「楽器楽園~ガキパラ~ for all music-lovers -」。

12月21日の放送は、ミュージカル界で活躍されている濱田めぐみさんが出演しました。

武田真治さんとはミュージカル「オリバー」で共演。武田さんが演じたフェイギンの印象を伺うと「あるときパカンて剥けたんですよ。別人みたいに変わった!」と、稽古中に感じた変化についてお話してくれました。さらに、出演者の半分以上が子どもたちという舞台が初めてだったそうで、「子どもは見抜くからカッコつけてもダメ。真っ向から勝負。飾らない」と濱田さんなりの子役との接し方も教えてくれました。

来週は、濱田さんのミュージカル25周年を記念したアルバム「Connect」についてお話を伺います。

 

みゅ~ぱらのコーナーは、久しぶりに文化放送 砂山圭大郎アナウンサーが登場。11月3日に開催された「浜祭」で披露されたアナウンサーバンドの「マリーゴールド」を振り返りました。

そして、今回はアナウンサーバンドで使用したベース「BB734A」を、ヤマハミュージックジャパンの山口拓也さんに紹介して頂きました。BBシリーズはノイズが少なく幅広い音が使えて、スイッチひとつで音の切り替えができます。これまでにポール・マッカートニー、ネイザン・イースト、ビリー・シーン、亀田誠治さん、RADWIMPSの武田祐介さんなど名だたるプレイヤーが使っています。

そんなベースをガキパラでも披露すべく、砂山アナウンサーが今後の目標としたのが「武田さん、岡部さんとのセッション」。セッション曲は、話し合った結果、Official髭男dismの「Pretender」に決定しました! 今後のセッションもお楽しみに!

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

今週のみゅ〜ぱらはこちらから改めて聞くことができます!
(※AG-ON Premiumは、無料登録で視聴頂けます)

Share

関連記事

ページTOPへ
// 2022.04.28追加