第98回箱根駅伝総合優勝 青山学院大学優勝メンバーインタビュー

第98回箱根駅伝総合優勝 青山学院大学優勝メンバーインタビュー

Share

総合と復路で大会新記録を達成し、2年ぶり6度目の総合優勝を果たした青山学院大学の出場選手インタビューです。

1区 志貴勇斗選手(2年)
初舞台で、すごい緊張したんですけど、そのなかでも楽しくレースができました。去年の負けから、この1年間しっかり練習を積んで、「絶対勝つんだ」という気持ちでやってきたので、総合優勝できてうれしい。

2区 近藤幸太郎選手(3年)
各大学の本当に強いエースたちの集まった2区で、最低限の走りができてホッとしていますし、素直にうれしく思います。

3区 太田蒼生選手(1年)
2区の(近藤)幸太郎さんがすごく良い位置で持ってきてくださったので、予定通りに東京国際大学の丹所選手に付いていくことができた。今回は運も味方してくれたのかなと思っています。

4区 飯田貴之選手(4年)
今年1年間、何があっても崩れないチームというのを目標にやってきて。今回の箱根駅伝では全区間で選手がしっかり走ってくれて、圧倒的な力を示すことができた。本当に全員が崩れないチームを体現してくれて、良い駅伝をすることができたと思います。

5区 若林宏樹選手(1年)
率直にうれしいですし、こんな貴重な体験を1年生からできて、ありがたく思っています。

6区 高橋勇輝選手(4年)
本来であれば、4年生として、しっかり後ろとの差を広げなければいけない状況だったんですけど、それができなかった点では、本当にチームに申し訳ない気持ちでいっぱいです。でも、それを帳消しにしてくれるくらい復路の選手が走ってくれて優勝できたので、チームメイトに感謝したい。

7区 岸本大紀選手(3年)
往路の選手と6区の高橋さんが、良い流れで持ってきてくれて、余裕を持ったなかでの走りができた。この1年間ケガもあったんですけど、最終的にはしっかりまとめることができて、チームとしても優勝することができて、本当にうれしかった。

8区 佐藤一世選手(2年)
(高校時代からの先輩である)飯田先輩への憧れが、この大学に入学した理由のひとつでもあったので、最後の舞台で、今までお世話になった分の恩返しができたのかなと思います。

9区 中村唯翔選手(3年)
スタート前から区間新記録を狙っていたので、更新できて素直にうれしい。昨年優勝できずに悔しい思いをしたので、優勝できて本当にうれしい。

10区 中倉啓敦選手(3年)
9区の中村唯翔が区間新記録で来たので、自分も負けていられない想いで走った。結果として記録が出て良かった。前回も同じ10区を走って4位という悔しいゴールでしたけど、今年は一番うれしい形でゴールテープを切ることができて良かった。走った10人だけでなく、これまでに支えてくださった、たくさんの方々の想いが詰まった襷なので、1位でゴールに持って来ることができて、本当にうれしいです。

↓箱根駅伝 復路中継 7時30分~9時放送分はこちら↓

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

↓箱根駅伝 復路中継 9時~10時放送分はこちら↓

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

↓箱根駅伝 復路中継 10時~11時放送分はこちら↓

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

↓箱根駅伝 復路中継 11時~12時放送分はこちら↓

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

↓箱根駅伝 復路中継 12時~13時放送分はこちら↓

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

↓箱根駅伝 復路中継 13時~14時30分放送分はこちら↓

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送新春スポーツスペシャル 第 98 回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

文化放送新春スポーツスペシャル 第 98 回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

2022年1月2日(日)・3日(月) 7時30分~14時30分

その他の主な出演者

連覇を狙う駒澤大学、王座奪還を目指す青山学院大学、出雲駅伝を制した東京国際大学、オリンピアン三浦龍司選手を擁する順天堂大学、スピードランナーを揃える早稲田大学…

ページTOPへ