西武残留の岡田が縁ある川越プリンスホテルに“恩返し”!?熊代とトークショー (ライオンズナイター)

西武残留の岡田が縁ある川越プリンスホテルに“恩返し”!?熊代とトークショー (ライオンズナイター)

Share

西武の岡田雅利選手と熊代聖人選手が25日、埼玉県の川越プリンスホテルでトークショーを行った。約2時間、さすがのトーク力で会場に訪れた約230人のファンを沸かせた2人。岡田は先月、国内FA権を行使しての残留を宣言しただけに、その話題に及ぶとファンからは大きな拍手が起こった。

11月30日、西武に残留することを表明した岡田は、その理由を「渡辺GMの言葉に恋しちゃった」と自らを必要としてくれるチームへの感謝の想いだと語った。来る2022シーズン、そんな岡ちゃんの“恩返し”が始まるが、今回、このトークショーの会場となった川越プリンスホテルでは、“日本昔話アフタヌーンティーセット~鶴の恩返し~”を2022年1月6日から3月31日まで販売することが決まっている。

小江戸川越ならではの“和”を感じる日本昔話をテーマとしたこのティーセット。童話「鶴の恩返し」を表現したスイーツに加え、岡田と熊代の好物でもある「いちご」もふんだんに使用されており、まさに「見て楽しい」「食しておいしい」幸せなセットだ。原作は真の姿を見られた鶴が姿を消してしまうという結末だが、岡田は「僕はいなくなりませんので」とニコリ。「昨年もお世話になったこの川越プリンスホテル自慢のプランです。1日5組限定ですので、これから川越プリンスホテルを利用される方は是非味わってください」と2年連続でトークショーに呼ばれた御礼?も兼ねてPR。一足先に縁ある川越プリンスホテルにも恩返しをした。

最後は抽選会も実施され、ユニフォームはもちろん、バットやヘルメット等がファンにプレゼントされた。岡田と終始バッチリ息のあったトークで沸かせた熊代も「チーム内での自分の役割というのを理解しつつ、みんながやりやすい環境作りをしていきたいですね。昨年から、若手がぐんぐん伸びてきていますが、僕もベンチに居るつもりはないです!打撃をもっとチェンジアップして、脅かしていきたいと思います」。と来季への意気込みを語り、2019年以来のパ・リーグ優勝をファンとともに掴みとることを誓った。

◆日本昔話アフタヌーンティーセット~鶴の恩返し~詳細はこちら

Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送 ライオンズナイター

文化放送 ライオンズナイター

火~金(4月~9月) 17:45〜21:00(最大延長21:30)

その他の主な出演者

文化放送ライオンズナイターは1982年の放送開始以来、2022年で41年目のシーズンを迎えます! キャッチフレーズは 「吼えろ!ライオンズ 叫べ!文化放送ライ…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加